[UMB2016] しぇん v.s. BUCHI

LINEで送る
Pocket

しぇん v.s. BUCHI

UMB2016 一回戦 宮城代表 しぇん v.s. 岡山代表 BUCHI

今回はUMB2016からこちらの一戦。リクエスト頂きありがとうございました。

[しぇん]

太った外見 岡山代表

チャンピオンって見た目にこだわらないの?

オマエのrapなんてどうだっていいんだぜ

去年の雪辱を晴らしたいだけ

東北の熱さ 持ち帰って来た

わかるか今 殺しに来た

なんか生理的に無理 デブメガネ

ハナからオマエ この俺に出る目がねぇ


[BUCHI]

太ぇ 太ぇ 確かに俺太い

ヤベェ ヤベェ これ千鳥のツッコミ

俺はずっとill 俺のrapの 癖がスッゴい

生理的に無理? ああ 結構

俺もオマエのこと生理的に無理 ある意味両想い

俺たち仲良くなれんかメッチャ仲良くなれるかの二つに一つや


[しぇん]

期待したらギャグrap スタイル微妙じゃん

いっそ死のうか? このクソど素人が

お笑い芸人のネタ ここではねぇ

笑いが取りてぇならば外でやれ

世界じゃねぇ オマエは東北には似合わねぇ

やっぱ全国のカベは超高ぇ

オマエのrap HipHopシーンに意味あんの?

太ってるから食っとけや きびだんご


[BUCHI]

別に笑い取りたいわけじゃない

千鳥は岡山レペゼンしてるから岡山を上げたい

そうやって今日も俺は一個一個やってく

なにが違うんスか? 岡山上げるのもHipHopじゃないんすかぁ?

地酒も持ってきた 俺は俺のやり方で勝つ

HipHopに貢献してない オマエこそどうなん?

韻を踏むだけのクソみたいなrap

そこら辺のガキでも出来るようなrapしてんじゃねぇよ

概要

8小節2本
勝者: BUCHI

解説

UMB2016 一回戦 宮城代表 しぇん v.s. 岡山代表 BUCHI

今回はUMB2016からこちらの一戦を紹介したいと思います。

しぇん対BUCHI。しぇんは前年に引き続いて2度目の本選。一方のBUCHIはこれが初出場となります。

バトルの内容を見ていきましょう。

まず先攻はしぇん。「岡山代表」「こだわらないの?」と相手へのdisを絡めた長めの押韻でスタート。最初から飛ばします。

その後も熱さを感じさせるrapで攻勢をかけつつ、最後は「デブメガネ」「出る目がねぇ」で、冒頭同様に相手へのdisプラス綺麗なライミングで着地。先攻1本目としてはかなり出し尽くした内容になってます。

続いて後攻のBUCHI、1本目。しぇんからの見た目disを受けて「太ぇ 太ぇ」「ヤベェ ヤベェ」と切り返し、自分のネタへと誘導していきます。

続く「癖がスッゴい」までのスムーズな構成を見るに、外見をdisられることを見越して用意してきたストックだとは思いますが、初見のインパクトも作用して会場も大きく盛り上がります。

また、BUCHIの1本目は後半も面白い内容で、しぇんの「生理的に無理」を受けて、「俺もオマエのこと生理的に無理」「ある意味両想い」とやり返しています。この手の切り返しは個人的にはかなり好みです。

ラストの「俺たち仲良くなれんかメッチャ仲良くなれるかの二つに一つや」というラインに至るまで非常に面白いdisの受け方、かわし方で、性格やキャラクターが如実に出ている感じでイイですね。

そしてバトル後半の2バース目。しぇんは「スタイル微妙じゃん」「死のうか」「ど素人が」と細かく押韻を入れつつ相手のネタに対してdisをぶつけていきます。

さらに続けて「お笑い芸人のネタ ここではねぇ」とBUCHIのバースの内容を絡めた上、「笑いが取りてぇならば外でやれ」という痛烈なアンサーを返していきます。ここオーディエンスも上がってましたね。キレイな一発だと思います。

そしてラストはいかにも彼らしく、「意味あんの?」「きびだんご」と印象強いライミングで着地。相手が岡山代表であることを踏まえたdisで、締め方も非常にスムーズになってます。この試合、中々にレベルが高いです。

対してBUCHI2バース目。「千鳥は岡山レペゼンしてるから岡山を上げたい」というラインに始まり、先ほどのしぇんからのdisに対して「岡山上げるのもHipHopじゃないんすかぁ?」と切り返します。ここも会場上がってます。

当然BUCHIの方もただ笑いを誘うrapをしてるだけではなく、「HipHopに貢献してない オマエこそどうなん?」というラインや「韻を踏むだけのクソみたいなrap」など、バースのピークではないものの、要所要所で言ってることはかなり辛辣です。

そして「そこら辺のガキでも出来るようなrapしてんじゃねぇよ」というラインで着地しますが、1本目とは打って変わってかなりバトルモードなバースになってます。

しぇんがライミングを中心にすえたrapをベースに自身の主張で味付けしていくスタイルなのに対して、BUCHIの方は形式にとらわれずに言いたいことを言っており、それが時に予期せぬパンチラインになっていくような、そんな印象ではないかと思います。

それで結果の方ですが、判定はBUCHIの勝利。初出場ながらしぇんを下して2回戦へと進むことになりました。

このバトルはしぇんも調子がよく、またBUCHIの方もよくキャラクターが出ていて、双方出せるものをすべて相手へぶつけていくところが面白いですね。どちらもバースの構成が面白かったのですが、その中でBUCHIがしぇんのバイブスをいなしつつ、メッセージ・内容面のインパクトでわずかに競り勝ったのだと思います。

※ 千鳥

岡山県出身のお笑いコンビ。

[UMB2016] しぇん v.s. BUCHI” への1件のフィードバック

  1. 有難うございます!
    しぇん良かったんですが、BUCHIの千鳥の真似が上手いですね

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
サイト

CAPTCHA