[UMB2016] BASE v.s. ムートン 延長

LINEで送る
Pocket

BASE v.s. ムートン 延長

UMB2016 BEST16 福島代表 ムートン v.s. REVENGE関西代表 BASE 延長

今回はUMB2016からこちらの一戦。先日紹介したBASE v.s. ムートンの延長戦です。

ちなみに延長前のバトルはこちらです。まだご覧になってない方は是非こちらからどうぞ。

[UMB2016] BASE v.s. ムートン

[BASE]

サドンデス さあ どうでる?

いつでもサードアイ 目が開いてる 瞳孔

コイツ見た目 どっからどう見ても合法

俺は非合法 一本調子じゃねぇHipHop

どっぷり420 そうレペゼン dope spot

you know me?


[ムートン]

アンタの非合法は興味ない

Fit beat to verse 今日以外

俺は秘密主義 第7サティアン

ポッケん中 クッシュかサティバ

イカしたアニマル これが彼だ

COcalだ

midnight, hit my door

イカしてたすたくうOG

これがないと


[BASE]

そんな自慢げにクッシュをサティバ?

じゃあ吸わせてみれば?

どっからどう見ても俺に敵うはずない

そんなrapじゃらち明かない

サードアイ 開きっぱなし

今しかない この瞬間握りとり

オマエ誰か知らねぇし

呂布カルマ 殺してぇし


[ムートン]

だったら吸わせるブラント

オマエの100倍くらうぞ?

クラッと シーシー

ヒリはダメ ただのプランクトン

威勢がいいだけのガキじゃねぇ

フィッダ刃牙がねぇ

シーシー 格闘技 ギャンブラー

またの名を刃牙 グラップラー you know?


[BASE]

コイツはしょせんただのクッシュ

こっちはプレジデントOG クッシュ

ぶっち切り クロスジョイント パイナップルヘイズ

ハイスクール ハイ

いつでも調子はイイ

たまにはC たまにはエスがねぇと

エスカレート ぶっ殺すぞ?


[ムートン]

エスカレートじゃねぇぜ

1ポイント 8ビート 乗りこなして

ちゃんとビート

Where’s the b-boy?

What’s the b-boy?

8ビート パッキーン ジャストミート

これがHipHop わかる? 音の乗り方

格の違い 覚悟しな 心構えが

Rap始めたの九日前か?


[BASE]

そんなわけねぇ もっと前からいるの知ってるだろ?

コイツはモグリ ディグダ 叩こうか?

モグラ モグラ 潜りっぱなし

おたく どちら?

誰かも分からない ただのバティマン

しょうもねぇだろ レペゼン JCP


[ムートン]

ずっと潜ってたヤツがやっと今重い腰起こして

オマエら見たことねぇだろ?

これ正体不明のショータイム

またの名を 聞かしてみろよ

誰も知らない 今夜最後覚えて帰れ

これがフィッセHipHop

未知との遭遇でも Feel so good

概要

8小節4本
勝者: ムートン

解説

UMB2016 BEST16 福島代表 ムートン v.s. REVENGE関西代表 BASE 延長

今回はこちらの一戦、UMB2016からBASEとムートンの延長戦です。
前回素晴らしいバトルだとお伝えしたバトルからの延長となり、こちらもまたスゴい一戦になってます。

前回お伝えした延長前のバトルもかなり面白い一戦なので、まだ見ていない方は是非こちらからご覧ください。(ちなみに延長前のバトルは公式に動画も上がっています)

[UMB2016] BASE v.s. ムートン

それでは延長戦のバトルの方を見ていきましょう。

まず先攻はBASEから。言葉をひとつひとつ区切る滑り出しですが、ビートを外さず、緩急もあって気持ちの良いrapになっています。BASEはここ数年で急激に巧くなりましたね。

ちなみにこの「一本調子じゃねぇHipHop」という部分は昔の曲のサンプリングか何かだった気がしますが、よく思い出せません。もしわかる方いらっしゃれば教えて頂けるとありがたいです。

対して後攻のムートン。「俺は秘密主義 第7サティアン」と怪しい語彙満載で、特殊な世界観を醸していきます。また「アンタの非合法は興味ない」としながらこちらもクサネタ満載で、試合の全編を通じてイリーガルな言葉がたくさん登場します。

ただしムートンのrapは本当に聞き取りにくく、大方のところで文意がとれません(泣)間違いなどご指摘頂ければ訂正しますので遠慮なく頂ければありがたし。

続いてBASE。そんなクサネタを受けて「じゃあ吸わせてみれば?」と応戦。BASEにしてもこの手の話題はお手の物で、我が意を得たりと相手そっちのけでオーディエンスの上がる話題を中心に展開していきました。

また、「サードアイ 開きっぱなし」「今しかない」などハードなライミングもありつつビートの寄せ方もバッチリで、フローの面で言ってもムートンとそれほど遜色ありません。ただでさえ独特の太い声色とトーンでかなりキャラの立ったrapになっているのですが、そこにrapのスムーズさやスキルも加わるとかなりいい感じです。BASEうまい。

そしてまた先攻のムートン。「だったら吸わせるブラント オマエの100倍くらうぞ?」と話題が同調しつつその文脈に即してかなり小気味のいいアンサーを返していきます。いやぁ上手いですねムートン。気持ちよく聞けるrapな上に、アンサーとしてのストレートさもありつつで、バトルとしてはかなり次元の高い切り返しをしてるんではないかと感じます。

また、このバースでは最後のライン「またの名を刃牙 グラップラー」の部分まで、着地に至るまでまさに完璧なクオリティと言ってよく、思わず声が上がりました。これ見たことない人には是非一度見て欲しいです。心から素晴らしいの一言です。

対してBASE。「コイツはしょせんただのクッシュ」「こちらはプレジデントOG」とクサネタに則ったアンサーで返していきますが、この完全に話題を共有し合った中での応酬は見応えがありますね。

ムートンに比べ、比較的ゆっくりとしたペースで言葉を落とすBASEですが、そのタイミングやフローが絶妙でこちらのrapも妙にハマります。

軽快にビートキープしていく中で、最後には「ぶっ殺すぞ?」とスゴみのあるフレーズが強調され、キャラのよく出た展開になっています。また、ビートアプローチやフローに終始していればほぼ確実にムートンに有利に働いていたんではないかと思いますので、そういった意味でもこの判断は賢明ですね。

そしてムートンの3バース目。「1ポイント」から「ジャストミート」まで、等間隔に似た音韻の言葉を配して本バトルの中でも最大級に気持ちのいいrapを展開していきます。当然オーディエンスからも声が上がります。

さらにはバース終盤、「Rap始めたの九日前か?」とライミング混みの煽るようなフレーズをBASEへお見舞いして着地。こちらはそれまでのバース展開や、このラインのインパクトの強さなどもあって、おそらく本バトルどころか大会全体を通しても屈指のパンチラインになっているのではないでしょうか。とにかくイイです。

それを受けるBASE。4バース目。「もっと前からいるの知ってるだろ?」と返しますが、rapのアンサーラインというよりはとっさの反論が思わず出てしまった、といった感じの格好になってます。とはいえ、「コイツはモグリ」という部分へのつなぎ方がスムーズで、巧さを感じますね。

「バティマン」など、一つ一つのボキャブラリーがBASEのキャラクター・世界観をかなりの程度投影していて、まったくブレません。BASEは元来キャラの強いMCでしたが、rapスキルの大幅な向上に伴ってさらに磨かれていると感じてます。本当にいいrapをするMCです。

続いてムートン最後のバース。BASEの内容を「ずっと潜ってたヤツが」と受け、「オマエら見たことねぇだろ?」とオーディエンスに対して自身のスタイルをことさらアピールしていきます。

「誰も知らない 今夜最後覚えて帰れ」と言っていますが、もうここまでで十分過ぎるほどに会場中にその印象を植え付けたのではないかと思います。初出場の無名MCながら(失礼!)、本当にrapのスキル一本で文字通り会場の空気を持っていってました。少なくとも私はもうこのMCを忘れることはないと思います(笑)

最後の「Feel so good」というラインまで、リズムに則ったフローあり、rapの緩急あり、意味を通したメッセージングありで、4バース目はどちらかというとかなり均整のとれた内容ですね。ムートンはついついそのスムーズなフローに目がいってしまいますが、それ以外の要素についても非常に完成度が高く、また内容面の柔軟さも持ち合わせているように感じました。

そんなわけで判定は僅差でムートンの勝利です。延長までもつれたこの一戦は、福島の若手MCが名の通った中堅MCを食ってしまった格好となります。

なんだかさんざんムートンを褒めちぎってしまいましたが、BASEも相当よかったです。ビートとの相性も影響していたかもしれませんが、それ以上に今回のムートンは心から素晴らしかった。ベストバウトです。もし叶えばこの対戦はまたどこかで見たいですね。

ちなみに公式にもトレイラーとしてこのバトルは動画がアップされています!まだご覧になっていない方は今スグ観てください!

※ 420

大麻を表す米俗語。

※ 第7サティアン

宗教団体「オウム真理教」の一施設。1995年の地下鉄サリン事件に使用されたサリンの製造施設があったとされる。

※ クッシュかサティバ

いずれも大麻の種類を指す言葉。

※ 呂布カルマ

BASEの所属するJet City PeopleのMC。ヤングたかじんという名前で同大会にも出場。

※ 刃牙

漫画「グラップラー刃牙」シリーズの主人公。

※ ディグダ

ポケットモンスターシリーズに登場するキャラクター。

※ バティマン

スラングで男性の同性愛者を指す蔑称。

※ JCP

Jet City People。名古屋を拠点に活動するHipHopクルー

[UMB2016] BASE v.s. ムートン 延長” への6件のフィードバック

  1. こんにちは
    いつも楽しく見ています。

    ムートン3バース目
    Where’s the people?

    Where’s the b-boy
    のように聞こえますがどうでしょうか

    • > たかし さん

      コメントありがとうございます。
      確かにそうですね、頂いた箇所はそのように変更しましたー!

  2. 8ビート パッキーン!! ジャストミート に聴こえました
    違ってたらすいません 書き起こしありがとうこざいます(^^)助かります

  3. どっからどう見てもモーホーやなくて
    どっからどう見ても合法やと思います

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA