[戦極MC BATTLE 第10章] U-Road v.s. GOCCI

LINEで送る
Pocket

U-Road v.s. GOCCI

戦極MC BATTLE 第10章 BEST16 U-Road v.s. GOCCI

%e6%88%a6%e6%a5%b5mc%e7%ac%ac10%e7%ab%a0_u-road_vs_gocci

先日リクエストを頂いたこともあり、私も大好きなU-Roadのバトルをpick upさせてもらいます。このバトルは相手がGOCCIという地味に面白い組み合わせで、双方とも素晴らしいパフォーマンスでなかなかいい試合だと思います。

[U-Road]

Yo レジェンド相手

次元の違いを見せ続けて

まぁリセット させるぜ

getしてくぜprop

この場でお客をrock

してくだけさ まぁレジェンド相手

関係ないぜ 負けないぜ

半端ないぜ 羽ばたいてく

だけだぜ またmakeするブーム

オマエはブームは過ぎ去った


[GOCCI]

Hey yo U-Road

オマエを撃つ 俺がUボート

Yo Youのロード無いぜ

俺が立ちはだかる

Walk this way 遠く見据え

未だ こうして熱いテンションと言葉

オメーに投げかけてるぜ

Yo もっと聞き取れる内容で

かかって来て欲しいな これはごもっとも


[U-Road]

Walk this way

Dopeにplayしていく

オマエ マジ周回遅れ

だからこの場 俺が持ってくだけだぜ

まぁ常磐ラインつながった先輩

だけど かますしかねぇぜ White Wood

Rep してるぜまずこんな感じ

かますか一回戦

客の心 鷲掴みなら

イブラニル fuck yeah


[GOCCI]

Yo よく言ってくれたな周回遅れ

肉も熟成した方がうめぇってこと知ってっか?

Yo 時間経ったこのmicrophoneは

Yo 未だ死んじゃねぇ 目は光ってるぜ

Yo ちょっと俺の目と合わせてみろよ

俺の内面が見えるはずだぜ

Yo 今日もこうしてmicrophone持ってレペゼンする

渋谷VISIONの前で見せる このビジョン


[U-Road]

熟成したベーコン

楽にかっ喰らってくスタイルだ

どうだ 若手の台頭

Hey yo どんな感じで乗せっか

電光石火でエトセトラ沸かすか

Yo 着眼点が違うぜ

血の気が足りねぇ パイセンは知んねぇ

Hey yo 俺のやり方見せんぜ

千葉044 から上がって来たぜ


[GOCCI]

Hey yo お言葉だが「血の気が足りねぇ」?

マジオマエの目は節穴か yo

俺の血の気はたぎってるぜ

Why we burn

なぜ燃えたぎってるか

未だこの火は死んじゃねぇぜ

Yo 韻なんて俺にはもうどうでもいいぜ

そもそもフリースタイルも上手くねぇが

情熱だけでここまで駆けてきた

概要

8小節4本
ビート: Rakim / Guess Who’s Back
勝者: GOCCI

解説

戦極MC BATTLE 第10章 BEST16
U-Road v.s. GOCCI のバトルです。

%e6%88%a6%e6%a5%b5mc%e7%ac%ac10%e7%ab%a0_u-road_vs_gocci_2

キャリアも年齢差もかなりある新旧世代の対決となりました。

戦極を始め様々な大会で活躍を見せている勢い著しいWhiteWoodのU-Road。かたやUMB2007の王者GOCCIという組み合わせです。

GOCCIの方はもちろんバトルシーンのみならず、かつてはLunch Time SpeaxのMCとして地元のみならず日本のシーン全体に名を轟かせた超が付くほどのベテランと言っていいでしょう。

バトルの内容で言っても両者ともそうした「世代の差」みたいなものを意識したやり取りになっていますね。

例えば1バース目、先攻のU-Roadは冒頭「レジェンド相手」と入っていきますが、最後には「オマエはブームは過ぎ去った」とかなり直球にdisをぶつけていきます。

こちらのGOCCIや般若など、日本のシーン勃興期に活躍したMCを相手にした場合、終始リスペクトを送る内容でバースを構成するMCも少なくないのですが、今回このバトルでは若手側のU-Roadがしっかりと相手を貶めにかかっていて好感が持てます。そしてこのアティテュードがこの一戦をさらに面白いものにしているのだと思います。

%e6%88%a6%e6%a5%b5mc%e7%ac%ac10%e7%ab%a0_u-road_vs_gocci_3

続いて後攻はGOCCI。「未だ こうして熱いテンションと言葉」とこちらもキャリアを感じさせる内容です。また、「もっと聞き取れる内容でかかって来て欲しいな」という部分など、言葉にトゲのない、どちらかというと相手とちゃんとした対話がしたい、という意思表示をしているようにも思えます。もともとそういうタイプのMCではありますよね。

また、2バース目にもU-Roadからの「周回遅れ」というdisを受けつつも「肉も熟成した方がうめぇってこと知ってっか?」と返すなど、いい具合に文脈そのままに価値転換をはかるようなカウンターを決めていたりと、「らしい」攻撃で場を沸かせていきます。

また、それに対するU-Roadのアンサーも奮っています。「血の気が足りねぇ パイセンは知んねぇ」と、こちら変わらずストレートに相手へぶつけていきます。その前置きとなった「着眼点が違うぜ」という枕もいい感じです。

こんな感じでひたすらに屈託のない罵倒をぶつけていくU-Roadに対して、GOCCIはそれを受け止めた上で自身のアティテュードを説明していくという構図で、どちらの言葉、またどちらのスタイルをオーディエンスが支持するのかという点が流れの分かれ目になっていったように感じます。

%e6%88%a6%e6%a5%b5mc%e7%ac%ac10%e7%ab%a0_u-road_vs_gocci_4

なかなか熱い展開となりましたが、試合を制したのはGOCCI。本人も「そもそもフリースタイルも上手くねぇが」「情熱だけでここまで駆けてきた」と言っている言葉通りで、スキルではなく言葉に込めた想いの部分でU-Roadを圧倒した末の判定となりました。

ちなみにこのバトルは公式のダイジェストでもその一部が公開されています。まだチェックしていないという方は是非ご覧になってみてください。

結果はどうあれ、どちらも自分の持つスタイルをそのままrapに乗せて勝負しているという点では変わらず、そうした意味でも非常に見ごたえのある面白いバトルとなっています。

粒ぞろいな試合が多く、私としては「当たり」の多い戦極10章の中でも何度も見返している試合の一つです。

※ Uボート

20世紀に戦線に投入されたドイツ海軍潜水艦の呼称。

※ Walk this way

RUN-DMC / Walk This Way

※ 常磐ラインつながった先輩

JR常磐線を指す。東京から千葉を抜けて茨城まで結んでいることから。

※ White Wood

U-Roadの所属するクルー。他に雄猿やMr.SMILEららも属する。

※ Why we burn

ダースレイダー / WHY WE BURN feat. GOCCI, GOUKI

[戦極MC BATTLE 第10章] U-Road v.s. GOCCI” への2件のフィードバック

  1. 毎度拝見させていただいております。
    リクエストですが
    5章ハハノシキュウvsKen the 390
    8章 ダースレイダー vs KZ
    9章 HIDDADY vs DOTAMA 延長
    Mrsmile vs Simon jap 延長
    11章 西 vs Silent killer Joint
    DOPEJ vs NAIKA MC
    Braboo vs OZ
    KZ vs rude-α
    12章 Buntes vs gawn
    K-razy vs LEON
    Luiz vs バトル手裏剣
    13章
    Mrsmile vs OZ
    Chemicl vs breaker
    DOPEMAN vs 言x the answer
    八文字杯
    KZ vs ilove
    の中からリリックと解説をしてくれたら嬉しいです

    • > Ytさん

      コメントありがとうございます!
      それではリクエスト頂いた中からもちょくちょく書いていきたいと思います!

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA