[UMB2015] GIL v.s. DOTAMA 延長

LINEで送る
Pocket

GIL v.s. DOTAMA 延長

UMB2015 BEST16 福島代表 GIL v.s. 東京代表 DOTAMA 延長

UMB2015_GIL_vs_DOTAMA

今回はUMB2015からこちらの一戦を取り上げたいと思います。

BEST16でのGILとDOTAMAの延長戦となります。延長前の試合は以下のリンクからどうぞ。

[UMB2015] GIL v.s. DOTAMA

それでは試合の模様をご覧くだささい。

[GIL]

辿ってきた歴史 積み上げたもの すべて水の泡

なることはない 信じながら この場所やってきた

俺がまたもここで時代変えにな

新時代の方角はどこ? いつだって見定めたゴールデンの方向

だから まずは情熱の即興 もてなそう DOTAMA バチバチでやろう


[DOTAMA]

情熱の即興 こう出るよどうも

わかってんのかここはレペゼン東京

キングオブシティ 巻き込みに来たぜ

福島 東北道 引き返せよ

俺がMCバトルの広告塔 オメーはそのツラからむかつくぜ

跳ね毛 知らねぇ あえて手は抜かねぇ

オマエなりのrap 俺にかませ


[GIL]

俺なりのrapかますぜ 広告塔

GILがヤバいと伝えてくれよ オマエはそれだけ

歴史クレヨンで塗り替える オマエのそのメガネごと

Oh ここでまたひっくり返すためにやってきた

バトルがもし革命と呼ぶなら

オマエより俺が勝つほうが似合ってるからさ


[DOTAMA]

GILがヤバいと伝えろって自分のヤバさは自分で伝えろ

Yo あっそう メガネ割るの? じゃああえて外すわ ホラなんもできねぇだろ

Yo シラフ 知らん 裸眼でもお相手する

まるでラビットばり Lose Yourself

オマエはテクニック無しで ここで消える

俺が教えてあげる

概要

8小節2本
勝者: DOTAMA

解説

UMB2015 BEST16 福島代表 GIL v.s. 東京代表 DOTAMA 延長

UMB2015_GIL_vs_DOTAMA_3

今回はUMB2015からこちら。先日お伝えしたDOTAMAとGIL延長戦となります。

UMB2015 BEST16 DOTAMA v.s. GIL

この試合は冒頭GILの宣言通り、お互いけっこうバチバチにぶつかり合っています。

ただしそうかといってGILのフィールドというわけでもなく、どちらもパフォーマンスの高いrapを吐いていくのですが、延長ということもあってか今ひとつ瞬発力というか、爆発しきれていないような印象を受けます。

DOTAMAはここでバイブスを発揮して決勝まで勢いを保っていれば・・・と思わずにはいられません。

UMB2015_GIL_vs_DOTAMA_4

それと私見ですが、DOTAMAはやはり基礎となるrapスキルが格段に上がっていると思います。

2バース目に話題に出されたメガネを外すパフォーマンスなど、相変わらずのステージングの巧さの他、弱い頭韻ではありますが、2バース目の「ラビット」→「Lose Yourself」など、ライミングでもボキャブラリーでもなく、文脈の中で話題を展開する力は他ならぬDOTAMAが放った時に非常によくハマっているように思います。

一方でGILも相変わらず安定していますね。ただし個人的にはもう一化けして欲しいところ。独特の空気を持っているので爆発した時どうなるか見てみたいです。

UMB2015_GIL_vs_DOTAMA_2

GILも今や地元以外で名前も売れ、UMBという全国的な舞台の中でも彼オリジナルのカラーを持っていますので、全国のヘッズが期待を寄せるMCの一人になっているんじゃないかと私は思います。(そして陰ながら私も応援してます)

さて、試合の方ですが、オーディエンスの巻き込み方や返すアンサーのバラエティで一枚GILの上をいったDOTAMAの勝利となりました。

この試合は本大会、2回戦にしては名前の知られた一番のビッグネームの対決となりました。

GILもまたみんなが応援したくなるMCです。次回も是非挑戦してもらいたいですね。

※ ラビット

映画「8 mile」にてEMINEMが演じた主人公の役名。

※ Lose Yourself

アメリカのラッパー、EMINEMの楽曲。映画「8 mile」の主題歌。