[戦極第13章] CHICO CARLITO v.s. CIMA

LINEで送る
Pocket

CHICO CARLITO v.s. CIMA

戦極MC BATTLE 第13章 BEST32 CHICO CARLITO v.s. CIMA

戦極MC第13章_CHICO_CARLITO_vs_CIMA

今回は戦極13章からこちら。これまた面白い組み合わせですね。

スタイルは違えど、実力の拮抗した者同士のナイスバウトだと思います。それでは早速試合の模様をご覧ください。

[CHICO CARLITO]

超いいハコだぜO-EAST

アイドルが並べられて好印象

俺とCIMAは超HipHop

真実手繰り寄せるノーヒント

ここに来たぜ

88POSSE うまくやっか?

バチバチ 沖縄のステーキなら「88」

うまく平らげるぜ CIMA いいか?


[CIMA]

Yo 俺は88 今は始まり

ジャパニーズハチマキ hey yo

これが始まり つまりは終わり

オナニーじゃ終われない俺の気持ち

Ei yeah 残す好印象

わかる俺ならそう

It’s like show

Yeah 楽勝まるでアトラクション

並みにHOKTビーツ操るぞ woh


[CHICO CARLITO]

俺もHipHop 一本のハチマキ

トラ トラ トラ

今ここに 決めにきてるぜ

超いいだろ?

俺たちのrap作り出すグルーヴ

いい感じ 乗せる 好印象

もういいっしょ ショーウィンドウ

もう一生 HipHopしてないぜ俺

マイクでカネ稼ぎてぇ

般若さんのライブ観て思ったぜ


[CIMA]

マイクでget money

いつも現場に 顔出す俺なら

飛ばす天まで

Yo まるでトラ トラ トラ

売りさばくCDはドナドナ

ほら Yeah 声を枯らすぜどこまでも着地

ならば依託の作品 でも声を枯らす

俺は恋焦がれてるぜHipHop blah

概要

8小節2本
ビート: HOKUTO / IZM (feat. RHYME&B)
勝者: なし(延長へ)

解説

戦極MC BATTLE 第13章 BEST32 CHICO CARLITO v.s. CIMA

戦極MC第13章_CHICO_CARLITO_vs_CIMA_2

今回は戦極13章からこちらの対戦を取り上げたいと思います。

2回線でこれまた面白いカードが実現しました。それぞれにrapもうまく、また何より全国的にしっかりプロップスを獲得している両者です。

明暗別れるだけにこの直接対決は非常に見ものだと思います。一体どちらが勝つのかまったく読めませんね。

そして試合が始まって先攻のCHICO CARLITO。ハードなライミングでとても綺麗なバースを吐いていきます。特に「俺とCIMAは超HipHop」「真実手繰り寄せるノーヒント」の部分などは音源みたいな言葉の選び方ですね。

また、CIMAの所属クルーである88POSSEを引き合いに出した上で、「沖縄のステーキなら”88″」とローカルネタを絡めていく辺りは巧さを感じさせます。

戦極MC第13章_CHICO_CARLITO_vs_CIMA_3

一方のCIMAも相手の言葉を拾った上でライミングを交えて返す、というオーソドックスなスタイルですが、そこにバイブスも加わって非常にいいパフォーマンス。持ち味を十二分に発揮した高度な戦いをしています。やはりCIMAも普通に強いです。

続く2バース目。CHICO CARLITOも一歩も退かず、相手の言葉を拾ってアンサーしていきます。また、後半には「好印象」「もういいっしょ」とライミングの連打を繰り出したりと、かなり攻めていた印象です。

時にゆったりとスピットしたり、時にこういうラインを交えたり、CHICOのrapはバリエーションがあってオーディエンスを飽きさせないですね。
こういうところも支持される一因ではないかと思います。

続くCIMAのラストバース。相手の「トラ トラ トラ」を受けて「飛ばす天まで」と返します。「get money」はここへ繋ぐための伏線だったわけですね。

ちなみに解説させて頂くと、これは言わずと知れたBUDDHA BRAND / 人間発電所の一節で、「俺はトラ・トラ・トラよりdanger」というCQのバースから繋がって「そして天まで飛ばそう」というHookの部分をサンプルしているわけです。

こういう知ってるヘッズには「オーッ」となるような引用はスパイスとして非常に効果的だと思います。そしてどちらもそういうのが巧いので見ていて楽しいですね。

戦極MC第13章_CHICO_CARLITO_vs_CIMA_4

そこからCIMAはスパートをかけ、最後の「俺は恋焦がれてるぜHipHop」まで一気にスピットします。

バイブスも程よく、スキルフルなrapをするCIMAのバトルMCとしての強さが伺えるパフォーマンスになっています。また、CHICOのバースに手を上げていたりと、バトルを楽しんでいる様子も印象的でした。

さて、勝負の結果ですが、判定は割れて勝負は延長へ進むこととなりました。これはお客さんナイスジャッジですね!

(オーガナイザーの正社員を除けば)会場の全員がもっと見たいと思っていたはずです(笑)

続く延長戦の模様は以下のリンクからご覧ください。

[戦極第13章] CIMA v.s. CHICO CARLITO 延長

※ O-EAST

渋谷O-EAST。本大会の会場。

※ アイドルが並べられて

同大会にはライムベリーのMIRIが参戦していた。

※ 88POSSE

CIMAの所属クルー。

※ 沖縄のステーキなら「88」

沖縄に展開しているステーキハウス。

※ HOKTビーツ操るぞ

DJ HOKT。本試合のバトルDJ。

※ トラ トラ トラ

太平洋戦争で旧日本軍の真珠湾攻撃を伝えた電信による暗号。

※ 飛ばす天まで

BUDDHA BRAND / 人間発電所

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
サイト

CAPTCHA