[戦極MC BATTLE 第17章] K-razy v.s. ID

LINEで送る
Pocket

K-razy v.s. ID

戦極MC BATTLE 第17章 1回戦 K-razy v.s. ID

今回は戦極17章からこちらの一戦を取り上げたいと思います。

[K-razy]

Rapができなきゃ要らない判定

俺たちで言葉を発散

バースを吐く ここ地下海抜

戦極MC いざ開幕

Yeah 投票してくれたやつは裏切らねぇ

なぜなら 俺はK-razy

堂々と東京に即興しに登場


[ID]

What is killing me?

俺のバースは飛ばすだけ飛ばす 心配すんな

あいつらの分まで俺が蹴る

ふざけんな rapってのはsoulからくんだ

嘘はつくな 心得ろ

お前らもここの前にすべて出せ

本当の熱量しか伝わらねぇ

Coolの後はhotで行かせてくれ


[K-razy]

Rapってのは己の魂を込めてくプロモーション

立つ奴らどっちも優勝候補

今だけスローモーションでいたい

Yeah そんな感じ

俺たちで楽しめりゃいい

要らないfakeID

さぁ戦極 俺たち二人のゲーム開始


[ID]

お前は 本当はお前のshitもしっかり聴き取りたいけど

まぁ俺戦わなきゃいけないやつが

Mと呂布でいるんだな これが

やるしかねぇ喧嘩 set up member

争うことはねぇ すべて結果

What is killing me?

俺を殺した俺が

新しい時代の幕開けだ

概要

8小節2本
ビート: サ上とロ吉 / よっしゃっしゃっす
勝者: ID

解説

戦極MC BATTLE 第17章 1回戦 K-razy v.s. ID

今回は戦極17章からこちらの一戦を取り上げたいと思います。

最初に言います。この試合は個人的大会ベストバウトです。

ビートがいいのと、それに対する両者の合わせ方がもう最高過ぎて、聴いていて異様なほど没入していけるバトルになってます。公式動画で一部公開されていますので是非そちらもチェックしてみてください。

Rapができなきゃ要らない判定 俺たちで言葉を発散
– K-razy

What is killing me?
俺のバースは飛ばすだけ飛ばす 心配すんな
あいつらの分まで俺が蹴る
– ID

こちら両者の冒頭から抜き出したラインですが、何を言っているかというと、同じく一回戦でこの前に行われたAmateras対BATTLE手裏剣の顛末を踏まえた内容ですね。

試合の模様は以下の記事をご覧頂きたいと思いますが、rapを一言も発しない奇抜なパフォーマンスのAmaterasに対して、BATTLE手裏剣が愛想を尽かして途中退場していまうという前代未聞の展開で、ノーコンテストで両者敗退という結果になってしまいました。

[戦極MC BATTLE 第17章] Amateras v.s. BATTLE手裏剣

引用見てもらえばわかる通り、この二人もその試合に対しては思うところがあった様子が見て取れますね。

それらの含意としては「心配すんな」「裏切らねぇ」とあるところからなんとなく察することができそうです。

Rapをしないという「パフォーマンス」をしたことについて、お金を払って来場したオーディエンスの心情を考えると、やはり1MCとして無視はできない感じなのだと思います。特にK-razyは今大会、敗者復活の投票によって選出されていたこととも大きいでしょう。

そしてそんな内容もさることながら、最初にふれた通りどちらもビートアプローチ素晴らしいです。

K-razyは2小節ぐらいのブロックで、ちゃんとオチをつけたりフローに起伏を入れたりして、計算されたrapを展開している印象で、相手のIDが一文一文をよりナチュラルに拍に合わせていくのと対照的。それにしてもどちらもイイです。

この試合は特にK-razy2バース目がホントに最高で、「プロモーション」「優勝候補」とタイトに繋げたところへ「スローモーション」と続くのですが、デリバリーや体の動き、ビートの展開と連動しててこれが非常に気持ちのいいポイントになってます。

K-razy、ライミングもけっこうハードなんですが、それ以上にフローのバリエーションも豊富で、ウィットのあるラインも吐いたりして、スタイルとしてはかなりバランスしてるタイプのMCなんですが、この試合に関してはそれらの要素がちょうどいい場所で見事に調和している感じでした。

そして相手のIDも同じくらい空気を作っていて、こちらは英語を交えたフローの気持ち良さに加えて、思ったことをストレートにぶつけていく熱もあって、要所要所で瞬間的に振り切ったラインを出して盛り上げていった感じでした。

判定で勝利を得たのはIDでしたが、この高度で拮抗した流れの中、熱気とメッセージ性の分だけ僅差で上回った印象でした。

それにしてもビート良し両MCのパフォーマンス良しで、素晴らしい戦いだったと思います。ベストバウトタグつけてますが、「死闘」という雰囲気ではなく、どちらかというとすごく気持ちのいいセッションを観たような感じでしょうか。

8×2で終わらせるのはホントにもったいないと思えるような、ずっと観ていたい良いバトルでした。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA