[UMB2016] JAKE v.s. 句潤 延長

LINEで送る
Pocket

JAKE v.s. 句潤

UMB2016 二回戦 島根代表 JAKE v.s. 神奈川代表 句潤 延長

今回はUBM2016からJAKEと句潤の延長戦を紹介します。

延長前の試合は以下のリンクからお願いします。

[UMB2016] JAKE v.s. 句潤

[句潤]

何から話す? 俺は片時も話さず

俺は右手のマイクに誓いを出す

ここに来た new kicks履いて

新時代のウェーブを 俺作り出す

Yeah ウィルをそして掴んで

JAKEを倒し 未来を掴んで

どうするこの場 マイクは俺のまま

Message for you 返してくれや


[JAKE]

Yeah アンタが

Yo ローカル背負ってここに立つことも知ってる

Yo Kowreeも散った RACKも散った

仲間のためのこのマイク離さず

また 固まることなく あかさたな

Hey yo やなわらばー

みたくポップス チックなrap要らない

俺たちドープ サクっと食うチップス


[句潤]

ここだけして見てねぇから ここの事しか言えてねぇ

俺は予選で散った屍を背負って

俺は肩に抱いてる気持ちだけ

Yo 一つ一つ 一つ一つ ちゃんとやって頑張ってハード

俺はrough and rough ライフスタイル

でもマイク持てば ラブ and ラブ


[JAKE]

Rough and rough たまには力も入れねぇと

それでは先にゃ進めねぇぞ

South one ぶち抜くグレネード

アンタフロー巧者

やっぱ気持ちいいフロー 遊んでるだけ

でもゴメンね 俺堅くないんだよ

もともとレゲエの畑の人

概要

8小節2本
勝者: なし(再延長へ)

解説

UMB2016 二回戦 島根代表 JAKE v.s. 神奈川代表 句潤 延長

今回はUBM2016からJAKEと句潤の延長戦を紹介します。

延長前の試合は以下のリンクからお願いします。

[UMB2016] JAKE v.s. 句潤

この二人が戦って良い試合にならないわけがないのですが、この延長戦も深く見ていくとかなり面白い展開を迎えていました。

それでは早速内容の方を見ていきましょう。

延長は句潤が先攻で、「何から話す? 俺は片時も話さず」から始まるバース前半は、ややラガっぽいフローでビートに乗っかっていきます。後半には地のフローに変わって「JAKEを倒し 未来を掴んで」とストレートなメッセージング。

こうしたビートアプローチの多彩さがスゴいのはもちろんですが、内容面でも「返してくれや」と先攻1バース目としては至極穏当なもので、ビートに乗りつつ決してムリなラインや外したことを言わないのも彼の強さの一つなんじゃないかと感じます。

対して後攻のJAKE。こちらは明らかに句潤の影響を受けてのことですが、ラストの「サクっと食うチップス」に象徴されるように、ライトな言葉でビートの上を跳ね回るようなrapをしていきます。

JAKEと言えば内省的・思想的なメッセージ性の高いラインを吐くイメージがやや強いMCですが、これはもうビートの雰囲気や相手に合わせに合わせている感じですね。言葉数も多く、フローで言っても句潤に負けず劣らずで非常に軽快です。

対する句潤の2バース目。こちらもJAKEに合わせて、ノリのいいフローをただ披露するだけではなく、「ここだけして見てねぇから ここの事しか言えてねぇ」など、しっかりと相手のメッセージに対して反論している感じです。

このような展開になったのも「放置したら手がつけられなくなる」という意識が双方にあったからなのではないかと思います。

過去の記事でも散々書いてきた通り、句潤は放っておくとオーディエンスを巻き込む形で勢いづいて、容易には覆せないほどの空気を作ってしまうことがありますが、句潤にしてみたらそれはJAKEも同じで、後攻で重めな一発を出されようものなら、それまで積み上げてきた空気感がすべてふいにされる恐れがつきまとっていた感じです。

したがって両者とも相手のスタイルにやや擦り寄りつつ、disを刺しつつで試合の流れが決定づけられないよう気を配っていたという印象があります。

それぞれ決定打となるパンチラインが出なかった結果そうなっているというよりは、相手に決定打を出させないようなrapをしていたといった感じになるでしょうか。

要所要所に沸きどころや起伏もあるにはありましたが、8小節2本と短い尺なので結果的にはジャブの打ち合いで試合が経過していった流れとなりました。

ただしそうしたやりとりの中にあっても、各バースにそれぞれの長所が盛り込まれていて、試合としてはとても見応えあるものになっています。

特にJAKE2本目の「グレネード」の辺りなどは、見計らったかのようにここぞというタイミングでピークアウトしていて、調子がいい時のJAKEがそのまま出ています。句潤の調子も決して悪くなく、流れとどちらが勝ってもおかしくない空気だっと思います。

そんなわけで試合結果としてはまたしても引き分けに終わり、決着は再延長へと持ち越されました。上述の事情もあるため、これは妥当なジャッジと言っていいかと思います。

この対決、再延長まで続くわけなのですが、両MCやオーディエンスも含めて「バチバチの死闘で生死を分かつ」というよりは、「やり取りをエンジョイしながら全員が納得いく決着を探す」とでも言うような雰囲気で、個人的に好感の持てる内容になっています。

それにしてもJAKEはオラオラモードよりもニヤニヤモードの方が良いrapする気がしますね。

※ new kicks

kicksとは「靴」を意味するスラングで、この文脈では「おニューのスニーカー」ほどの意味となる

※ Kowreeも散った RACKも散った

いずれも同大会へ出場したMC。それぞれ島根代表、京都代表として奮戦したがこの時点で敗退していた。

[UMB2016] JAKE v.s. 句潤 延長” への5件のフィードバック

  1. 再延長の歌詞もアップしてくれませんか?
    特に2バース目のjakeの
    「砂漠の○ デザートイーグル」
    の○の部分が何度聴いてもよくわからないんですよね…..

    • > じゃけ さん

      コメントありがとうございます!
      はい、もちろんです。再延長もアップしますー

  2. MCバトルやっぱ好きやねん

    こんばんわ、
    多分ですがJAKEの1verse目「Hey yo やなわらわ」の所は「Hey yo やなわらばー」だと思います。
    『ヤナワラバー』は沖縄の方言で「クソガキ・悪ガキ」のような意味です。
    鳥取出身のJAKEがなぜ沖縄の方言を使っているのかは疑問が残りますが、おそらくそうだと思いました。
    失礼します。

  3. JAKEの1バース目のあかさたなの後は
    ポップスシンガーの「やなわらばー」だと思います。

  4. > KKK さん、MCバトルやっぱ好きやねん さん

    コメント頂いた箇所は取り急ぎ内容を修正させてもらいました!ありがとうございます!

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA