[UMB2017 TCIY] CIMA v.s. mol53

LINEで送る
Pocket

CIMA v.s. mol53

UMB2017 TCIY FINAL CIMA v.s. mol53

今回はUMB2017 THE CHOICE IS YOURSから決勝のバトルをピックアップします。

[mol53]

証言1 俺が食えないMC 投げんなサジ

日本全国 誰がヤバい?

そんなの知らない 俺カチコミたい

やりたいようにやる それが俺のスタンス

8小節ムダに埋めることなく

オマエに突き刺す関西勢

でも西日本 俺の方がヤバいぜ


[CIMA]

証言1 俺は剥いたぜ牙

縦縞 どうも俺がCIMA huh

被ったLA よりもC.I.M.A ぶんどるぜ

mol53 超える時が今

わかるかな? fever ya

鼓膜ジャックするDJはYAS

証言 から狂言 また暴言


[mol53]

俺らはMC 語彙力を試す

だから俺は本を漁りまくる

Rap書き出す16小節

今日は8小節で仕留める

オマエのrapはネタばっか

でもそのweedの話も逸れてみな

HipHopってのはこういうノリだ

オマエに一から教えてやろうか


[CIMA]

コイツはドラッグネタばっか

Get the fuck out

帰れよゴミさんこんちわ

大声で言う鬼さんこちら

オマエじゃ沸かせないぜ 苦笑い

オマエ 曲がり過ぎ

直球のrap調子どう?

懐 かなりボロボロ

Like a こそ泥


[mol53]

悪ぃけど俺は目線をぶらすことなく

頭も下げずに尻尾も振らず

やりたいことをただやり抜く

今日はチャンプ huh 俺に似合う

コイツよりも俺は高く飛べる

オマエらの方が知ってるはず

Yo 俺をdisるタイプ

だけどカス 俺には追いつかんdistance


[CIMA]

やりたいこと やって大人に媚びないはずが

ビート選択どう? 優柔不断

疑うぜオマエのメンタル そこで見学

まるでレンタルビデオ まるでB級

俺ならC からのI.M.A 懐空いてるぜ

ぶっ刺す これがパンチライン


[mol53]

証言 あの時出た時確か

やべーラッパーが揃ってたはずだ

MASS対COREからそういうことだ

俺にはメディアに映らんラッパー

やりたいことやり抜く

俺は芯一切ぶらさずオマエを突き刺す

ハァ? 核心ついてみな

懐空いてるぞご苦労様


[CIMA]

メディアで稼いでるレーベルに入っとって何言っとん?

正社員に頭下げてもらう給料?

それってB-boy? ビミョ〜

オマエじゃ無理だぜ keep on movin’

きっとムービーでも出れやしねぇ

宮崎 GADOROの方がマシ

It’s a magic 一網打尽

概要

8小節4本
ビート: LAMP EYE / 証言
勝者: なし(延長へ)

解説

UMB2017 TCIY FINAL CIMA v.s. mol53

今回はUMB2017 THE CHOICE IS YOURSからこちらのバトルをピックアップします。決勝です。

CIMA対mol53、投票で選出された出場者の中を戦い抜き、もうこれ以上ないくらいに順当な組み合わせと言えそうです。

トラックはLAMP EYEの証言。クラシックです。決勝戦ということで、これももうお約束みたいなビートチョイスですね。

証言1 俺が食えないMC 投げんなサジ
– mol53

証言1 俺は剥いたぜ牙
– CIMA

そしてそんなビートに対して、両者冒頭からビートを意識したrapをしているのですが、スムーズなアプローチとそれぞれの個性が出た素晴らしいフローに会場も沸き立ちます。

例えばもし証言のremixにこの二人が参加した場合、たぶんこんな感じになるだろうといった印象です。相当にかっこいいです。

オマエのrapはネタばっか でもそのweedの話も逸れてみな
– mol53

コイツはドラッグネタばっか Get the fuck out
– CIMA

そして2バース目、面白いのが両者相手に対して草ネタを同じようにdisってるんですよね。ご存知の通りどちらも多用するMCなので、これに関しては痛み分けといった感じでしょうか。

コイツよりも俺は高く飛べる オマエらの方が知ってるはず
– mol53

mol53に至っては次のバースでこんなこと言っちゃってる辺りがさすが過ぎます(笑)

悪ぃけど俺は目線をぶらすことなく
頭も下げずに尻尾も振らず やりたいことをただやり抜く
– mol53

やりたいこと やって大人に媚びないはずがビート選択どう?
– CIMA

続いてこちらのやりとり。これはCIMAのアンサーが光った場面でした。

独立独歩をアピールするmol53。これはこれでかっこよかったのですが、このトラック(LAMP EYE / 証言)はバトルDJであるDJ YASに配慮してチョイスしたんじゃないか?と切り返してるわけですね。

ここまでは地の内容だけで言えばmol53の方が内容にややひねりも利いてリリカルに見えたのですが、CIMAはビートアプローチを外さず強めのスピットで全部打ち返している感じで、アンサーでは押してるような感じです。

もうどこに球が来ても打ち返すみたいな感じで、相手の一挙手一投足をよく見極めてます。CIMAめちゃくちゃ冷静で素晴らしいですね。

証言 あの時出た時確か やべーラッパーが揃ってたはずだ
MASS対COREからそういうことだ
– mol53

上記に対するmol53のアンサーがこちらで、これは当時のHipHopに感じるものがあるからこそ、というmol53からのエクスキューズになってます。

ちなみにそんな時代のレジェンドのひとりであるECDが今年1月に逝去されました。心からご冥福をお祈りいたします。

メディアで稼いでるレーベルに入っとって何言っとん?
正社員に頭下げてもらう給料? それってB-boy? ビミョ〜
– CIMA

続いてまたCIMAのアンサー。「メディアに映らんラッパー」というmol53のフレーズへの返答になってます。

ここでいう「レーベル」とは戦極CAICAのことですね。戦極MC BATTLEの代表であるMC正社員が設立したHipHopレーベルで、mol53はACEや田中光らとともに所属して音源もリリースしています。

またしても手痛いdisなのですが、その言いざまなど本当にいやらしい攻撃で、個人的には本試合一番のパンチラインだと思います。

「(MC)正社員に頭下げてもらう給料」ってフレーズの破壊力がスゴい。かなりのパワーワードです(笑)

そんなわけで、想いや熱のこもったrapを証言のビートに完璧に合わせる形でまとめ上げていたmol53に対して、相手の隙を逃さずここぞというところでアンサーを刺していったCIMA、といった構図の対決になっていました。

どちらもrapのクオリティが非常に良く、かなりレベルの高いところでのやりとりが展開されていて、非常に見応えがありました。

判定はドローで、一進一退のまま、勝負は延長戦へと進んでいきました。

決勝戦、このマッチアップで延長が見れるというのは、オーディエンスや我々にとっては非常にオイシイ結果になったのではないでしょうか。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA