[UMB2014] shun-p v.s. Y.A.S

LINEで送る
Pocket

shun-p v.s. Y.A.S

UMB2014 2回戦 熊本代表 shun-p v.s. 静岡代表 Y.A.S

今回はUMB2014からこちらの一戦を紹介します。

[shun-p]

ラッパーは心 命 懐

どこまでいけるか見たいだろ?

ならしっかりかまそう

ローカルから風を吹かしに来た

Y.A.S もちろんいい人

それは一目見れば分かる チェケラッチョ

オマエのメガネの裏側

だがしっかり見せようライムとアンサー


[Y.A.S]

いい人 いい人 うるせぇ

ホントは嫌な人かもしんないでしょ

It’s like this y’all

楽しむテンション 上がってるからみんな上がってこいよ

ただそれだけ オマエにも会話しながら台場

なに? うるせぇわ

とかいうの 大体ガラ

ハッキリ言って 最低だな


[shun-p]

後攻ドヤ顔で取ったくせに

オマエ偉そうにrapやってんじゃねぇよ

レギュラーだろ?

俺は新人 ルーキー 背番号1のエース

だったらしっかりかまそう

すでにオフロックから最後の戦闘

Y.A.S 結局今年もかませ犬で終わる


[Y.A.S]

かませ犬で終わる なにがエース?

知らねぇよ オマエなんてシカトする

シカトしてオマエらに何か届ける

夢があるからみんなに届ける

だからこうやってマイクでとぼける スタイルもいいんじゃねぇ?

オマエはなんかの進化系? 知らねぇ

埋葬服すら埋葬する

概要

8小節2本
ビート: Nas / Hip Hop Is Dead feat. will.i.am
勝者: Y.A.S

解説

UMB2014 2回戦 熊本代表 shun-p v.s. 静岡代表 Y.A.S

今回はUMB2014からこちらのバトルを紹介します。

shun-p対Y.A.S。熊本予選優勝のshun-pは今回が本選初出場。一方のY.A.Sはもう何度目かわからないくらいの常連で、シーンのかなり初期から活躍するMCです。

それではバトルの内容です。「ローカルから風を吹かしに来た」と先攻のshun-pは若手、初出場の勢いをもってrapしていきます。

また、「Y.A.S もちろんいい人」というラインですが、もうすっかりキャラが定着している感じですね(笑)

一方でそのY.A.Sですが、「いい人 いい人 うるせぇ」と最初から突っぱね、「ホントは嫌な人かもしんないでしょ」と切り返していきます。このちょっとした小憎らしさもまた、Y.A.Sのキャラが出ています。

また、今回のY.A.Sはそれだけではなく、ビートアプローチがかなりいいです。言いたいことを言いつつも、Hip Hop Is Deadのビートにスピーディーなrapを乗せています。パフォーマンスも安定していますね。

そしてバトル後半。shun-pは「後攻ドヤ顔で取ったくせに」と厭らしい攻撃を仕掛けていきます。

バース最後には「結局今年もかませ犬で終わる」と、これまでのY.A.Sの実績・戦績を揶揄するかなり辛辣な言葉も飛び出します。いいですね。

また、その後の「俺は新人・・・」というラインは、ビートにも非常にピッタリな落とし方で、個人的にはこの試合中でもハイライトの一つになってると重追います。

そして最後後攻のY.A.S2バース目。「かませ犬で終わる」と相手の言葉を受け、ここからアンサーにつなげていくのかと思いきや、「知らねぇよ オマエなんてシカトする」と相手を無視して途中から客席へ向かってのrapへシフトしていきます。

そこからはもう得意のライミングをふんだんに使ったショーケースのような形になり、オーディエンスを巻き込んだテンションの高いrapを披露していくような感じです。

押韻はやや単調ではあるものの、言葉に勢いがありバース後半には会場の空気をすっかり自分のものにしていました。こうなってしまうともうY.A.Sの勝ちパターンですね。

そんなわけでバトルはY.A.Sが勝利します。一方のshun-pも若さ・鋭さのあるrapでなかなかよかったです。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA