[UMB2017 TCIY] ウジミツ v.s. MC松島

LINEで送る
Pocket

ウジミツ v.s. MC松島

UMB2017 TCIY BEST32 ウジミツ v.s. MC松島

今回はUMB2017 THE CHOICE IS YOURSからこちらのバトルを取り上げたいと思います。

リクエスト頂きありがとうございました。ファン投票での出場者選出とはいえ、この組み合わせもなかなかに奇跡的ですね。

[ウジミツ]

Yo さっき喫煙所で話しかけてきた時

カネ借りにきたサラリーマンかと思ったぜ松島

レペゼン広島 司会も広島

楽屋に置いてあったエナジードリンクも広島

他県が入る隙無ぇな

ここらでとっとと帰ってくれや


[MC松島]

どこの誰だ?

どこの誰だ?

ミ・・・ なんだっけ名前?

ウシ・・・ ウ・・・

な、なんだっけ名前?

なんだっけ?


[ウジミツ]

Yo 色物キャラ? ネタ

さっきからビート無駄遣い

覚えとけ DOUGHBOY

広島で一番 いや俺の次にヤバいラッパーだ

オマエのこと知らねぇな

まぁ名前は松島

俺からしたらオマエ格下

泣きそうだったらもう帰っていいよ


[MC松島]

フリースタイルダンジョン 抜けて参上

松島 レペゼン キングギドラ

ではないシンゴジラ

オマエはここでちんこになる

ちんこ ちんこ まんこ まんこ うんこ ちんこ

ちんこ まんこ うんこ

ビートは贅沢に使うぜ


[ウジミツ]

ビートは贅沢に使う? ちんこ まんこ

俺はオマエ超えるシンドバッド

よく目に焼き付けとけ

オマエさっきから何言ってるかまったく分からねぇ

松島 オマエそんな捲したてるようなrapじゃ俺は越えれねぇぞ

オマエ 俺19歳だけど

オマエ 俺からしたらお父さんなのに全然下


[MC松島]

何言ってるか分かんねぇとか21世紀になってまだ言うかね?

シンドバッド? 悪いんじゃないの韻の感度

殺し合い 罵り合いの先が見たい

俺は面白いことしかしたくない

ザコの相手はしない

概要

8小節3本
勝者: MC松島

解説

UMB2017 TCIY BEST32 ウジミツ v.s. MC松島

今回はUMB2017 THE CHOICE IS YOURSからこちらのバトルを取り上げたいと思います。

ウジミツと松島、MCバトルがなかったら決して接点のなかったであろう二人の対決です(笑)

それでは内容を見ていきましょう。まず先攻はウジミツ。

試合前のやり取りから「カネ借りにきたサラリーマンかと思ったぜ松島」と見た目disからスタート。この辺りはウシジマくん絡みのラインで、もはや半ばネタと化してる感じです。

そこから「レペゼン広島」とシンプルなライミングながら地元の話題に切り替えていくのですが、「楽屋に置いてあったエナジードリンクも広島」
「他県が入る隙無ぇな」と独特の表現で地元愛全開のrapが展開されていて、かなり面白いです。この風貌でいたって真面目なテンションでこういう内容なのでそのギャップが笑いを誘う感じになってます。ちなみにこのドリンクとは「カープエナジー」でしょうかね。

一方の後攻松島。こちらはもうウジミツ以上に変則的で、半ばカオス状態。「どこの誰だ?」と2小節分繰り返した後、以降は「なんだっけ名前? 」としか言っておらず、実質なにも言ってないに等しい捨てバースになってます。

ちなみに最後のなんだっけは視界のDOUGHBOYに向けられたもので、晋平太に変わり今年から司会を務めるこちらもニューフェイスです。

8小節の3本勝負ということもあって新しいことを試してみたという感じでしょうか。それにしても完全に遊んでます(笑)。この肝の太さも松島らしさと言えるかもしれませんね。

対してウジミツ。そんなフザけた松島に対して「ネタ」「ビート無駄遣い」とストレートに非難していくわけですが、「広島で一番 いや俺の次にヤバいラッパーだ」など、同郷の司会者を持ち上げつつもちゃっかりセルフボースティングもしている辺り、決して地元愛の一辺倒ではない、起伏のある面白い内容になってます。

続いて松島。「オマエのこと知らねぇな」「格下」など、さんざっぱらdisられてましたが、「フリースタイルダンジョン 抜けて参上」とまったく関係ない内容で応戦。

鼻にかかった声とクセのあるフロー全開でアクロバティックなrapをしていたかと思えば、「シンゴジラ」のくだりから小学生みたいな下ネタワードの連呼で小節を埋めていくというカオス過ぎる展開になっていきます(笑)

これが「ビートの贅沢の使い方」かどうかはさておくにしても、相手のウジミツからしたら捉えどころのない嫌な相手ということは間違いないでしょう。

本来ならメッセージのぶつけ合いで決定打を演出するチャンスもあるはずのウジミツでしたが、相手がこの調子では例えバイブス一杯にがなり立ててもその勢いが立ち消えてしまう感じで、うまく力を逃がされてしまう感になってます。

実際、ここから先「流れが変わった」と思えるほどのラインはどちらも出せず、双方言いたいことは言っているものの、妙にちぐはぐしたやりとりでカウンターらしいカウンターは出せずにバトルが消化されてしまった印象はありますね。

そしておそらくですが、松島はこれをある程度狙ってやっていて、煽ったりする場面は多少あるものの、やや一人相撲感のある内容、強いて挙げれば呂布カルマのような「自分の世界」を語るrapで、真正面から優位に立とうとするウジミツをヒラヒラとかわしていった印象です。

こうなるともう純粋なrapスキルとは異なり試合勘がモノを言う展開で、実際ウジミツには決定的な仕事をさせていませんでした。

そんな訳で勝者は松島。その勝ち方も非常に松島らしく、腕力にモノを言わせてぶちのめすのではなく、真綿でゆっくりと締め上げていくようないやらしい展開で、拮抗した中で徐々に主導権を掌握していった感じですね。

若手特有の大物食い、下克上感を一切出させなかった松島の作戦勝ちと言えるような、そんな印象のバトルでした。

※ DOUGHBOY

広島出身のMCで、本大会の進行・総合司会。

※ キングギドラ

ZEEBRAがかつて所属したHipHopクルーのグループ名であり、特撮映画「ゴジラシリーズ」に登場する怪獣の名前。

※ シンゴジラ

2016年に公開された日本の特撮映画で、ゴジラシリーズの最新作。

[UMB2017 TCIY] ウジミツ v.s. MC松島” への2件のフィードバック

  1. もしよければUMB2017 TCIYのMOL53vsMC松島をお願いできないでしょうか?
    スタイルの違う2人のバトルを解説して欲しいです!

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA