[戦極MC BATTLE 第11章] CIMA v.s. GOLBY

LINEで送る
Pocket

CIMA v.s. GOLBY

戦極MC BATTLE 第11章 決勝戦 CIMA v.s. GOLBY

戦極MC第11章_CIMA_vs_GOLBY

今回は戦極の第11章からこちらの一戦です。

決勝はこの両名のマッチアップとなりました。今までありそうでなかった組み合わせという感じがしますね。

[CIMA]

Yo 俺から先手を打ってやる

知ってるヤツは知ってる

HR motherfuckin’ C のサンプリング

ここ わかるだろ? 西宮 big up 球児

Huh? 俺がフリースタイルが明示

クレイジーよりも名刺代わり

代わり代わり獲る誰のチャンプ

関係ない オマエの脳天にダンク


[GOLBY]

Yo オマエの名刺代わり

かなり受け取ったぜ

俺も新しい形出してくぜ サンプリング

俺が蹴ちらす兵庫のヤングキング yeah

今ここで今メイト合わせていくイメージ

俺は体内に居つく寄生虫 みたいなもんだ

microphoneが ここで気持ちを漕ぐんだ


[CIMA]

Yeah 俺がstay tune

っていうか俺が制す

わかるコイツはただの寄生虫

所詮はパラサイト

アンダーグラウンドで毎度毎度今日も迷子

アメ村TRIANGLEに感謝

俺が一番遊べるハコ

わかりますか that’s hard core

いつでも通り俺が言葉飛ばす


[GOLBY]

that’s hard core よりもハートが大事で

ライム吐いてくぜざっと

Yeah そんなパラサイト

オマエのライムは俺に当たらないぞ?

Yeah 一発ギャグで

俺はrapで一発逆転

それができなきゃマイク持つ資格ねぇ

そんな負け試合俺はしたくねぇ


[CIMA]

したくねぇかい?

所詮のレベルは学芸会

わかるだろ? まるで文化祭

まるでパンチライン

ラッパーとしての風格がない

わかるか? 俺の方がイケてる

パンチライン まるで声も枯れてる

でもやってやるぜ今日戦極

誰がチャンプ? 俺だろ


[GOLBY]

パイセン相手に学芸会 とか言ってる

こんなカス成敗 しに来たんだぜ

オマエはやっとけよ

不安なら震えて覚せい剤

Yeah いつでもジャンキー

ナチュラルジャンキー

どっちが都会の野蛮人

兵庫と東京?

今日もGOLBYマイク持ってここに登場


[CIMA]

覚せい剤? 学芸会?

それはZORNのネタじゃないんすか?

覚せい剤ならノリピー

いや 来いよGOLBY

俺の方が取るし

わかるかいつでもbanging

ビート音をジャック

いつもの通りにrap

なめんな 兵庫のBOILE RHYME


[GOLBY]

ZORNのネタなら

学芸会から 覚せい剤 そこからノリピー

っていうのもZORNのネタじゃないの?

オマエってrapが下手じゃないの?

Yo 88POSSE

俺が関東唯一の本選

KBD NAIKA MC の仇は取るぜ

関東のゴリラ

概要

8小節4本
ビート: 餓鬼レンジャー / ラップ・グラップラー餓鬼
勝者: GOLBY

解説

戦極MC BATTLE 第11章 決勝戦 CIMA v.s. GOLBY

戦極MC第11章_CIMA_vs_GOLBY_2

今回は戦極の第11章からこちらの一戦を取り上げます。

この戦極第11章は関西の大会で、その中に少数の関東勢として乗り込んだGOLBYが見事に決勝進出。大阪は一二三屋の店員であり、神戸西宮で活動するCIMAとの対戦となりました。

ビートは「ラップ・グラップラー餓鬼」。原曲の印象がかなり強いチョイスですが、いざはじまってみるとバトル映えのするビートだと思います。

まずは先攻のCIMAから。材料の乏しい先攻となりましたが、それでもそつなく言葉を吐き出していきます。「誰のチャンプ」「脳天にダンク」と最後もうまく着地して通してスムーズなバースとなりました。

戦極MC第11章_CIMA_vs_GOLBY_3

続いて後攻のGOLBYです。CIMAの「サンプリング」というワードを拾いつつ「俺が蹴ちらす兵庫のヤングキング」との切り返しで応戦します。この辺りもかなりうまいです。CIMAに負けず劣らずGOLBYも調子がよく、両者かなりいいパフォーマンスでバトルが展開していきます。

そんな感じの流れで3バース目まで進みますが、後攻で相手の言葉をライミング混じりに打ち返しているGOLBYの方が常に相手よりも上回っていた印象です。

特に「パイセン相手に学芸会 とか言ってる」「こんなカス成敗」の辺りなどは非常にGOLBYらしく、拍を丁寧に取りながら押韻でカウンターを決めていく、というオーソドックスなrapで効果的に場を盛り上げていました。対するCIMAも決して悪くはありませんでしたが、双方の相性もあったのではないかと思います。

そして最後のバース。「学芸会」から「覚せい剤」へとつないだGOLBYのラインを受け、「それはZORNのネタじゃないんすか?」とこちらもキレイなカウンター。会場も上がります。

意外とCIMAもバトルシーンをチェックしてるんですね。CIMAの強さはバイブスや草ネタだけではなく、その一端はこういう部分からも来ているのだと思います。ハードなライミングが続くわけではありませんが、適度な抑揚と語気の強め方でいい感じにビートにフィットした8小節になっています。

戦極MC第11章_CIMA_vs_GOLBY_4

対して後攻のGOLBY。こちらもさらに同じ話題でかぶせて「学芸会から 覚せい剤 そこからノリピー」「っていうのもZORNのネタじゃないの?」と応戦。リズムと勢いを保ったまま厭らしく相手をdisしていきます。

CIMAと同じアプローチで相手を上回るという、後攻のアドバンテージを活かしたrapを最後に出してくる辺り、試合巧者GOLBYの本領が発揮されていますね。

互角と言えるほど拮抗していて、激しい打ち合いの連続となった一戦でしたが結果的に勝負を制したのはGOLBYでした。

また、内容でいうと予想に反して両者のrapがリズム、内容ともにかなり噛み合っていたのが印象的で、終始対話として成立していたことがこのバトルをより面白いものにしていたと感じます。決勝にふさわしい、とても見ごたえのある一戦でした。

ということで11章のチャンプはGOLBYです。この日のGOLBYは出場者の中でも調子がよく、掌幻戦やKBD戦など、ハイレベルな戦いが続くハードな中で常に巧いrap、面白いrapを見せていて、個人的にはGOLBYの強さを再認識した大会となりました。

※ HR motherfuckin’ C

H.R.C。神戸を拠点に活動するHipHopクルー。

※ 球児

CIMAの地元、西宮に甲子園球場があることから。

※ アメ村TRIANGLE

本大会の会場。

※ 都会の野蛮人

ZEEBRAの主宰したUBG(URBARIAN GYM)から引用。「URBARIAN」 = 「URBAN(都会の)」 + 「BARBARIAN(蛮族)」という造語からきている。

※ それはZORNのネタじゃないんすか?

B-BOY PARK2009。バトルステージでのZORNのライン

※ BOILE RHYME

CIMAの所属するrapユニット。

※ のりピー

タレントの酒井法子。同年覚せい剤の所持で逮捕。

※ 88POSSE

88年生まれを中心としたCIMAの所属クルー。

※ KBD NAIKA MC

いずれも同大会出場MC。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA