[UMB2014] MC松島 v.s. ふぁんく 再延長

LINEで送る
Pocket

MC松島 v.s. ふぁんく

UMB2014 BEST8 札幌代表 MC松島 v.s. REVENGE WEST代表 ふぁんく 再延長

umb2014_%e3%81%b5%e3%81%81%e3%82%93%e3%81%8f_vs_mc%e6%9d%be%e5%b3%b6_%e5%86%8d%e5%bb%b6%e9%95%b7

今回はこちらのバトルを紹介します。延長の延長のバトル、再延長戦です。

もはや語り草になっているこの死闘。最後から二つ目の再延長戦となります。長きに及んだ両者の一連のバトルは以下から。

[UMB2014] MC松島 v.s. ふぁんく

[UMB2014] MC松島 v.s. ふぁんく 延長

[UMB2014] MC松島 v.s. ふぁんく 再延長

[UMB2014] MC松島 v.s. ふぁんく 再々延長

[MC松島]

8×4本が好きやねん

ってさっき言ってたふぁんく

俺も同感だぜ 

っていうかいい試合ってのは

何度でも繰り返し見たくなっちゃうように

晋平太の耳も同じぐらいに

聞こえさせるほどの

俺らのrapスキルをどうぞ

ご賞味あれ

もはやバトルがどうとかじゃねぇ

これは殺し合いだぜ fucker


[ふぁんく]

さっきまで言ってたこと 全部撤回する

この人優しい だって水くれたもん

まるでバファリン

Yo 俺が女ならアンタ見たら一発ではまじ

鼻血 はまじ って言ったらちびまるこちゃん

言葉が先に出てくるのは

ラッパーならよくあることだと思うから

俺はあえてそこを逃げずに

突っ込むんだ 一直線に

HipHopにブレーキ

なんて要らないって思う

すごい北海道の冷気


[MC松島]

Yeah なんかちょっとテンション

落ちてきてるから 水をあえて

ご馳走させたんですよ

わかりますか もっといい試合がしたいだけ

勝ち負けとかそんなところだけじゃねぇんだ

この勝負はよ

罵り合いのその先が見たいんだよ俺は

一緒にいいLIVE

いいLIVE かませばそれだけでお終い

でもその先 もっと行きたい

俺は高みを見てるんだよ

MCバトルのもっと頂上の上を


[ふぁんく]

俺も高みを見てるけど

あなたの優しさの前ではそんな高みなど

もはや儚いものに見えてきました

MC松島さん

北海道はやっぱり心がでっかいよ

とか思うよ まるでそうだな

火曜土曜に烈海王

これはそうだ Lサイズの

お腹を見せてる デブタイプの

ラッパーですよ エプロンサイズ

Yo 裸エプロンなんてなくてもいいと思います

言葉をつなげていたから

連想ゲームで意味不明になっても

大丈夫だと思います


[MC松島]

敬語なのに韻固ぇ

俺は進化系

ヤバい心配無用

なLIVEぶちかましていくぞ この空っぽ

Yeah 空回りしてるように見せかけて

ちゃんと水あげるほどの余裕ある

実際この先闘志が

燃え尽きてないのは俺の方だ


[ふぁんく]

Yo その通りさ 心配無用

俺たちの間にdisなんてのは

一切不要

俺たちは扶養家族

俺には嫁と子供が3人いる

腹の中には今 子どもがいる

名前は「そら」

これは俺の最強の胎教

俺が注ぎ込む愛情は太陽


[MC松島]

Yeah さっきから

すっごい徐々に雑になってきてるけど

大丈夫か?

ザッツ漫才 みたいな感じ

終わんない年末

年明けまで一緒にrap

しようと思ってたのにな

なんかふぁんくちょっと疲れ気味かな

まぁ いいさ それでも次は俺が頂く

待ってろGOTITさん


[ふぁんく]

いや違う アンタが

アンタの優しさが

俺を素の自分に戻してくれたんだよ

普段は 「太りすぎ」とか言われて

それをなんか「しゃくれ」とか「ハゲ」とか

楽しいなと思って「ワンハネハネ」とか言ってたんだ

その時は背中に羽 羽

が生えてる気分 だぜ

ヤベ ヤベ ハゲ

チャゲ&飛鳥

俺は飛鳥みたいにハスラーじゃないから

いやこんなことはしないぞ

概要

8小節4本
ビート: OH NO / SOUL OF ETHIOPIA
勝者: なし(再々延長へ)

解説

UMB2014 BEST8 札幌代表 MC松島 v.s. REVENGE WEST代表 ふぁんく 再延長

umb2014_%e3%81%b5%e3%81%81%e3%82%93%e3%81%8f_vs_mc%e6%9d%be%e5%b3%b6_%e5%86%8d%e5%bb%b6%e9%95%b7_2

この組み合わせ、一連の試合は以下からどうぞ。とにかく長丁場で、死闘と呼ぶに相応しいくらいにとんでもなく大変な戦いです。

[UMB2014] MC松島 v.s. ふぁんく

[UMB2014] MC松島 v.s. ふぁんく 延長

[UMB2014] MC松島 v.s. ふぁんく 再延長

[UMB2014] MC松島 v.s. ふぁんく 再々延長

ちなみにこの再延長の開始前、お互いに立ち位置を入れ替えた際に松島が消耗するふぁんくに対して自身が飲んでいた水を手渡すという一幕がありました。この1件はバトル中でも度々言及されて、満身創痍ぎみの彼らに話題を提供することになります。

試合の内容ですが、もう3戦目ともなれば話題には事欠かず、MCバトルにおいて通常難しいとされる先攻1バース目ですら、それまでのやりとりから容易に話題の取っ掛かりが見つけられます。そしてそれを巧みに持ち出す松島もさすがですね。

そして「もはやバトルがどうとかじゃねぇ」「殺し合いだぜ」と完全に戦闘モードの松島。対するふぁんくは先述した水の一件を引き合いに出した上で「この人優しい だって水くれたもん」と応じます。

押韻も随所に置きつつのrapとなりますが、後半で踏もうとした言葉を先に出してしまうなど、さすがに疲労の色が見えつつある感じですが、それすら「ラッパーならよくあること」とrapの中で言葉に出してフォローしてしまうあたりは彼らしいですね。

続いて2バース目。「ちょっとテンション落ちてきてる」とすかさず指摘する松島。先ほどとは打って変わって「いい試合がしたいだけ」「勝ち負けじゃない」と内容面での勝負を仕掛けにいきます。

こちらも消耗の表れか、全体的にメッセージ1本で攻めていくバースになっています。

umb2014_%e3%81%b5%e3%81%81%e3%82%93%e3%81%8f_vs_mc%e6%9d%be%e5%b3%b6_%e5%86%8d%e5%bb%b6%e9%95%b7_3

対する後攻のふぁんく。こちらは「あなたの優しさの前では」と半ば独白モードで、なぜか丁寧な言葉で「MC松島さん」と、語りかけるようなrapへ変容します。

しかしそこからエンジンをかけ、「Lサイズの」「デブタイプの」など、特有の語彙を駆使したライミングをスピーディーに展開し、rapにバリエーションを見せていきます。これはもうさすがのスタミナです。

そして後半3バース目。「敬語なのに韻固ぇ」と応じる松島に対して、ふぁんくも「心配無用」と相手の言葉に呼応します。お互いにめちゃくちゃやってるようで意外とけっこう連続性のある対話を展開してます。

その後ふぁんくは「扶養家族」という韻から家族の話題へ移行しますが、その後の4バース目で「徐々に雑になってきてる」とこちらも松島に攻められることになります。後半松島の攻め方としては、ふぁんくのスタミナ切れを指摘して次の戦いで勝負になるのは自分だ、というアピールを観客へ向けていく戦術となります。

umb2014_%e3%81%b5%e3%81%81%e3%82%93%e3%81%8f_vs_mc%e6%9d%be%e5%b3%b6_%e5%86%8d%e5%bb%b6%e9%95%b7_4

それに対するふぁんくのアンサーは「アンタの優しさが俺を素の自分に戻してくれた」というもので、ユーモラスな内容を軸に最後にはリズムを持ち直していきます。

特に「ワンハネハネ」や「ハゲ」「やべ」など、無造作にライミングを並べてビートキープしていくあたりは非常にふぁんくらしく、消耗した中でもサイファーそのままのスキルを十二分に出し切っていた感じでした。

ちなみに最後のライン、「こんなことはしないぞ」と、ふぁんくはとあるジェスチャーをするのですが、その辺りは是非DVDで確認してもらいたいと思います(笑)

その圧倒的なスキルと余裕とスタミナから、大きな大会でもこういう遊びのあるrapができるところが私がふぁんくを応援する理由でもあります。

そんなわけでバトルが終了しますが、またも判定は割れて結果はドロー。ということで勝負はさらなる延長へ進みます。両MCはもちろん、司会の晋平太も「またか」といった表情。

ただしこれで決着をつけるにはやや決め手に欠けるバトルであったのは確かで、個人的な印象としてはナイスジャッジであったかな、と感じます。

そして次の再々延長こそ、この戦いのラストを飾るに相応しい、素晴らしいベストバウトとなっています。そんなわけで次の戦いもご覧チェックしてみてください!

[UMB2014] MC松島 v.s. ふぁんく 再々延長

※ 8×4本が好きやねん

前のバトル、ふぁんくの1バース目から引用。

[UMB2014] MC松島 v.s. ふぁんく 延長

※ バファリン

市販の頭痛薬。「バファリン半分は優しさでできている」というCMで有名。

※ ちびまるこちゃん

日本の漫画・アニメ作品。

※ 烈海王

漫画「グラップラー刃牙」シリーズの登場人物。

※ ザッツ漫才

「オールザッツ漫才」。関西にて毎年年末に放送されていたお笑いのTV番組。

※ GOTIT

同大会出場MCでOPENING GAME代表。

このバトルで勝った方がBEST4で対戦する予定となっていた。

※ 「ワンハネハネ」

※ チャゲ&飛鳥

日本の音楽グループ。同年5月にメンバーのASKAが覚せい剤所持により逮捕されていた。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
サイト

CAPTCHA