[UMB2017 TCIY] 輪入道 v.s. ムートン 延長

LINEで送る
Pocket

輪入道 v.s. ムートン

UMB2017 TCIY BEST8 輪入道 v.s. ムートン 延長

今回はUMB2017 THE CHOICE IS YOURSからこちらのバトルをピックアップします。

ムートン対輪入道。下記の試合から引き続き、こちらも熱いバトルとなった延長戦となります。

[UMB2017 TCIY] ムートン v.s. 輪入道

[輪入道]

オメー最高だよ だから何回でも延長してやるよ

俺は誰にでもリスペクトを送ったりしねぇよ

知名度 それよりももっとヤベーのが見てぇど

Yo 見てぇだろ

Yo また噛んだけど 変わらんだけよ

俺は分からんだけのラッパーじゃ終わりたくねぇ

だからハンパねぇの ぶちかましてるよ輪入道のパレード


[ムートン]

OK アンタも最高だ

でもこれアンタにはねぇ激動派

See take over, game over

小峰の忍者 伝統派

俺はあくまで悪魔だ

客が騒ぐから桜が咲くな

アブラカタブラ 舞う bad ass

See blah, blah


[輪入道]

桜は咲いたら散るものだ

土が無ければ俺たちは成り立たない

影があって光がある

「今しかない」 そう言い続けてた

だけど5年後も10年後もまだマイクを握っていたい

事態を変えるため 何をするべき?

俺はオマエの地元のヤツにも同じことが言いてぇ

福島の人間に救われた分

この場で見せる千葉県のグルーヴ yo


[ムートン]

OK 福島 起き上がりこぼし

また韻を落としに

See see これが誇り

はたいた埃 残ったここに

See see どこに?

見つけた言葉 これリアルかな

See see 首振らしな

首を振らすと上出来のラスト


[輪入道]

Yeah 首振らしたら 首振らしな

ブリブリになって首振らしな

何も考えず首振らしな

俺たちスキルより首振らしたい

Yeah バイブスだけじゃねぇ

分からせてやるぜ理解するまで

俺がコイツの2倍踏むだけ


[ムートン]

踏んでも my turn

生きてる my tounge

また焚いたクラックないな それヤバいな

火つけるライター

Freaky right here, right now

開くパンドラ まとら

これで揺らすか チンチンブラブラ

俺のブラックとクラックとコンティ

Lights cameraが無くてもaction


[輪入道]

どこでも出来るぜaction

チンチンブラブラ

俺もうなずかすブラックバスター

つまりブラックバスのように食らいつくぞ

いつも通り ここで起こすぜaction

Yo リアクション求めてるだけのヘイター

それよりも見せてぇな

イケてんだよ俺の街はな

だから見せるマジヤバいあり方


[ムートン]

俺はブラックバスじゃなくてブルーギル

その分古く生きる

これに尽きる

ただ純粋に敵の首を切る

Hiphop dream

夢があるじゃねぇか 味はネイチャー

I gotta ステップアップ

谷間とhurry up

この歌を口ずさみな

概要

8小節4本
勝者: なし(再延長へ)

解説

UMB2017 TCIY BEST8 輪入道 v.s. ムートン 延長

今回はUMB2017 THE CHOICE IS YOURSからこちらのバトルをピックアップします。

以前にお伝えした輪入道対ムートンの延長戦になります。前の試合も非常に面白い戦いでしたので、まだ見ていない方は以下からご覧ください。

[UMB2017 TCIY] ムートン v.s. 輪入道

シーンに突如として現れ、数々のバトルでぶっち切りのパフォーマンスを見せているムートンですが、それは今大会も例外ではなく、特にこの輪入道戦はそうした中でもひとつのピークとなっています。

この延長戦、輪入道が冒頭で「オメー最高だよ」と始めていることからも分かりますが、あの輪入道も対戦を通じてムートンを認めている様子が伺えます。それだけ前の試合のムートンは素晴らしかったです。

そして今回この延長戦。そんな輪入道の期待に応えるようにムートンの方もrapに熱がこもっています。こうした双方の態度が相乗効果となって試合全体のクオリティを底上げしている感じでしょうか。とにかく双方ともに前にも増して熱いrapが展開されていきます。

ビートがメロディーのあるやや情緒的な雰囲気ということもありますが、いつもの音源のような多彩なフローに加えて、内容や声色にも力が入っている感じです。

特に試合が進むほどどちらもボルテージが上がっていくのですが、それぞれのパンチラインを引用すると、

「今しかない」 そう言い続けてた

だけど5年後も10年後もまだマイクを握っていたい

何も考えず首振らしな

俺たちスキルより首振らしたい

まずは輪入道で、こうしたリリカルなラインがドラマティックなビートにバイブス込めて放たれるわけですからもうたまりません。個人的にはこうしたラインを連発するますます輪入道が好きなりました。

対してムートンの方は、

これが誇り 叩いた埃 残ったここに

その分古く生きる これに尽きる

ただ純粋に敵の首を切る

こちらもリリカルなライン連発ですが、どちらかというとライミングやリズムありきのラインで、バイブスも含めて非常に気持ちよく上がれます。

ムートンは冷めた調子の試合と熱がを持って入り込む試合の差が激しいのですが、今回は完全に後者で、テンションもパフォーマンスも最高潮のまま4バースやりきます。どちらも出し切っている感じで、限界まで素晴らしいrapをしている感じですね。

そしてお互いにここまで相手のパフォーマンスを引き出す戦い方をしていることがすごいですね。あまり乱用したくはありませんが、ベストバウトと言いたくなるようなドラマのある戦いになってます。前回もベストバウトでしたが、今回も熱い!

そして双方ともテンションが沈むことなく最高潮のまま8×4やりきるのですが、結果はまたもドロー。決着は再延長へ持ち越しということになりました。

もう細かい点をあげつらうとキリがないのですが、このバトルは絶対に見た方がイイです。とにかくまだ見てない方は必見です。

[UMB2017 TCIY] 輪入道 v.s. ムートン 延長” への11件のフィードバック

  1. いつも楽しく拝見致しております。
    自分もDVDを購入しテンション上がりっぱなしの内容でした。
    特にムートン 対 輪入道はベストバウト間違いないですね。

    そこでムートンのバースにて
    「小峰の忍者 伝道派

    俺はあくまで悪魔だ

    客がの沸くから作画がサクラ」

    は、

    「小峰の忍者 伝統派

    俺はあくまで悪魔だ

    客が騒ぐから桜が咲くな」

    と解釈致しました。

    これからも楽しいレポ期待してます。

  2. いつも見てます!
    ムートンのラストバース、
    「味は無ぇじゃ」→「味はネイチャー」だと思います!

  3. 首を振らすと上出来のラストは
    首を振らすと衝撃のラストだと思います

  4. 上出来のラストで合ってたと思いますよ
    あっと小峰の忍者伝統派のとこが小峰の忍者Dead Overに聞こえた気もします。

    • > シエル さん

      コメントありがとうございます!
      ほんとに微妙なところですよね、ひとまず前半部分は戻させてもらいました!

  5. 内容と全く関係ないですが、YouTubeの【神バトル】ムートンVS輪入道 延長という動画で このページの解説まんま載せてますが大丈夫なやつなんでしょうか?

    • > こへぼん さん

      コメントありがとうございます!

      教えて頂いたコンテンツですが、そもそも違法動画ということもあってちょっとyoutube運営へ申し立てをしてみました。
      効果のほどは未知数ですが、DVDの切り貼り動画をアップするような行為は本当に感心しないので、少しでもそういうフリーライダーが減って欲しいと思ってます。

      • 余計なお世話かと思いましたが、報告しておいて良かったです。
        バトル以外の音楽アニメ漫画等もそうですが、こういうのは本当に無くなりませんね。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA