[戦極MC BATTLE 第16章] ウジミツ v.s. スナフキン

LINEで送る
Pocket

ウジミツ v.s. スナフキン

戦極MC BATTLE 第16章 一回戦 ウジミツ v.s. スナフキン

今回は戦極の第16章から。ウジミツとスナフキンの対戦を取り上げたいと思います。

[ウジミツ]

広島からはるばる来た

MCの命を狩りに来た

MCのすべてをもらいに来た

オマエは何があんのかな わかんねぇけど

オマエのrapイケイケ

そんでもって俺の生贄

でもライム古すぎ シケシケ

Motherfucker


[スナフキン]

シケないブランツはパンツの中

狙うチャンスとパワー

飛ばすjust governor

乗せる 流しな三途の川

ウジミツ はじめまして

挨拶は無しで

カネ貸しで 終わるんだろ?

種も仕掛けもねぇ バッツを用意


[ウジミツ]

種も仕掛けもねぇけど草の方はあるんじゃないんすかね

スナフキンさん

まぁよく分かんないけどカマすだけ

今日は犯しますよ 犯罪ぃぃぃいいいい!

みたいな感じで食らわす

オマエのいいところ一つも見当たんねぇけど

音源はいいと思うよ

音源が良いラッパーは俺大好きだからよ


[スナフキン]

音源の話も当然

俺はスタイルは質実剛健

分かるヤツらは言葉で応戦

だけど当然 スタイルはOK

キックだぜ 韻踏まねぇ

チープじゃねぇ ディープだぜ

つまり言葉でなけなしのカネ

俺は種無しのアレ

概要

8小節2本
ビート: GAZZILA , JAGGLA , HIDADDY , 遊戯 , ISSEI , ARM STRONG / Kansaiiii 下拓 Remix
勝者: スナフキン

解説

戦極MC BATTLE 第16章 一回戦 ウジミツ v.s. スナフキン

今回は戦極の第16章からこちらの一戦を取り上げたいと思います。

ウジミツ対スナフキン。これもスタイルウォーズですね。かなり面白いマッチアップだと思います。

試合の内容ですが、先攻のウジミツは「MCの命を狩りに来た」と殺伐した内容で立ち上がり。

ウジミツといえばやはりアンサーの印象が強く、決して先攻が得意なタイプではないため、1本目はどうしても取っ掛かりのない感じになってしまうように思えます。

ただしそんな中でも「motherfucker」とすごんだ声色で相手を挑発したりと、バイブスの方は最初から全開気味です。

対するは後攻のスナフキン。相手のラインを受けた「シケないブランツはパンツの中」というアンサーで立ち上がり、前半4小節はそこから6文字踏み7文字踏みで同じライミングを通していきます。これぞスナフキンと言えるようなキレイな構成に会場も盛り上がります。やはり巧いです。

そして「はじめまして」という挨拶もそこそこに「カネ貸しで 終わるんだろ?」というdisも入れていて、1バース目から非常に調子の良い感じでした。

後半にも押韻の連続はあったものの、やはり前半4小節はビートへのハマり方もバッチリで勢いがありました。ここは本試合の見せ場の一つと言えるでしょう。

対してウジミツの2本目。「種も仕掛けもねぇ バッツを用意」とのスナフキンに対して「種も仕掛けもねぇけど草の方はあるんじゃないんすかね」とアンサー。やはり相手のバースが出てからがウジミツの本領発揮ですね。

さらに草ネタに続いて「今日は犯しますよ 犯罪ぃぃぃいいいい!」とビートである「Kansaiiii」からサンプリング。韻踏合組合の地元大阪での開催ということもあって、会場は大きく盛り上がります。

ウジミツはビートからのサンプリングなどあまりやりそうにないタイプに見えましたが、ここぞという場面で放たれたパンチラインですね。草ネタの文脈もあって効果てき面です。

そしてラストのスナフキン、2本目。「いいところ一つも見当たんねぇけど 音源はいいと思うよ」というウジミツに対して、「音源の話も当然」というアンサーから前半4小節一気にライミングで畳み掛けます。ここの展開は1バース目と同様ですね。

やはりスナフキンはビート等速で続けざまに同じ韻を重ねていくのが盛り上がりますね。素直に巧いしカッコ良いです。

そしてラストは「なけなしのカネ」「種無しのアレ」とハードなライミイングながら、それまでのカネ貸しの話題と草ネタとを一気に拾って着地。

ドラマや小説でいうと伏線回収に当たるんだと思いますが、それまでのやり取りがこの最後のラインに一気に収束していくような、ホントによくまとまった締め方だと思います。ただストックをつないでいるだけでは決して出来ない芸当と言っていいでしょう。

そんな訳で勝者はスナフキン。まさに調子のいい時のスナフキンそのものといった感じで、ビートとの相性もよく、またそれを見事に活かした上での勝利となりました。

ウジミツの関西サンプリングも含めて見どころも多く、見ていて楽しい一戦です。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA