[戦極MC BATTLE 第7章] Y.A.S v.s. Kowree

LINEで送る
Pocket

Y.A.S v.s. Kowree

戦極MC BATTLE 第7章 Y.A.S v.s. Kowree

今回は戦極第7章からこちらの一戦を取り上げたいと思います。

[Y.A.S]

はるばるご苦労さんな 12時間

嫁・子どもの3点セット? 完全燃焼?

なに言われたって Y.A.S 反省無ぇよ

だってそれがリアルだからな

Yo はっきり言うぜ

オマエが俺と同じことになったら

ちゃんとrap続ける勇気あんのかよ


[Kowree]

聞かしてやるよYASさん

俺もな 10月にガキが産まれんだよ

おい だから俺 嫁・子ども・島根半島

プラス俺の4点セット 俺本命でしょ

そんな感じだぜ

オマエな 人にくせぇ猿芝居させてんじゃねぇぞコラ

かかって来いよ全員 マジでブチ上がれ

今日ファン投票じゃねぇ 選挙でもねぇんだよ


[Y.A.S]

4点セット でもさ 本気で考えろ

Y.A.Sが本命でしょ

まぁいいや まぁどうでもいいよこんな奴は

トーテムポールみたいにデカいだけ

いや 俺の方がただのデカいだけ?

見た目だけで判断すんな

やべーのもっとかましてくれよ


[Kowree]

Yeah 見た目だけで判断すんなって

服脱いだ奴が言うのおかしくねぇ? yeah

上も脱いじゃう まさに半身

まさにそんな感じ 反省しとけよ コイツな

裏ではこんな調子いいこと言ってるけど

裏では勝ち負け関係ねぇエンターテインメント

俺バチバチのケンカしてぇぜ

現場 現場が関係ねぇ状態になってんだよ

やべーだろ? これは


[Y.A.S]

はっきり言って そう これはそう出来レース

かもしれねぇけど

エンターテインメントこれが面白いんじゃねぇの?

教えてやるよ 島根 静岡 誰がいるのか

誰が生きるか 教えてやるよ

俺はそう 般若じゃねぇけどブヨブヨの腹

もちろん三段腹

負けたら言われるよ 「散々だな」


[Kowree]

般若じゃねぇならオマエにひとつ言っとく

フロアでベロベロで和気あいあい?

俺に言わせりゃそれマジないない

そんな感じだぜ yo

Y.A.Sの悪あがきなんてマジで丸裸にしてやるぜ

マジでオマエさ rapのスキルが無ぇからさ

そういう芸風に逃げるのはやめときなよ fuck you

概要

8小節3本
勝者: Kowree

解説

戦極MC BATTLE 第7章 Y.A.S v.s. Kowree

今回は戦極第7章からこちらの一戦を取り上げたいと思います。

ちなみにこのマッチアップは前年に行われたUMB2012本選の再戦となっています。3点セットですね。

ちなみにこの試合、YASはもう試合前からかなり酔っ払っている様子で、試合の前後も八文字の進行を遮りしつこく客を煽りにいく場面が何度もあり、かなりウザいです(笑)

嫁・子どもの3点セット? 不完全燃焼?
なに言われたって Y.A.S 反省無ぇよ
– Y.A.S

まずいきなりYASから。これはそのUMB2012での対戦時にKowreeに言われたラインへのアンサーになっていて、「不完全燃焼」の部分までそのまんまKowreeの言葉へのアンサーになっています。

俺もな 10月にガキが産まれんだよ
おい だから俺 嫁・子ども・島根半島 プラス俺の4点セット 俺本命でしょ
– Kowree

そしてそんなYASに対してKowreeのこのアンサー。こちらも同じやりとりにアレンジを加えてオーディエンスを盛り上げます。

見た目だけで判断すんなって 服脱いだ奴が言うのおかしくねぇ?
– Kowree

続いてKowree2バース目から。盛り上がり過ぎて服を脱ぎ始めたY.A.Sに対する切り返しで、酔っ払ってよく分からないテンションになっているYASに対してKowreeはかなり冷静に突くべきところを突いている感じです。

般若じゃねぇけどブヨブヨの腹 もちろん三段腹
負けたら言われるよ 「散々だな」
– Y.A.S

今度はYAS最後のバースから。この「三段腹」「散々だな」はYASの試合で割とよく聞くフレーズで、もう半ばルーティーンと化してるような気がします。

前述の通り酔っ払いまくっていたYASですが、周囲の心配をよそに、ことrapに関しては舌もよく回っていて平常運転のパフォーマンスになっていました。これは素直にスゴいです。

フロアでベロベロで和気あいあい
俺に言わせりゃそれマジないない
– Kowree

今度はKowreeの3バース目から。これがおそらく本試合一番のアンサーじゃないかと思いますが、YASの「般若」という単語に即座に反応したKowreeからこの一文です。

これはもちろんUMB2008、決勝のHIDDADY戦での般若のライン、「ブリブリで控え室で和気あいあい? オレから言わせりゃそれマジないない」というラインをサンプリングしているわけですが、酔っ払ってすでにグダグダのYASへのdisとしてもタイミングばっちりで、この終盤でバッチリとハマったパンチラインになっている感じですね。

2バース目からの伏線・話題の流れもスムーズで、まさに勝敗を決する一打となった感じです。

そんなわけで勝者はKowree。UMB2012での対戦同様、旧世代のMCを再び打ち負かした格好となりました。

YASが勢いに任せた投げっぱなしなバースを展開する中で、Kowreeの方は相手の言葉をよく聞いた上でそれをしっかりと料理して沸きどころをつくっていた感じでしょうか。

相手へのdisやサンプリングの面白さ、機転のきいたアンサーなどもあり、本当に勝つべくして勝ったという印象です。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA