[UMB2016] 雄猿 v.s. 黄猿

LINEで送る
Pocket

雄猿 v.s. 黄猿

UMB2016 2回戦 千葉代表 雄猿 v.s.東京代表 黄猿

今回はUMB2016からこちらの一戦を紹介します。雄猿と黄猿の霊長類対決です。

[雄猿]

Yeah yeah yeah yeah

いいぜ 間違いないぜ

上げてくれDJ what’s the fuck イカしたweekend

上げてく今日は頂く Y-U-E-N 間違いなし

東京代表 黄色い猿

千葉から見せつけるB-boyスタンス 決めてくぜ

今日は黄猿の屍をここで埋める


[黄猿]

Track by what’s the fuck どちらが戦う

黄猿が間違い無く

Rap 適当に書く

こだわり 俺 段々だって巻く

ウザいの どこでダサいの?

間違いないよな 雄猿

Yeah White Wood

でも今日は黒く染めるよ

俺の方がどこまでもやるぞ


[雄猿]

ゴメン もう一回言ってもらってもいい? 次のバースで

オマエのバースよく聞き取れない

ここで埋める黄猿の屍

Yeah オマエ今日は持ってないの男梅?

Yeah それなら調子 なら俺ならオーリー 見せつけるぜ

黄色い猿なんか興味なし

今日仕掛ける W.H.I.T.E


[黄猿]

ダンジョン見過ぎ pimp it, teach it

残念だこの場で言葉でリンチ

Freaky, freaky, freaky flow

俺の方がまったく盛り上がるもう

四の五の言うなよ

じゃあちゃんと耳かっぽじって聞けこのバカ

鼓膜を御託のほざくのオタクを

突破口 ここでお見舞いしよう

概要

8小節2本
勝者: 黄猿

解説

UMB2016 2回戦 千葉代表 雄猿 v.s.東京代表 黄猿

今回はUMB2016からこちらのバトル、雄猿対黄猿を紹介させてもらいます。

個人的にはどちらもかなり好きなMCで、その両者の対決がUMB本選で見れることがかなり嬉しいです。それにしても名前が近い(笑)

ちなみに黄猿は一回戦で島根のKowreeを破っての勝ち上がりで、一方の雄猿はシードのためこのバトルが初戦となっています。

[UMB2016] 黄猿 v.s. Kowree

それではバトルの内容を見ていきましょう。

まずは先攻の雄猿。やや力の入った調子で、「上げてくれDJ」と立ち上がりはツカミとなるようなrapをしていきます。そしてみなさんご存知の通り、この雄猿もビートアプローチが非常にうまく、「B-boyスタンス」のラインなどは素朴な語彙ながらタイミングがかなりバシッとハマっていて非常にきれいに聞こえます。

対して後攻は黄猿。こちらもビートへの寄せ方にそつがなく、非常にスムーズなrapを見せていますす。ただし遊びのあるフローではなくどちらかというとバイブスにかなりシフトしていて、単語の音節音節を強調しながら目一杯スピットしまくっています。

こういう明確にバトルモードの黄猿はいつにも増して聞き取りづらいのですが(泣)、強さと巧さが同居している感じでパフォーマンスとしてはかなりいいですね。

続く2バース目。そんな黄猿に対して「ゴメン もう一回言ってもらってもいい?」と冷めたアンサーをぶつけるところから雄猿のバースが始まります。ちなみに「オマエ今日は持ってないの男梅?」というのは、フリースタイルダンジョンRec.3に挑戦した際の一幕のことですね。

そして黄猿のラスト2本目。「ダンジョン見過ぎ」とすかさずアンサーを返してそこから短く刻んだ言葉をつないでバースを継続。こうした流れは本当に上手く、スムーズなrapながら勢いを感じさせます。

黄猿のrapはスムーズ似たような音韻の言葉を連打することで気持ちのいいフローを生じさせるというのがお決まりですが、その中でも「耳かっぽじって聞けこのバカ」のように、随所にメッセージ性のこもった「聞き取れる」ラインが登場してきます。

そのバランスがほどよい時ほど黄猿は強いのですが、今回もなかなか調子がいいように思いました。

ライミングの手数や声量、着地までの流れなど、わずかではありますが黄猿の方がいまひとつ決定打を生み出せなかった雄猿よりも、すべてにおいて上回っていたような印象を受けました。

そんなわけでこのバトルは黄猿が勝利します。マッチアップ的には今大会でも指折りではないかと思っていたので、個人的にはもし叶うならビートを変えての延長も見たかったかな、という感じもしてます。ただ判定そのものは至極順当で、当日のコンディションで言うとやはり黄猿の方が明白に好調さが出ていましたね。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA