[UMB2017] SORA v.s. ホロンバイム

LINEで送る
Pocket

SORA v.s. ホロンバイム

UMB2017 一回戦 香川代表 SORA v.s. 長崎代表 ホロンバイム

今回はUMB2017 GRAND CHAMPIONSHIPの一回戦からこちらのバトルを取り上げたいと思います。

[SORA]

バチバチでいくぜ それだけのもんだ

見せていくぜS.O.R.A 讃岐の力

どっから来たか分からねぇ 初戦は誰だ?

おい いい感じの黒メガネ わくわくさんじゃん

Yo 俺がハツラツとさせていくセッション

MICはいつでもいいぜ 俺は先行モード

戦闘行動 どこでもいい 乗り切れる

このライムで ご賞味あれよ会場


[ホロンバイム]

はじめまして わくわくさん

お前を常滑にするrapグラップラー

わかる? これが教育テレビじゃなく

お前に与える脳みその刺激

お前は乗れてねぇ ションベン漏れてねぇ?

そんなもんじゃ俺全速前進で行く

バイブスは満タン コイツ殺すの簡単

カウンターなら食らわす 俺が実物


[SORA]

バチバチって言っただろ 全然効かねぇんだよ

俺もいつだって行けるんだよ こんなノリで十分

酒も なにも キメてねぇけど

ブルーライト照らしてくれ 俺のベロも…

Check it out yo その感じ 上げていく

その黒ぶちメガネに 上げていくテンション

ここでは終われん 引き下がれんぜ

俺がforth coastレペゼン 代表ソルジャー


[ホロンバイム]

俺も引き下がれねぇ

長崎からはるばるここにやって来て 来た

田舎もんとか言うわけじゃありません

2時間で長崎から来れますから 俺が東京狙うから

ローカルがチャンスがねぇ理由にはしたくねぇ

ここで負けたら 俺はなりたくねぇ屍

俺はバカだからこれしかねぇ

Microphoneでちゃんと日本をrockするぞ

概要

8小節2本
勝者: ホロンバイム

解説

UMB2017 一回戦 香川代表 SORA v.s. 長崎代表 ホロンバイム

今回はUMB2017 GRAND CHAMPIONSHIPの一回戦からこちらのバトルを取り上げたいと思います。

ちなみに両者本選初出場。ホロンバイムの方は意外と言えば意外ですね。

早速内容を見ていきます。

おい いい感じの黒メガネ わくわくさんじゃん
– SORA

はじめまして わくわくさん
お前を常滑にするrapグラップラー
– ホロンバイム

今回の試合、どちらがどれだけインパクトを残せるかという戦いだったのですが、まず先攻SORAが「わくわくさん」という見た目disのラインで盛り上げたところ、後攻のホロンバイムがそれを利用してライミングで返す、という瞬発力の差を見せるやり取りがありました。

さらにSORAが途中詰まる場面があった一方で、ホロンバイムの方は勢いを持続したままアンサリングやライミングも交えつつ内容も綺麗にまとめ上げていて、rapの質の面でジワジワと引き離していく展開になっています。

ローカルがチャンスがねぇ理由にはしたくねぇ
ここで負けたら 俺はなりたくねぇ屍
– ホロンバイム

続く引用は2バース目から。流れの中で自然に気持ちをスパイクさせているラインで、ここもいいですね。

前半は特に1つ1つのラインの力強さはSORAの方に分があり、十分にアピールできていたと思いますが、後攻のアドバンテージもあってそつなく流れを掌握しきったホロンバイムが難なく勝利を収めました。

8×2の短い勝負ではありましたが、地力の差、または場数の違いが両者のバースの収まりの良さにはっきりと表れていたように感じました。

SORAが内容で刺していくタイプであるのに対して、ホロンバイムはオールラウンダーと言えばいいのか、rapの体裁とアンサー、ライミングをバランスよく詰め込んでいくタイプでしたが、クオリティを落とさずに勢いを持続できていたことがそのまま勝因になっていた印象です。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA