[KOK2015] CIMA v.s. NAGION

LINEで送る
Pocket

CIMA v.s. NAGION

KING OF KINGS2015 1回戦 CIMA v.s. NAGION

KOK2015_CIMA_NAGION

[CIMA]

火つけるぜ東京 いつも通り

俺ならば上京した気持ち

なら地元から同じこの気持ち

財布ん中ひもじい

でも 反比例よりも感じてぇ

この熱さ 熱韻

これが兵庫のライマー

東海道 んなもうスゲー

俺がバイブス モンスター

word up


[NAGION]

Hey yo マジで下らねぇ

相変わらず やってる一人で

韻の連想ゲーム まるで

店頭セール みたいな安モン

悪いけど 何も感じない

それ晋平太がやってたスタイルの劣化版

つまり古過ぎる

まるでバッティングセンター

一人フルスウィング


[CIMA]

フルスイング でもバッティングセンター

ならばmicrophone center

ホームラン まるで場外

オマエよりも駅前で号外配るライミング

Yo 俺が犯人

名古屋の首狩ってやるぜ

オマエじゃ物足りねぇ

BASE呂布カルマを出せ

俺は本気だぜ


[NAGION]

Yo 気合いとバイブス

オマエここらで 履き違えるな

Yo 気合いの押し売り いらねぇ

まるで アニマル浜口

Yo かなりウザすぎる

スキル低脳 中身おざなり

わかるかよ? ここで見せつける

呂布カルマの前に俺倒せ


[CIMA]

Yeah 俺ならアニマル浜口

コイツに価値あるがま口?

単なるやかましい

ならばBoilの I’m a C

形は最新式 最先端

オマエの脳内まで侵入

シケたツラすんな

俺フライハイ

ふがいない バトルじゃおもんない


[NAGION]

Yeah まずは一回戦

とりあえず 熱さで押し切るようなMCは

俺うんざりだ

オマエのそう 熱さの押し売り

俺なら要らない

だから今日もここでそう Hiphop

音の上 走る

ヘッズの耳に残す ライムのタイヤ痕


[CIMA]

押し売りどころか

出てもないヤツに

バイブスどうこう言われたかねぇ

オマエは後ろに餅つき尻もち

それで十分

俺ならばクラシックでブンブンバァ

で数十分間で俺がrock

さしてやるバイブスでな

魂を聞け この野郎


[NAGION]

Yo なにがブンブンバァ

オマエは落ち込むぜこの数分間

の後に 全部見えてる

数分後に落ち込むオマエの表情

視界もなるぜモノクローム

Microphoneで殺すスポーツ

I have a dream キング牧師

俺はHipHop 韻を踏むボクシング

概要

8小節4本
ビート: オリジナル
勝者: なし(延長)

解説

KING OF KINGS2015 1回戦 CIMA v.s. NAGION

KOK2015_CIMA_vs_NAGION_2

今回はKOK2015からこちらの一戦を取り上げたいと思います。

兵庫のCIMAに対するは名古屋のNAGION。どちらもUMBファイナリストの経験もある実力者です。

特にNAGIONの方は個人的に大好きで、このKOKでもまず勝ち上がって欲しいMCの筆頭です。

まず先攻はCIMA。「火つけるぜ東京」と最初から熱を上げてましくたてるようなrapを吐き出していきます。

この試合、オリジナルのビートがとてもいい感じなのですが、CIMAはそれをしっかりモノにしつつも自分のカラーを出したrapを披露しています。

続いて後攻のNAGION。相手を攻撃しつつ、内容にフィットした韻を手堅く落としていくスタイルで、非常に巧いです。

例えば「一人でやってる」と批判した後にくるラインが「韻の連想ゲーム まるで店頭セール」というもので、これがひとつひとつの音節が立っていて、ビートにも非常にしっくりきてかっこいいです。

冷徹なライムマシーンと化したNAGIONと比較してみると、CIMAの方はバイブスが高いというだけでなく、「オマエよりも駅前で号外配るライミング」や「BASEか呂布カルマを出せ」など、要所要所に強烈な印象の残るラインがあって、バース全体を引き締めています。

KOK2015_CIMA_vs_NAGION_3

NAGIONは2バース目に入ってもCIMAへの攻撃を決して緩めず、「気合いの押し売り いらねぇ」など戦闘的な内容という意味ではこちらも負けていません。

また、途中の「スキル低脳 中身おざなり」というラインが特にそうなのですが、ひとつひとつ言葉の選び方が個人的に好き過ぎます。ただ単にライミングが巧いだけじゃない、言葉の選び方・落とし方すべてのバランスが良く、総合的にrapのクオリティーを押し上げている感じです。

中盤戦、スタイルの違いが際立ちながらも、それぞれに聞き応えのあるrapで勝負としてはかなり面白い展開になっていきます。

先ほどNAGIONのことを褒めちぎりましたが、CIMAも相手の言葉を拾ってライミングを交えながらアンサーしたり、スキルの面でも存分に見せ場を作っています。

「押し売りどころか 出てもないヤツに」「バイブスどうこう言われたかねぇ」との熱いラインでCIMAが会場を盛り上げれば、そのCIMAの言葉を拾ってNAGIONは「ブンブンバァ」から「オマエは落ち込むぜこの数分間」へとつなぐアンサーを見せるなど、一進一退の攻防が続いていきました。

KOK2015_CIMA_vs_NAGION_4

さて、勝負の行方ですが、KOKの審査員システムでスコアはドロー、決着は延長へお預けとなりました。

それにしてもかなり白熱したバトルで、どちらもお互いの持ち味を出しながら相手へのトドメを刺しきれずにいた感じで、延長の判定はナイスだと思います。

めちゃくちゃいい試合なのでまだ観ていない方は是非どうぞ!

※ 晋平太

埼玉出身のMC。UMB2010, 2011大会チャンピオン。

※ BASE

名古屋出身のMC。UMB2015ファイナリスト。

※ 呂布カルマ

名古屋出身のMC。UMB2016チャンピオン。

※ アニマル浜口

日本の元プロレスラー。

※ Boil

Boil Rhyme。CIMAの所属クルー。

※ キング牧師

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア。アメリカ公民権運動の指導者。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
サイト

CAPTCHA