[戦極MC BATTLE 第17章] FEIDAWAN v.s. 晋平太

LINEで送る
Pocket

FEIDAWAN v.s. 晋平太

戦極MC BATTLE 第17章 1回戦 FEIDAWAN v.s. 晋平太

今回は戦極17章からこちらの一戦を取り上げたいと思います。

[FEIDAWAN]

2010年の借りここで返してやるからよく見とけ コラ

ジュリアナ東京 センスはあるけど

今夜は俺の勝ちだよ

100万円取ってゴールドチェーン取った?

俺は売って ニューヨークに飛んだ

それが俺とあんたの違い

今日いただくぜお命


[晋平太]

何年前の話だ? すっかり記憶にねぇわ

センスがねぇのは知ってっけど

ガッツはあんのは知ってんだろ?

俺は自分が巧いとも強いとももはや思ってない

それでもここでfight お前のrapも悪くない


[FEIDAWAN]

俺はゴールドチェーンがなくても光ってる

地元のみんな 見てるか?

俺のダイヤモンド賞金で買った

悪いが今夜 その首刈った

晋平太へ 俺はお前食うジンベイザメ

深海3000ft.から上昇 いただくぜ東京


[晋平太]

お前がジンベイザメ

だったらマイクに人生賭け

俺に勝ってみろ 2010以来いっぺんだけ

賞金で勝ったピアス 賞金アクセサリーに使うの?

賞金アクセサリーに使った 焦りは隠せない

概要

8小節2本
勝者: 晋平太

解説

戦極MC BATTLE 第17章 1回戦 FEIDAWAN v.s. 晋平太

今回は戦極17章からこちらの一戦を取り上げたいと思います。

もうずいぶん昔になりますが、この二人はUMB2010、それも決勝戦にて一度対戦しています。

[UMB2010] 晋平太 v.s. FEIDA-WAN

当時いずれも初優勝がかかっていたこの対戦。決勝にふさわしいドラマある一戦になっていたのですが、このマッチアップを見た時にその当時の様子が思い起こされました。

それでは内容をみていきます。まず先攻はFEIDAWANから。

2010年の借りここで返してやるからよく見とけ コラ
ジュリアナ東京 センスはあるけど
– FEIDAWAN

冒頭このラインは先ほどのUMBでの対戦を言っていて、「ジュリアナ東京」の部分は当時のラインからの引用です。

それにしても自分の発言とはいえ、よくここまで覚えてるものです(笑)

何年前の話だ? すっかり記憶にねぇわ
センスがねぇのは知ってっけど ガッツはあんのは知ってんだろ?
– 晋平太

続いて晋平太。仕掛けられた話題に対してにべもなくかわしていく感じですね。

俺は自分が巧いとも強いとももはや思ってない
– 晋平太

またこちらのライン。UMB2010からすでに8年、経過した年月の間にシーンもすっかり様変わりしたことを物語る一節で、現在は当時のような寡占状態ではなく、群雄割拠と呼ぶべき状況になっているのは誰もが知るところでしょう。

晋平太へ 俺はお前食うジンベイザメ
深海3000ft.から上昇 いただくぜ東京
– FEIDAWAN

対するFEIDAWAN。ライミングもスムーズですが、それ以上に言い回しの面白さが最高です。即興のセンス、独特の言語運用能力が光ってます。

俺に勝ってみろ 2010以来いっぺんだけ
– 晋平太

続いて後攻晋平太のアンサー。FEIDAの「ジンベイザメ」を受けてから4小節目のここまで、ライミングを継続しつつ器用に話題を移していってます。相変わらず巧いというか強いです。

賞金アクセサリーに使った 焦りは隠せない

そして最後の着地がこちら。これも「俺のダイヤモンド賞金で買った」というラインへのアンサーになってます。

また、ライミングの「アクセサリー」「隠せない」という対応が綺麗なことに加えて、「焦りは」という枕の部分も「アクセサリー」に子音で対応していて、これもまた最後のラインを一層効果的にしているように感じます。

この辺りはある程度狙ってやっているのだと思いますが、何よりもこうしたギミックをさも簡単なことのように平然とやってしまうその余裕が凄いです。

そして判定は晋平太の圧勝に終わっていくのですが、やはり晋平太の強さは健在でした。

基礎的なスキルの水準が高いことに加えて、ブランクがあろうが相手が誰であろうが常に高いパフォーマンスでrapできる安定感が尋常じゃないですね。

両者の以前の対戦もよければチェックしてみてください。

[UMB2010] 晋平太 v.s. FEIDA-WAN

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA