[UMB2016] 黄猿 v.s. Kowree 延長

LINEで送る
Pocket

黄猿 v.s. Kowree

UMB2016 一回戦 東京代表 黄猿 v.s. 島根代表 Kowree 延長

今回はUMB2016からこちらの一戦を取り上げたいと思います。

黄猿とKowreeの延長戦となります。延長前の試合は下記リンクからご覧ください。

[UMB2016] 黄猿 v.s. Kowree

[Kowree]

OK 乗りこなす禁断の惑星

全員の頭 俺の韻が飛ばすぜ

Ei yo 黄猿 何度でもやろうか

面と面向かって 延長戦

扁桃腺腫らして日付変更線またげ

そう 返答ゲーム

底辺のぺーぺーから天辺にペン刺しに来てんだよ

俺みたいな田舎者が 夢見る街

だからこそ譲れねぇ この大決戦は


[黄猿]

Yeah 面と面 レントゲン どこで吐くの?

俺えげつねぇ視線 見せる

オマエ何が「ハメてる」?

ただ早口のおしゃべり ビート走っちゃってる

泣いちゃうぜ禁断の惑星

オマエどこの国ですか?

俺は地球のリズムに乗って

重力しながら rapしてるぜ


[Kowree]

どこの街レペゼンか教えてやるよ

諦めや出身 例えば掃き溜めの雰囲気で

足かせをぶっち切り 考えるぜ自由に

地球一の自由意志持った 吟遊詩人だ

Ei yo 黄猿この先は進入禁止

湾岸線 封鎖する踊る大捜査線

俺が選んだ語録 それも才能だぜ

オマエにはフロー以外ない評価点は OK?


[黄猿]

Yeah コイツ 言葉選べとか言って

しりとりばかり メッセージ 内容

結局 薄れちゃってる

おしゃべりのゲーム HipHopじゃねぇ

それじゃどこぞの なんちゃら高校生rap選手権と一緒

俺が見せるぜ underground

東京 HipHop これが本物

概要

8小節2本
ビート: 禁断の惑星
勝者: 黄猿

解説

UMB2016 一回戦 東京代表 黄猿 v.s. 島根代表 Kowree 延長

今回はUMB2016からこちらの試合を取り上げたいと思います。

延長前の試合もキャラクター、rapスタイルが出ていたいい展開でしたが、この延長戦も輪をかけて濃いバトルになっています。

[UMB2016] 黄猿 v.s. Kowree

そして今回の延長戦も両者さらにボルテージの上がったrapになっていて、より一層白熱した展開を迎えることになりました。
 
その一旦を担ったのがバトルビートで、なんと一回戦から禁断の惑星。MSCのTABOOが降神の志人を客演に迎えた超有名トラックで,
UMB2014の決勝戦で使われたことでもお馴染みのビートです。

まず先攻はKowreeから。「延長戦」「扁桃腺」「日付変更線」とここぞとばかりに怒涛の押韻で畳み掛ける、なんともKowreeらしい立ち上がりになってます。

対して後攻は黄猿。こちらも力のこもったフローにライミングを乗せていくスタイルながら、「ただ早口のおしゃべり ビート走っちゃってる」とKowreeへ鋭いdisを浴びせています。これはビート・小節に対して食い気味にかかってしまうKowreeのライミングに対するdisになりますね。

それでもKowreeは自分のスタイルを変えずにライミングの連打で2バース目も止まりません。

「掃き溜め」から「足かせ」さらに「自由に」と意味でつないだ後に「地球一の自由意志持った 吟遊詩人だ」と1つのラインに5文字踏みを3回重ねたりと、あくまでも押韻で勝負しにいっている感じです。

叫ぶような語調とビートキープをバランスよく両立させている黄猿とは対照的に、ストックを組み合わせて文脈を作っていくスタイルのKowreeですが、それでも合間合間にはしっかりと心からの主張も織り交ぜていて、特に2バース目の「俺が選んだ語録 それも才能だぜ」というラインには端的に自身のスタイルが表現されています。

逆に黄猿に対して「オマエにはフロー以外ない評価点は」と吐き捨てたりもしており、スタイルやキャラクターの打ち出しには一定程度成功している感じでしょうか。

そしてラストの黄猿。そんなKowreeのdisに対して「言葉選べとか言ってしりとりばかり」「メッセージ 内容 結局 薄れちゃってる」と反論。かなり直球に打ち返していますね。

そして「それじゃどこぞの なんちゃら高校生rap選手権と一緒」と続きますが、ここは黄猿のアンサーの中でもオーディエンスが特に反応した部分で、内容の伴わない言葉合わせを揶揄した的確な攻撃に声が上がっていました。

黄猿は今回技巧的なフローというよりも1ライン1ライン絞り出すように大音声でスピットしていて、そうしたほとんど「叫び」に近いようなガナり声にこうしたdisが乗っかっていて、非常に迫力あるバースになっていました。

そんな感じで試合が推移していきましたが、この延長戦を制したのは黄猿でした。どちらもrapに勢いがあり、それぞれに沸きどころもあったものの、黄猿の方がややお客さんの共感を集める内容になっていた感じだと思います。

ちなみに余談となりますが、この後黄猿は2回戦で雄猿と当たり、「猿」同士の対決となるわけですが、それを考えるとこの結果は個人的によかったのではないかと思います(笑)

[UMB2016] 雄猿 v.s. 黄猿

[UMB2016] 黄猿 v.s. Kowree 延長” への4件のフィードバック

  1. もしよろしければ、JAKE対輪入道をお願いできないでしょうか?
    早く見たくてワクワクしてます笑

    • > ハンニバル さん

      コメントありがとうございます!
      リクエストありがとうございます!そちらは近日起こす予定ですー!

  2. kowreeはとにかく…噛みますよね笑笑
    ただ、地元に根ざしたMCはやっぱりバイブスありますよね! Disryとかも同じですし
    カッコいいmcです

    • > ペタさん

      コメントありがとうございます!
      ホントにそうですよね。確かに舌の回転が追いつかない場面も目立ちますが、ビートや相手の発言を踏まえたウィットのきいたアンサーもできたり、器用なMCだと思います!

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA