[UMB2014] GOTIT v.s. ふぁんく 延長

LINEで送る
Pocket

GOTIT v.s. ふぁんく

UMB2014 BEST4 OPENING GAME代表 GOTIT v.s. REVENGE WEST代表 ふぁんく 延長

UMB2014_ふぁんく_vs_GOTIT_延長

今回はUMB2014からこちらの一戦を紹介します。

延長前のバトルはコチラからどうぞ。

[GOTIT]

HEy yo ゴメンな陪審員 気ぃ使わせて

俺はMだから 追い込まれた時の方がヤバいrapをかませる

あえて16を選んでいる

オマエのネタ仕込みのライムじゃ

俺を倒すことは絶対ムリだから uh

そんな負かすこの俺のフロー 16もちゃんとここ乗り切るぞ

Yo 一度は負けた 二度負けた

さっきFEIDAと同じ オマエにもな

だが負けらんねぇ ある意味俺もリベンジャー

負けられんねぇ試練があんだ

本気を出すぜ ここからはまだオマエが16乗れるとこ

俺にしっかりとまぁ見せてみろよ

それができなきゃモノホンとは言えねぇぞ


[ふぁんく]

Yo オマエがMなら俺はSだから で体はXLだから

Yo ほんでオマエとスキルは全然別々だから

わかるDAKARAじゃなくてこの飲み物はなに水?

俺はオマエの方を見ず

オマエを見る 己を顧みず

先に進む go to straight, you know

Yeah 8小節淡々とこなした後に 食らわすぜカウンター

Yeah こんなザコ倒すの簡単

Countdown 3, 2, 1 バーン 爆発 Uh yeah

ビート乗り方 オマエはただ早口で

こんな風にやってればいいんじゃねー?

って思ってるんだろ? わかってるんだよ


[GOTIT]

わかってるだろ? わかってる もちろん

カウンター? 俺がバウンティ・ハンター

GOCCIだけじゃねぇとこ見せにきた

レペゼン茨城 伊達じゃねぇから

Ei yo GOCCIだけじゃねぇ

そればかり言われて 耳にタコできるぜ

今夜は俺がRを倒すまで 絶対俺は負けられねぇ

ボッコボコだよボッコボコ 2012はボッコボコにされた

ちっちゃい「つ」が 5個ぐらい入るぐらい ボッコボコにされた

だから今夜は勝ちを獲るだけ

俺がこの場の舵を取るだけ

グルグル乗らしてやるぜ

今夜はGOTITが勝利 間違いねぇ


[ふぁんく]

オマエがどんだけ熱いrapかましても

俺の場合こうやってビートに 軽く乗る

オマエがR-指定の相手 役不足

デコッパチのR 悪いがこの58でコテンパンにしてやる

You know I’m saying?

韻の踏み方でもなんでもいいじゃねぇの 俺はな

一回戦ボロ勝ちで勝つと思ったから あえて言わんかったけどなオマエな

Twitterでオレのことを

「大阪で一番好きなラッパーはふぁんく君です」

って言ってたよな?

オマエみたいにバトルで裏表使い分ける奴が一番嫌い

嫌い ない未来 意外性もない

オマエに何も 勝利の女神などは 来ない

都内某所 オマエを殺そう

こんな感じ リアルコーション

概要

16小節2本
勝者: GOTIT

解説

UMB2014 BEST4 OPENING GAME代表 GOTIT v.s. REVENGE WEST代表 ふぁんく 延長

UMB2014_ふぁんく_vs_GOTIT_延長_2

今回はUMB2014からこちらの一戦を紹介します。

GOTIT対ふぁんく、前評判から言えばBEST8で順当なマッチアップになるでしょうか。16小節2本での一騎打ち、延長戦が今回のバトルです。

なんで延長になったのかわからないこの組み合わせ。相変わらずふぁんくのスキルが圧倒的です。

一方でGOTITは「俺は負けられねぇ」「GOCCIだけじゃない」など、言ってることがまったく変わり映えしていない印象です。

GOCCIとは、GOTITと同郷の茨城水戸で活動するクルー「Lunch Time Speax」のMCでバトルシーンではUMB2007のチャンピオンとして歴史に名を残しています。とはいえ言っても2007年ですからね。2014年当時にそれを言われても、という感じなのでGOTITにはもうひとひねり欲しいところです。

UMB2014_ふぁんく_vs_GOTIT_延長_3

一方のふぁんくは相変わらずビートアプローチが多彩です。ライミングスキルとビートへの適応力が極端に抜きん出ている感じで、「爆発 Uh yeah」の辺りは持ち歌かってぐらい本当に見事にハマってます。

文章だと見えてこないですが、言葉の落とし方がありえないくらい技巧的です。さすが「梅田の黒幕」と言われるだけのことはありますね。

2バース目にはGOTITでは決勝に勝ち進んだR-指定の相手は役不足だとして、R-指定戦への意気込みも飛び出します。また、続いて「一回戦ボロ勝ちで勝つと思ったから」と言っていますが、まさか延長になるとは思っていなかったというのが実際のところ偽らざる本心なのでしょう。

UMB2014_ふぁんく_vs_GOTIT_延長_4

さて試合の結果ですが、なんと客判定でGOTITの勝利。様々なバトルを見てきた中でも、この試合は個人的には最大のミスジャッジだと思います。16小節2本を選んだ男気でも評価されたということなんでしょうか。

もしくは松島の言うように梅田頂上決戦みたいな予定調和じみた展開は見たくない、ということだったのでしょうか。いずれにせよ決勝へ勝ち進んだのはGOTITとなりました。

ちなみに冒頭の「俺はMだから」の件はこの後決勝でR-指定にいじられることになります。また、本試合中に「2012はボコボコにされた」と全開のR-指定戦を述懐するGOTITですが、2014決勝はちっちゃい「っ」が74個入るくらいボコボコです(笑)これから映像をご覧になる方はその辺も是非お楽しみください(笑)

個人的には梅田頂上決戦が見たかったなぁ。

※ さっきFEIDAと同じ

同大会出場MC、岡山代表 FEIDAWAN。GOTIT戦での「四度負けて一度諦めた」とのラインから。

※ 2012はボッコボコにされた

UMB2012本戦 GOTIT v.s. R-指定

※ 58

Shure社の提供するマイク、「Shure58」。読み方は「ゴッパチ」「ゴッパー」など。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA