[戦極MC BATTLE外伝 TOKYO NAIKA杯] U-Road v.s. 八月

LINEで送る
Pocket

U-Road v.s. 八月

戦極MC BATTLE外伝 TOKYO NAIKA杯 U-Road v.s. 八月

naika%e6%9d%af_u-road_vs_%e5%85%ab%e6%9c%88

今回は戦極 NAIKA杯からこちらの一戦。個人的にはかなりお気に入りです。

[U-Road]

Yo 1,2 乗り込んだビート

間違いない また辿るこんなビート

Hey yo こんな感じで取り込んだり

まずrapで虜にさしてくだけだぜ

まぁ空切るようなrap

見せながらやる

まずは魔貫光殺砲 打ち込むような感じさ

これがマイクの持つ 握る殺法


[八月]

あぁ どっかで言った?

オマエ良く聞いたようなフローだな

そんなんじゃダメだ no doubt

八月 in the house

August 評価

一発で突破するぜWhiteWood

オマエ白木屋でも行って飲んでろボケ

No pain no gainだ

当然 表現

するならば この想像力で

遊ばしてもらうぜ即興表現


[U-Road]

WhiteWoodの4番microphone

オマエが相手じゃ容赦ないだろ?

見せつけてくだろ

オマエよりもテクはもう上だろ

分かってないね オマエのrap

どうでもいい 俺がまた揺らしてく

オマエのrapの方がよくあるフロー

マイク握るプロ I’m a U-Road


[八月]

Oh 容赦なしじゃ no survive

脳から飛ばしてく しょうがないじゃん

こんなヤツ on the rap

誰が勝つ? microphoneコンバット

エースコンバット ライムコマンドー

道産子ハーコー

飛ばすノリは山から直滑降

落としてくぜ そう 燃やしてくぜ

山火事起こす

motherfuckin’ アバランチ

概要

8小節2本
勝者: U-Road

解説

戦極MC BATTLE外伝 TOKYO NAIKA杯
U-Road v.s. 八月のバトルです。

naika%e6%9d%af_u-road_vs_%e5%85%ab%e6%9c%88_2

地味ながら面白いバトルが多いことで有名な(?)戦極NAIKA杯からこちらの一戦です。

U-Roadはスムーズなフローの中でも、早口でまくし立てるようなrapをするMCで、個人的には最も好きなMCかもしれません。

対する八月について、詳しい情報はわかりませんがこのバトルではとても良いrapをしている印象です。ちなみに名前は八月と書いて「やづき」と読むようですね。

またこの試合、MC両名のパフォーマンスもさることながら、個人的にはこのビートがとても好みでした。これから見るという方はぜひその辺りも含めてチェックしてみてください。

それではバトルの内容について見ていきます。まずは先攻のU-Roadから。

規則的にライミングを挟みつつ、小節ごとに忠実なラインを並べていくのですが、そこはやはりU-Roadで、バースの中盤からは要所要所で瞬間的に加速したりして徐々に緩急を含んだフローへと移っていきます。相変わらず書き起こすこちらは大変です(汗)

naika%e6%9d%af_u-road_vs_%e5%85%ab%e6%9c%88_3

続いて後攻の八月。「聞いたようなフローだな」とU-Roadのスタイルから攻めかかります。また、しっかりdisりつつもビートを外さず、かなり安定したパフォーマンスを見せています。

また、中盤には相手の所属クルー名「WhiteWood」から「白木屋でも行って飲んでろ」というライン。一捻り加えつつ相手を茶化したような、ナイスなパンチラインです。面白い。

このバトルはビートも単純かつ遊びのあるもので、どちらもフロー巧者としてリズム良くrapしていきますが、その中でも要所要所に内容で沸かせるラインが飛び出していて、バランスよく楽しめるバトルになっていると思います。

さて、後半2バース目です。U-Roadは相手の言葉を拾って「WhiteWood」を絡めたラインで応戦します。もともと相手のラインを受けて即興性の高いアンサーをするのが非常に上手いU-Roadですが、メロディーをつけたフローが乗ると効果も倍増で、この2バース目冒頭からの流れにはオーディエンスも非常に盛り上がっていました。

そしてラスト2小節では「オマエのrapの方がよくあるフロー」と1バース越しのアンサーも見せていて、構成の上でも全体通してまとまりのある素晴らしいパフォーマンスを見せていました。

naika%e6%9d%af_u-road_vs_%e5%85%ab%e6%9c%88_4

続いて後攻の八月、2バース目。「容赦なしじゃ no survive」とこちらも自分のフローを保ったまま相手のワードを拾ったアンサーで返します。そのまま単語で区切るようなrapで押韻を続け、勢いを落とすことなくそのまま8小節を疾走していきます。U-Roadに負けず劣らず、こちらも上手いですね。

また、八月の出身地はわかりませんが、途中、「道産子ハーコー」というNITROのBIGZAMの印象が強いラインも出てきていたのが印象に残ります(笑)サンプリングもそうですが、こういう誰もが知るフレーズが出ると注意を惹きますね。

そんな感じで8小節2本のバトルが終了。とてもスピーディーに試合が流れていって本当にあっという間でした。結果としてはU-Roadの勝利となりました。フロー良し、バイブス良し、アンサー良しの好調な八月ではありましたが、U-Roadはそのすべてに対して少しずつ上回っていて徐々に競り勝っていたような印象です。

NAIKA杯、見応えのあるバトルも多くて面白いですよ!

※ 魔貫光殺砲

マンガ『ドラゴンボール』の登場人物、ピッコロ大魔王の必殺技。

※ WhiteWood

U-Roadの所属クルー。

※ 白木屋

国内の大手居酒屋チェーン。

※ エースコンバット

バンダイナムコ製作のシューティングゲームシリーズ。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA