[UMB2015] 成 v.s. NAIKA MC

LINEで送る
Pocket

成 v.s. NAIKA MC

UMB2015 BEST32 福岡代表 成 v.s. 群馬代表 NIKA MC

UMB2015_成_vs_NAIKA_MC

今回はUMB2015からこちらの一戦を紹介します。

[成]

いつの時代も そうさ

変わるときは弱者が立ち上がる時だ

俺が今日は革命起こす

オマエから全部奪い取って勝つぜ

わかるか 滑舌の良さもオマエはあるかもしれないが

俺の全力のフローで見せつけるだけ

わかるかなNAIKA MC 無いなテクニック


[NAIKA MC]

邪魔 そこどいて

俺は今年やることがあるぜ

弱者は弱者なんだよ わかるかよ

強者は強者 黙っとけコラ

フリースタイルだぜ

けれども今日は生き様見せに来た

さっきがすべて飲み込む? いやいや

勝つ姿勢見えねぇんだわ


[成]

結局のところ でかい口 叩くだけ

結局無い人気

オマエをブチ殺す 連続殺人鬼

悪いけどもらうぜ 面目ないね

俺が勝つぜ今日は

弱者が立ち上がらねぇと 時代は変わらねぇ

オマエは上から天狗の鼻 伸びてきたんだ

じゃあ今年もカットするぜ


[NAIKA MC]

そんな鼻無かったんだよ

俺も去年それでビビっちまった

けどわかった地に足つけて

やることをやるべきだぜ you know?

デカい声が武器にならない?

いやなってる 全員よく見ろ

けれどイカしたMC 福岡 成

それでも今夜は餌食になる

概要

8小節2本
ビート: Terror Squad / Lean Back ft. Fat Joe, Remy
勝者: NIAKA MC

解説

UMB2015 BEST32 福岡代表 成 v.s. 群馬代表 NIKA MC

UMB2015_成_vs_NAIKA_MC_3

今回はUMB2015からこちらの一戦をピックアップします。

長崎レペゼンの成、今年は福岡の代表として本戦出場となりました。ちなみに前回は2014本戦でMC松島に一回戦負けを喫しています。

一方のNAIKA MCも2014本戦ではGOTITに敗北。両者ともリベンジに燃えている感じですね。

さて、試合の方ですが、そうした決意がどちらもrapにも色濃く表れてます。

成が「俺が今日は革命起こす」と言えばNAIKAは「邪魔だ 俺は今年やることがあるぜ」と返す。1バース目は「より勝ちたい気持ちが大きいのはどちらか」といった感じで試合が進んでいきます。

UMB2015_成_vs_NAIKA_MC_2

成は本来ビートキープしつつライミングを多用していくタイプではありますが、この一戦では多用というほどにはライムはなく、重たいアンサーを返したりといった方向にシフトしていたように思います。

一方のNAIKAは2バース目も変わらず、いつも通りの自分のrapで試合を進めていきます。

勝負が動いた瞬間があるとすればNAIKA2バース目ラストのライン、「けれどイカしたMC 福岡 成」「それでも今夜は餌食になる」の部分ではなかったかと思います。

UMB2015_成_vs_NAIKA_MC_4

これ以上ないくらいキレイに着地して流れを持って行きます。ここまで成も、またNAIKAにしても決め手に欠けたような試合展開だったため、この一撃でNAIKAがすべて持っていきました。

ということで勝者はNAIKA MC。成にしてみれば2年連続の一回戦敗退となってしまいます。2011年の準優勝をピークにここ最近はUMBでの戦績が奮わないNAIKAはこの後どこまで勝ち進むことができるでしょうか。

※ 天狗の鼻 伸びてきたんだ

前年のUMB2014。BEST32のv.s.GOTIT、延長戦でのGOTITのラインを引用。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA