[戦極第15章] peko v.s. PONY

LINEで送る
Pocket

peko v.s. PONY

戦極MC BATTLE 第15章 BEST8 peko v.s. PONY

今回は戦極15章からこちらのバトルを紹介します。個人的に大会のベストバウト認定してます。この一戦は本当にお気に入りです。

[peko]

PONY PONY 落とす飛ぶ鳥

泣かねぇなら泣かすよホトトギス

Yo まだまだ PONYのバースは聞いてないけど

今日はヤバ目なバースで俺この場所沸かす

ただそれだけに来た O-EAST

まだ やり足りないから

オマエのキャラ 見せてみろバカ


[PONY]

大丈夫 十分頑張ったんじゃねぇもう?

やってきたから ここでもう置いとけ

Microphone そんなに力まないでよ

ビート上 キレイにハメた首埋葬

とことん やりたいところがあるの

心 じゃなくてもらってるモノよ

家でシコシコするよりまずここでしょ

最近覚えた口の閉じ方


[peko]

Yo 口を閉じとけよホッチキス

褒めてくれたこと恩にきる

Yo オマエ いい感じだけど

バトルは必死じゃねぇと勝てねぇぞ

カテゴライズされてるようなオマエのrapにまず一撃必殺

食らわすコイツが置き土産に

俺のバースなら飛びヒザ蹴り


[PONY]

飛びヒザ蹴り?

そんなのがこの後残るのかな? ホントに

知りたいよ奥に ニコニコうるさいMC

無駄口は閉じる ステージ上光る

MCなら知ってる 口の開き方

技あり 災い 落ちてくるらしい

悲しい話


[peko]

Yo PONYに起きてる災い

今日はpekoに技あり

つまりオマエが殴ってくるなら

俺は剛を制すような柔道スタイル

OK まだまだ中毒になるぐらいにrapかましていくぜ

PONY 最高のラッパー

だからヤバいアンサー 待ってますよアンタ


[PONY]

どう見ても剛でしょ 剛

柔なら俺移ってるでしょ

柳の様 寄ってくるんじゃねぇよ

その動きがキモい 可愛いrapもいいけど

やめてくれよ uh uh

重ねてく量 音量

この先 本領発揮 もういいじゃん

そこでお終い 兄ちゃん

概要

8小節3本
勝者: peko

解説

戦極MC BATTLE 第15章 BEST8 peko v.s. PONY

今回は戦極15章からこちらの一戦です。peko対PONYによるBEST8のバトルとなります。

まず先攻はpekoからで、ライミングを混ぜつつ丁寧にビートに乗ったrapを展開していきます。さすが日頃DJプレイもやっている分、ビートの勘所というか、キモを押さえたポイントで緩急をつけたりしていて、基礎的なスキルの高さが伺えます。

また、2バース目の「口を閉じとけよホッチキス」から「恩にきる」など、ストックの活かし方もそつがなく、対話の流れに合わせて適切に即興部分と接続させている印象です。時にガナるようにrapしたり、お客さんの沸かし方を心得ているのも分かりますね。

対する後攻のPONY、こちらのライミング、ビートアプローチ、フローなどすべて整ったバランス型のMCで、peko同様にビートのツボを押さえた上で自分のキャラを出したフローになっています。巧さを感じます。というかrapスキルでいくと両者本当に素晴らしいです。延々と聞いてられます。

PONY1バース目は内容で言えば、「microphone」から中盤の頭韻が印象的で、<タ・タ・タン>と軽快に言葉を置きながらバース全体にリズムを生んでいます。

ご覧の通り小節の終わりで語尾を合わせるみたいなオーソドックスなことはやっていません。ビートや状況に応じて柔軟にrapの構成や戦術を変えてくるこの辺りにPONYのスキルの一端が出ていると思います。

また、双方ともにこれだけ形として完成されたrapを吐いていながら、それぞれしっかり相手の言葉を受けた上で自分の主張を展開していく、という丁寧なアンサー合戦にもなってます。

この水準で形式と内容を両立させられているのもこの組み合わせだからと言えそうです。とにかくレベルの高い一戦です。一言でいうとマジでヤバいバトルだと思います。

そんな中でもpekoとPONYには微妙にアティチュードの違いが見えるのですが、要所要所でバイブスの高いガナったラインを見せる熱いpekoに対して、フローを堅持しつつ斜めからの態度で冷徹に毒づいていくPONYという違いが徐々に現れてくる感じでしょうか。

例えば2バース目「バトルは必死じゃねぇと勝てねぇぞ!」と、ありったけ力を込めてぶつけるpekoに対してPONYが「そんなのがこの後残るのかな?」「うるさいMC」と切り捨てる場面など、しっかり噛み合った対話の中でも語気や語調の部分がコントラストになっていますね。

このバトル、多くの沸きどころもあって盛り上がる展開なのですが、個人的なベストアンサーはPONYラストの部分で、「俺は剛を制すような柔道スタイル」というpekoに対して「(オマエは)どう見ても剛でしょ」と応戦。

先述の流れも踏まえた、文脈上非常に鋭く的確なラインを返していました。ここのPONY本当に素晴らしいです。隙が無く、トップレベルにバランスがいいMCだと思います。

ちなみに勝負の結果はpekoの勝利。拮抗した展開だけに熱をもって会場全体を流れに引き込んだpekoの方がわずかに試合を掌握していたという感じでしょうか。なんにせよ是非一度見て欲しい一戦です。このバトルでどちらもますます好きになりました。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA