[UMB2017 TCIY] JAKE v.s. 輪入道 再々延長

LINEで送る
Pocket

JAKE v.s. 輪入道

UMB2017 TCIY BEST32 JAKE v.s. 輪入道 再々延長

今回はUMB2017 THE CHOICE IS YOURSからこちらのバトルを取り上げたいと思います。

本大会でもまれに見る死闘となったJAKEと輪入道の最終戦となります。

[UMB2017 TCIY] 輪入道 v.s. JAKE

[UMB2017 TCIY] JAKE v.s. 輪入道 延長

[UMB2017 TCIY] 輪入道 v.s. JAKE 再延長

[UMB2017 TCIY] JAKE v.s. 輪入道 再々延長

[JAKE]

「もう一杯 もう一杯」

オマエの曲は届いてるぜ

「もう一回 もう一回」

ハァ? おめーらいい加減に決めろよ!

どっちも思ってんだよ 怖ぇ顔して

眉間にシワ寄せるだけじゃねぇ

まずはビート上 跳ねて行こうかね


[輪入道]

跳ねて声かけ

もう一杯 もう一杯 でも用意したい

もっとヤバい言葉 調子はどうだい?

おいみんなも興味はNoかい?

俺らの用意は膨大

鳥取 コイツ殺せないけど兄弟

俺も噛んだ だけどやりたくない中途半端


[JAKE]

お互い中途半端なら この場所立ててねぇ

分かってるぜ

誰がダサいかの戦いじゃない

ヤバいの中のヤバい 倍ヤバいヤツを決めにきた

鳥取はどう? 千葉の方ローカル教えてよ

ONION最近復活したが

俺はオマエの方が気になるよ


[輪入道]

Yeah ONION復活 したぜhook up

されたbook up だけど暮らす

俺はもっとこの場踏み揺らす

ぶっちゃけスタイルが瓜二つ

かもしれん でも楽しめるのは俺のrap

だから遊びで 終わる気はねぇ

このやり方仕掛ける

イカれてんのよ ぶっ飛んだれ


[JAKE]

Hey DJ, hey DJ

瓜二つだとしても次つなぐ

Hey yo 今年のクリスマス

は舐めたいビッチの土踏まず

いや 嘘です 趣味が悪いです

Ei yo デートしたいね

東京 かっさいに来たprops&money

Yo 勝負はいっぺんだけ


[輪入道]

確かに俺はオマエを認めた

だけど勝利を神に祈れや

やたら使うよねヘタな下ネタ

TVに出ても視聴率は1桁

だから追えない 俺の背中

俺はこの場であげるぜ手柄

Yeah ヤバいものが今ここに

オマエの分まで全員皆殺し

概要

8小節3本
勝者: 輪入道

解説

UMB2017 TCIY BEST32 JAKE v.s. 輪入道 再々延長

今回はUMB2017 THE CHOICE IS YOURSからこちらのバトルを取り上げたいと思います。

3回の延長にまで及んだこの長い戦いもいよいよ最後です。

ちなみにこのUMB2017春選抜、投票による出場MC選出ということで、一回戦から8小節3本という尺になっていて、つまりこの時点で8x3x4=96小節、つまり8小節12本分をプレイすることが決まっているわけですね。

そんなわけでこれはもう死闘と呼ぶに相応しい激しい戦いになっていて、両者とも一回戦からだいぶハードな展開を迎えています。

これまでの記事で、延長・再延長と両者パンチライン連発しまくりのベストバウト級だとお伝えしてきたかと思いますが、この再々延長もまだまだ衰えずに聞き惚れてしまうようなラインが目白押しです。

本当に延長3回目なのかと疑いたくなるほどエネルギー溢れたrapが飛び交っていました。

そんなわけで今回もパンチラインでバトルを振り返ってみたいと思います。

「もう一回 もう一回」 ハァ? おめーらいい加減に決めろよ!

まずこちら、冒頭JAKEの一節となります。なんという本音(笑)

それにしてもこの延長3回目のギリギリの状況でありながら、相手の音源と絡めて今の状況をキレイにバースに落とし込めるスキルには脱帽です。底なしの体力なんではないかと思います。

俺も噛んだ だけどやりたくない中途半端

後攻輪入道1バース目の一節。

さすがトップオブザヘッドという感じで、このバース最終ラインは失態を取り付くろいつつ、ライミングを挟んでみごとにまとめ上げたライン締めています。

誰がダサいかの戦いじゃない

ヤバいの中のヤバい 倍ヤバいヤツを決めにきた

JAKE2バース目。イイですね。この極限の状況でこんなラインが飛び出すJAKE。絶対イイ奴ですね。

今年のクリスマスは舐めたいビッチの土踏まず いや 嘘です 趣味が悪いです

こちらはJAKE3バース目。輪入道の「瓜二つ」を受けてのライミングですが、延長繰り返してこれが出てくるという恐ろしさを感じます。

やたら使うよねヘタな下ネタ TVに出ても視聴率は1桁

続いて輪入道のラスト3バース目。ここ試合で一番のパンチラインです。ライミングのつなぎもスムーズで、さらに内容もウィットに富んでいて相手を落とす一節。完全即興でバースを構築する輪入道のスタイルが爆発した瞬間ではないかと思いますが、この土壇場にきてスゴいのが来ました。素晴らしい。

ちなみにUMBで再々延長までもつれた試合というと、UMB2007のYOUTH対COBA5000やUMB2014のふぁんく対MC松島などが思い出されますが、松島ふぁんくの一戦は最後の方はもうスタミナが出尽くして気力の勝負という感じになっていました。

[UMB2014] MC松島 v.s. ふぁんく 再々延長

それと比較するとこの二人の衰えないrapにキレは本当にスゴいと思います。

今回の試合、最後までバースがうまく構成されていながら、ライミングも持続してアンサーも芯を捉え、かつユーモアやウィットも忘れていないという一級のパフォーマンスが最後の最後まで持続していることがお分かりでしょうか。この両名にはただただリスペクトしかありません。

そんな試合の顛末ですが、結果的には輪入道の勝利となりました。

このマッチアップ、両者の実力が伯仲していただけに、8×3本ともなると容易に

ちなみに一回戦にしてこんな長丁場になっていましたが、実は勝ち上がった輪入道は続くムートン戦でも延長2回というハードな試合が待っていて、間違いなく今大会一番タフなポジションだったと言えるでしょう。

[UMB2017 TCIY] ムートン v.s. 輪入道

またそれだけにベストバウト級の熱い試合も多く、本大会の影のMVP、ベストバウトメーカーは輪入道だったと言えるかもしれませんね。


※ ONION最近復活したが

大阪出身のMCで、POLINKEY MOVIEの「かずき麦茶」の名義でyoutuberとしても活動。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA