[UMB2017] lyrical v.s. MCニガリ

LINEで送る
Pocket

Lyrical v.s. MCニガリ

UMB2017 二回戦 新潟代表 lyrical v.s. 長野代表 MCニガリ

今回はUMB2017からこちらのバトルを取り上げたいと思います。

[lyrical]

乗りこなしに来たオートバイの戦士

そしてお前もMC 意見を提示?

大丈夫 乗ってくサンポート

Rap botで奪ってくjackpot 投入

未だにit’s so good

生き急ぐことはない お前と対話をしてる

新潟来た時は楽しいバトルありがとう

今では殺させてもらう


[MCニガリ]

Jackpot 投入

俺がニガリだ 飲んどけ豆乳

こういう 余裕 ビートと合わす呼吸

ハァ? どの変がlyricalなの 教えてよ

楽勝に乗る覚悟 それは俺も一緒だ

俺は悪魔 でもrapper

今日はどっちが笑う? 天使か悪魔

俺はかますだけさ


[lyrical]

Yo 天使か悪魔 つまりキリシスト

間違いない 俺がリリシスト, you know?

わかっていく お前を引きちぎるよ

1mmにビリビリに引きちぎり

聞き耳にみねぇんだよ

イかれたフロー

今日歴史が変わる ニガリがここで死ぬ

大丈夫 お前も入れたjackpot

Ah 俺もしかしてEminemの子ども? `Rap God`?


[MCニガリ]

Rap Godじゃねぇってことは確実に分からせるだけ

Crazy rap monster イかれたJapanese

Human rapper 俺ニガリ 覚えとけよ

別に神が 紙食っちゃねぇかなんか曲がってんな

lyricalの割に最後はフローに頼り

最後にしときな神頼み

概要

8小節2本
勝者: MCニガリ

解説

UMB2017 二回戦 新潟代表 lyrical v.s. 長野代表 MCニガリ

今回はUMB2017からこちらのバトルを取り上げたいと思います。

言わずと知れたニガリ。UMB本選はもう何度挑み続けてるか分からないほどの常連です。

lyricalは今回が初出場。次の2018も新潟を制していて、すでに2年連続2回目の本選出場が決まっています。

それでは内容を見ていきます。

先攻のlyricalはビートにうまくフィットしたrapで、アプローチが良い感じです。

新潟来た時は楽しいバトルありがとう 今では殺させてもらう
– lyrical

1バース目最後のライン。これ字面ではあまり伝わらないですが、ビートに合わせてメロディをつけたフローになっていて、とても気持ちいい着地になってます。

こういう 余裕 ビートと合わす呼吸
ハァ? どの変がlyricalなの 教えてよ
– MCニガリ

対して後攻のニガリ。このラインはそんなlyricalのスタイルへのdisで、ビートアプローチを認めつつ内容の不在を突いていく内容です。

名前もいじりつつの痛烈な皮肉になっていて、会場も盛り上がります。最初に流れを掴んでいったのはやはりニガリの方でしたね。

続くlyricalの2バース目は優勢のニガリにしっかり食い下がっていて、こちらもしっかりと沸きどころを作っていましまた。

特に「お前を引きちぎるよ」からのくだりでは言葉を詰め込みつつ、瞬時に倍速フローに切り替えたりしていて、どちらかというとrapのバリエーションで沸かせていく感じですね。

大丈夫 お前も入れたjackpot
Ah 俺もしかしてEminemの子ども? `Rap God`
– lyrical

個人的に気に入ったのはこちらのラインで、1バース目から続くjackpotの話題を、ちょっとふざけたようなテンションで上手く収束させてる感じですね。こういう話題の取り回し方は好みです。

一方で後攻のニガリ。相手へのアンサーもそこそこに、2本目中盤はlyricalを上回っていくフローで観客を沸かせます。さすがにこちらも巧いです。

おそらくアンサーで勝ち、フローで勝ち、という完封状態を目指すがゆえの戦術だと思いますが、そういう戦い方のスイッチを試合中に器用にできるのがそもそもスゴいですね。

lyricalの割に最後はフローに頼り 最後にしときな神頼み
– MCニガリ

そして着地はこちら。もう内容的にはかなりハマったdisになっていて、8×2をこういう形で締められたら先攻には成す術なしという感じですね。

そんな分けて結果としてはニガリのストレート勝ち。ただし結果に現れる以上のやり取りが展開されていた印象なので、8×4でまた両者の対戦が観てみたいと思いました。

lyricalは2018も本選出場を決めているので、次回大会は頑張って欲しいです。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
サイト

CAPTCHA