[戦極MC BATTLE 第11章] LARD v.s. MCポテト

LINEで送る
Pocket

LARD v.s. MCポテト

戦極MC BATTLE 第11章 一回戦 LARD v.s. MCポテト

戦極第11章からこちらの一戦を取り上げたいと思います。

[LARD]

Yo MCポテトくん yo はじめまして

ポテトリンチ 楽しく始まる

毒舌なバース 今から言います

この田舎もんじゃねぇ

どこ出身か知らねぇ 大阪のどこ?

俺は南大阪の堺市repしてるが

腹の底を知りたいな


[MCポテト]

どこの出身? 岸和田代表

オマエのrapは聞きたかないぞ

わかるか? アタマはHD内蔵

わかる? 俺の方がオマエ どこで排除

オマエ 俺に負けたら威厳 まず無くなる

だから俺がかます 核爆発

そういう感じでやっていく

わかるLARD?

見せるポテトのベストヒットアワード


[LARD]

Yo 俺に威厳なんてもん元から無ぇ

声出してくれてありがとう観客

変なチンケなプライド 実家のリビングに置いてきたぜ今日は

C.R.E.A.M がビート選択

オマエは岸和田サイファー 近所迷惑

ポテト マクドでニート生活


[MCポテト]

OK つまりはビートはC.R.E.A.M

オマエのアタマ速攻でフリーズ

オマエのrap ここでskip

俺ならこの場 言葉で振り切る

オマエよりもマジヤバい オマエ破壊していく

言葉でこの場で迫害

わかる? 俺の方がヤバいか知らんけど

オマエ スキルが足らない

概要

8小節2本
ビート: WU-TAN CLAN / C.R.E.A.M
勝者: LARD

解説

戦極MC BATTLE 第11章 一回戦 LARD v.s. MCポテト

今回は戦極の第11章から、こちらの一戦を取り上げたいと思います。

個人的にかなり好きなMCの一人であるLARDの試合ということでピックアップしました。

この試合はそのLARDが先攻でスタートするのですが、最大のハイライトはやはり2バース目のLARDでしょう。

バース後半に「ビート選択」「近所迷惑」「ニート生活」と続けざまに長めの韻で言葉の選び方も面白いラインを展開していきましたが、これが文脈にもかなりハマっていて、非常に盛り上がりました。

意味の上では普通の口喧嘩に出てきそうなありがちな悪口になってますが、それをここまでrapとして高いレベルに昇華できている点は面白く、言葉の選び方やバースの構成ひとつでこうも変わるものかと感じます。特にMCポテトの名前とマックのつながりは唸ります。

この試合、どちらのMCもライミングを多用するタイプのMCではありますが、ポテトの方がほぼ全小節をライミングに費やしていて、それを維持するために多少文脈の前後関係やアンサーの機会を犠牲にしていたのに対して、LARDの方はそれほどライミングのために無理を通していない感じです。

むしろどちらかというと上記の点以外は目立った押韻もなく、ここぞという場面以外は内容の前後関係や文章としての意味を優先させていたことがわかりますね。

その上で先ほどの「ビート選択」のくだりから一気にスイッチが入ってdisとライミングをスムーズに畳み掛けていて、2バース目のラストで見事にピークアウトさせていった感じです。映像で見るとそのモードの切り替わりが顕著に分かります。

そんなわけで勝ったのはLARD。やっぱりうまいですね。今後もいろいろな大会で活躍して欲しいMCの一人です。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
サイト

CAPTCHA