[UMB2010] R指定 v.s. 晋平太 再延長

LINEで送る
Pocket

R指定 v.s. 晋平太

UMB2010 BEST32 東京代表 晋平太 v.s. 大阪代表 R指定 再延長

umb2010_%e6%99%8b%e5%b9%b3%e5%a4%aa_vs_r%e6%8c%87%e5%ae%9a_%e5%86%8d%e5%bb%b6%e9%95%b7

今回はUMB2010からこちらの一戦。大会屈指の名勝負となった晋平太とR-指定の死闘も今回でラストです。

前の試合は以下からどうぞ。

[UMB2010] R指定 v.s. 晋平太

[UMB2010] 晋平太 v.s. R指定 延長

[R指定]

延長また延長また延長

また言葉絡めんぞ まるで延々パーマネント

オマエはテンパらねぇぞ

オマエはベテラン? か知らんけど

裸のラストエンペラー

みたいなもんだ ステージから出てな

オマエはメレンゲだ

メンヘラのヘレン・ケラー

みたいなもんだろうが 俺がてっぺん狙う

ここで帰りなベテラン


[晋平太]

俺はベテラン オマエがてっぺん狙ってる間に

えっへんってな てっぺんでな 微笑むぜ

一遍は死んだんだ 死んだ男 地団駄

踏みながら時間が 来たから刻んでやるぜ

北に帰りな 大阪 どうだか? 大方 ローカル

どうやれば儲かるか オマエはもう知ってんのか?

そんなメジャー行きたけりゃ

オマエのメジャーじゃ俺は測れねぇな


[R指定]

おい 北に帰りな 北に帰りなって

大阪は西の方だよmother fucker

そんなこともわからねぇでやってんのか?

オマエはどこ見てやってんんだ晋平太

まずは乗せてこいよこんなビート

オマエはフローできないだろ?

ちゃんと俺とビート合わせ勝負しろよ

韻だけで勝てるほどUMBは甘くない

わかってる? 俺天草四郎


[晋平太]

わかるぜ? オマエも若いんだからしろ苦労

つけようか白黒 オマエは白黒

お袋 呼べよな すでに致死量

乳飲み子 何を見てるのか

命乞い しろしろ

瞳を閉じろ 自分を信じろ

軽々 超えるぜ カンガルー

ガルガル 言うぜ俺は肉食獣

ピストル銃のように狙うぜ

銃口が向いてなければオマエは一生中坊だ


[R指定]

Yeah カンガルー カンガルーとか

同じ言葉並べてるだけ

それやったら重複野郎

オマエが潮吹くやろう

オマエの彼女だって潮吹くぜ

俺のしゃべりのlike a うまさ

Like a 笑福亭

マジやばいスキル

オマエはただの落語家

落馬するmotherfucker

オマエと白黒 つけるために一苦労

俺の方が硬ぇだろ? 落ちるトップロープ


[晋平太]

オマエ超うるせぇ

成仏せぇ 笑福亭

面倒くせぇな落語家? 違ぇんだ覚悟が

どっちが時代錯誤か どっち勝つのか

分かるのがベテラン 若造は黙ってろ

若い芽を軋り取る しっかりとキシリトール食っとけ

キシリトール この場所に走り込む

蔓延ってるぜオマエみたいな

パチモンが言うな freestyle is dead


[R指定]

「Freestyle is dead」

なんて俺いつ言ったの?

オマエ本当耳悪ぃんじゃねぇか?

覚悟しろだと? ちゃんと覚悟しなオマエが

俺がコッペパンならば俺つくるジャムおじさんなんていねぇ

ここでぶっ飛ばすフロー

俺がご存知日本一ヤバい童貞

俺がmicrophoneだけで社会貢献

オマエに打ち込む この破壊光線


[晋平太]

そうか それで童貞

チャラい童貞

俺が一番ヤバい皇帝

オマエは王子 俺も王子だったぜ当時

だけどとうになってる俺なら王に

興味わかねぇぜ ジャムおじさん

つーかオマエの方こそ覚悟しな

俺はアンパンチ食らわす

ラッキーパンチ食らわず

オマエここで死ぬはず

してろよな四苦八苦

概要

8小節4本
勝者: 晋平太

解説

UMB2010 BEST16 大阪代表 R指定 v.s. 東京代表 晋平太 再延長

umb2010_%e6%99%8b%e5%b9%b3%e5%a4%aa_vs_r%e6%8c%87%e5%ae%9a_%e5%86%8d%e5%bb%b6%e9%95%b7_2

今回はUMB2010からこちらの一戦を取り上げたいと思います。

一回戦から稀に見る死闘となったこのバトル。再延長までもつれた激しい展開となりましたが、いよいよこれでラストです。

どちらも再延長とは思えないほど素晴らしいバトルで、体力が衰えることなく高いパフォーマンスでrapしています。内容を見れば、いずれのバースも相手の言葉を受けた上で、コンテクストを維持した形でアンサーを返していることがわかりますね。

そしてアンサーの中にもハードなライミングとビートキープを崩さず、当時の他のバトルと比較してもおよそ逸脱した技術水準で8小節4本、計64小節が続いていきます。なんなんでしょうかこの二人は。2010年当時にあって本当にバケモノじみた強さだと思います。

それぞれが各バースに見せ場を作っていて、晋平太が「カンガルー」「ガルガル」から流れて「肉食獣」「ピストル銃」と短いライミングを畳み掛ければ、R-指定が「同じ言葉並べて」「重複」「潮吹くぜ」「俺のしゃべりのうまさは笑福亭」と返し、さらにそれを「成仏せぇ」「笑福亭」「落語家?」「違ぇんだ覚悟が」と晋平太がまた返していくという、どちらも逃げずにスキルをぶつけ合っていく流れが続きます。

umb2010_%e6%99%8b%e5%b9%b3%e5%a4%aa_vs_r%e6%8c%87%e5%ae%9a_%e5%86%8d%e5%bb%b6%e9%95%b7_3

文脈を無視せず、ビートも外さず、内容も相手の言葉に新しい語彙や要素を積み重ねていき、さらにしっかりと押韻もして、ということをすべてのバースでやっていて、というとても再延長とは思えないクオリティで、本当に奇跡的な展開だと思います。

当時底なしのスタミナを誇ったこの二人だからこそこうした試合運び担っているのだと思います。

個人的には特に晋平太最後のバース、R-指定の言った「童貞」から「皇帝」へとつなげた後、「オマエは王子 俺も王子だったぜ当時」「だけどとうになってる俺なら王に」という二つのラインが非常に印象強いです。

新奇な言葉選びではないにしろコンテクストも完璧なラインがビートに乗るとここまでスムーズになるものか、と驚きました。この辺りは彼の強さがよく分かる一節なのではないかと思います。

umb2010_%e6%99%8b%e5%b9%b3%e5%a4%aa_vs_r%e6%8c%87%e5%ae%9a_%e5%86%8d%e5%bb%b6%e9%95%b7_4

それほどの死闘となったこの対決ですが、この再延長で決着がつき、判定で晋平太の勝利となりました。

当時まだルーキーのR-指定。延長2回まで追い詰めるも当時全盛期の晋平太にはあと一歩及ばず、最後の最後で競り負けてしまった形でしょうか。

とはいえこの対戦はHIDA v.s. FORK並みの伝説となっていて、間違いなく日本のバトル史上に残る名勝負の一つとなったわけです。

一方の晋平太にしてみてもUMB本戦は初出場。この思わぬ伏兵で一回戦からエンジンがかかり、その勢いのまま一気に優勝することができた、という見方もできる気がしますね。

いずれにせよこのバトルは今や伝説なのでまだ見ていない方は一度見てみることをお勧めします。

※ ヘレン・ケラー

アメリカの社会福祉活動家。

※ 天草四郎

江戸時代に島原の乱を起こした日本のキリシタン。

※ 笑福亭

日本の落語の一門。

※ コッペパン

R-指定とKOPERUによるrapユニット。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
サイト

CAPTCHA