[UMB2016] Siva v.s. mol53

LINEで送る
Pocket

Siva v.s. mol53

UMB2016 BEST8 REVENGE関東代表 Siva v.s. 宮崎代表mol53

今回はUMB2016からこちらの一戦を紹介します。BEST8、mol53のバトルです。

[Siva]

mol53 なんて呼ばないアンタはカオルくん

背中で学ばしてもらってるぜ

結果で返すのが俺の恩だ

痛みがある 光が差す

その瞬間まで向かってく hey yo

地元 火元 二人で

危険すぎるからアクシデントも起こる


[mol53]

オマエが時代を変える?

それは無理だぜ俺はわかってる

マイク持つ理由 オマエと同じく

いや違う オマエの上に俺いる

雲の上でchill してる奴ら達を置いていく

俺のバースはCELORYのビートに乗せる

オマエより速く韋駄天駆け抜ける


[Siva]

速くなくていいゆっくり乗せる

そのやり方もアリだって知ってる

戻り続ける back to da basic

オマエも言ったろ オタマジャクシ

その辺 DNA 細胞レベル

そのなって 音楽が流れてる

やっぱ俺は 恩恵ってやつがあるぜ

結果で地元に返す


[mol53]

オマエが見てきた景色

いや 俺が見てきた景色

アイツの痛みがレシピ

オマエを突き刺す これは礼儀

オマエに教えてやる

先輩づらして しゃべりちゃう

オマエと違うレベルに立つ

レベルミュージック オマエを刺す


[Siva]

Yo 偉そうなこと言ってるけど

実際 MCバトルだけで有名

音源 LIVEの方 オマエの上

結果も残すとこ

上げてくだけ 俺もやってる

やっぱり 畑 それは違う

DJいる 俺はバンドがいる

絶対に自分の音楽を誇る


[mol53]

それは間違いねぇ 俺は仲間を上げる

いや その前に俺が上がる それが大前提

分かってねぇだろ 今日出てるMCのカス

Ah-ha 「自分を誇る」だとか言うな

俺は地元選ばれた MCだ

マイクを握れば騒ぎっぱなしだ


[Siva]

「自分を誇る」 それはそう 当たり前の話

全部を俺に吐いてくれよ

そういう話ができるっつったろ

4年ぶりぐらいに会ってる

俺もアンタのことは分かってる

俺はオマエ いや違う

最後まで自分自身と戦ってる


[mol53]

ラスト1本 オマエは消えた

山手線 各駅停車

俺は快速 オマエを抜いてく

鈍行MC くたばれmotherfucker

やりたいこと 無いヤツはこれを握ってみろ

一夜でヒーローになれるぞ motherfucker

俺が塗り替えるだろ

概要

8小節4本
ビート: MR.BEATS a.k.a DJ CEROLY / I’m Proud (Fly High) feat. DABO, SEEDA
勝者: mol53

解説

UMB2016 BEST8 REVENGE関東代表 Siva v.s. 宮崎代表mol53

今回はUMB2016からこちらの一戦を取り上げたいと思います。

このバトルは個人的に気に入っている素晴らしい試合です。

ビートが空を駆けていくような清々しい雰囲気のものですが、それに負けず劣らずで、両者のフローが気持ちよく疾走していきます。

mol53はもちろんのこと、この本選初出場のSivaもビートアプローチとメッセージングが両立していてかなりいいrapをしています。

「背中 で学ばしてもらってるぜ」「痛みがある 光が差す」など、音源のリリックのような語彙が乗ったフローは小節内の語の区切り方が絶妙で、よく工夫されています。

また、特に2バース目には「韋駄天駆け抜ける」に対して即座に「速くなくていいゆっくり乗せる」というアンサーが出たり、mol53の過去の試合のラインから「back to da basic」や「オタマジャクシ」を引用したり内容の上でも唸らされます。

個人的にはその中で「その辺 DNA 細胞レベル」というラインの気持ち良さにやられました。

ここは前後関係を加味して文脈的もスムーズな上、単体で取り出しても音が非常に小気味のよいラインになっています。言葉のチョイスだけで単一のラインがこれほど巧く聞こえるのは非常に稀なケースではないかと思います。韻ではなく完全に語感と抑揚だけでグルーヴを作り出している感じで、ビートとの相性も非常にいいですね。

総じてこのSivaというMCですが、スタイルは音源アーティストの良さがバトルにストレートに表れていて、音楽的に感度の高いMCがバトルをするとこうなるのか、と妙に納得してしまいます。

また、mol53はあいも変わらず毒々しく相手へdisを吐きかけていくのですが、負けじとSivaも言い返していて、「偉そうなこと言ってるけど 実際MCバトルだけで有名」など、切れ味のある攻撃も目立ちますね。

リスペクトをにじませつつも刺すところはしっかり刺していくという、バトル的に正しい胸の借り方だと思います(笑)こういった姿勢の面でもこの試合のSivaはいい感じです。

一方のmol53、この試合でもその弁は奮っていて、例えば「分かってねぇだろ 今日出てるMCのカス」というライン。

「自分自身を上げる」と前置きした上でのラインなのですが、これは出場したすべて地方出身MCへ飛ばしたdis、もっと言えば檄と見るべきで、こういう聖域なく誰彼構わずdisり散らしていく超攻撃的な姿勢が彼の魅力だったりしますね。

さらに4バース目には「山手線 各駅停車」「鈍行MC 汚いmotherfucker」と極上のビートアプローチで口汚なく罵り倒していき、rapの盛り上がりとともに勢いを得ます。

そしてそこから「やりたいこと 無いヤツはこれを握ってみろ」「一夜でヒーローになれるぞ」とHipHopマナーに則ったラインで着地。ビートのピークとしっかり重ねている辺りがさすがです。

総じて、どちらもビートをしっかり掴んでかなりタイトな寄せ方をしていたのが印象的で、その上で攻撃的な対話を重ねていくのがこの一戦の魅力なのですが、音源ともバトルつかない、非常にクオリティの高いやり取りが4バース続いていました。ホント面白いですこのバトル。

結果の方ですが、後攻でピークアウトして流れをかっさらったmol53の勝利。Sivaも素晴らしいパフォーマンスで印象の上では負けず劣らず目立っていたと思います。

mol53が好きな方は是非一度お目にかけて欲しい一戦です。

※ 雲の上でchill

BUDDHA BRAND / 人間発電所 より引用。

※ CELORY

DJ CELORY。SOUL SCREAMのDJで、本バトルのバトルDJ。

※ オマエも言ったろ オタマジャクシ

UMB2013でのTK da 黒ぶち戦より、mol53のラインの引用。

[UMB2013] mol53 V.S. TK da 黒ぶち 延長戦

[UMB2016] Siva v.s. mol53” への10件のフィードバック

  1. どっちもかっこよすぎます!
    何度も見ちゃいます。

    NAIKAMC vs 要お願いします

    • > フラフラさん

      コメントありがとうございます! いいですよねこの戦い。

      また、リクエストの方も感謝です!

  2. その辺DNA細胞レベルのとこの次の小説が抜けていますよ!
    あと雲の上でchillしてる奴ら「達」だと思います!

  3. 鈍行MCくたばれmotherfucker
    だと思います!すいません!

    • > 中目黒 さん

      コメント、並びにご指摘ありがとうございます!

      対象の箇所を修正させてもらいましたー!感謝です

  4. ビートの名前ってわかりますか?

    • > 缶ビール さん

      コメントありがとうございます!
      すみません、ビート関連はあまり詳しくないものでこの試合もサッパリわからないです>< 情報募集中です!

    • DABOの I’m proud だと思います!(多分YouTubeに音源乗って無かったハズ…)

      • > 缶ビール さん

        情報ありがとうございます!
        色々検索して確認が取れました、感謝です!

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA