[戦極MC BATTLE 第15章] ドイケン v.s. MIRI

LINEで送る
Pocket

ドイケン v.s. MIRI

戦極MC BATTLE 第15章 1回戦 ドイケン v.s. MIRI

今回は戦極の第15章からこちらの一戦を取り上げたいと思います。ドイケンうまいです。

[ドイケン]

Yo 八文字じゃないけど 俺のrapスタイルは完璧

今日変えに来た バトルシーンの歴史

日本語rapの新しい1ページ

MIRIちゃん後で 俺と撮ってくれよチェキ

的な感じだぜ microphoneをcheck it

俺はrhyme on 大チャンス like the ライムベリー

アイドルがどうとか デカい舞台がどうとか

じゃなくて ステージに上がれば

スキルで勝負 you know


[MIRI]

わかったわかった でもなにその

なんかKOHHみたいなフロー

全部いっしょに聞こえるよ

チェキ チェキ 絶対やらねーオマエみたいな奴と

だったら私はもっとスゴいR-指定とかと

やりたいな だって梅田サイファー

そこらへんしか売れてる人いないな

思うんだけどさ だってあなたは全然知らないなぁ

今日初めて見た その顔なんか

なんか 鼻が伸びて 伸びて

お? お? どうした? どうした?


[ドイケン]

ハハ マジ笑わせんなよ

そんなことしか出来ねぇから

いつまでたってもギャグみたいっていうか

一言ええかな イロモノ ネタキャラ

どっちがいいかは 一目瞭然だな

やっぱRは… いや うん

だって俺は 何層にも着込んでるレイヤー

乗り方はlayback

俺のこと知らないだなんてまぁそれもいいんだけれど

俺はこの街沸かしに来た

レペゼン梅田のNo.1プレイヤー


[MIRI]

待て 待て 最後なんて言ったの?

全然 全然聞こえない

そんなんでももっと頭回しな

頭と舌 ちゃんと回さないと

私はイカせられないよ

ドイケン どいて どいて

K-razyくんに私は会いたいの

オマエなんかじゃなくて

私はもっともっとイケメンの

もっとヤバい感じ人に会いたい

イロモノだ でもここまでやってる

いいじゃん 私が全部ちゃんと

会場沸かしてるそれがラッパー

概要

8小節2本
勝者: MIRI

解説

戦極MC BATTLE 第15章 1回戦 ドイケン v.s. MIRI

今回は戦極の第15章からこちらの一戦を取り上げたいと思います。

梅田サイファー勢のドイケンに対して、ガチのアイドルであるライムベリー所属のMIRI。戦極ならではのバラエティに富んだマッチアップになってます。

ちなみにこの試合はほぼ公式に全容が上がっていますので、DVD持っていない人はぜひチェックしてもらいたいです。

MIRIと言えばちょうどこの前年、初出場した13章では初戦で当たったのが同じく大阪のK-razyで、その際には延長まで持ち込むなど健闘していた印象が強いです。

[戦極第13章] K-razy v.s. MIRI

ちなみに今回の試合、ビートがモロにトラップっぽい内容だったのですが、先攻ドイケンは冒頭から見事にトラップっぽい乗り方で制御していて、すごく自然に内容と両立させている感じがしました。

「KOHHみたいなフロー」とMIRIに言われていますが、どちらかと言うとISH-ONEみたいな感じでしょうか。ハネまくってます。

そしてフローやライミング、デリバリーの豊富さなども含めて本当に柔軟で、すべてが高いレベルにあると思います。やはり梅田サイファー伊達ではないですね。

特に小節のエッジを強調したり、アイドルのMIRIを茶化すような内容を挟んだりと、かなり余裕たっぷりに乗りこなしている感じで、ビートへの対応に苦労する様子をまったく感じさせない辺りが印象的です。

対して後攻のMIRI。どちらかというとdisの内容で前面に出ている感じで、ドイケンと比較するとキャリアや場数も違いますが、その分決して背伸びせずにできることを着実にrapで表現しているような印象です。

私はもっとスゴいR-指定とかとやりたいな
だって梅田サイファーそこらへんしか売れてる人いないな
– MIRI

そしてその攻撃もけっこう強烈で、1バース目からどギツいです。

お客さんも当然盛り上がるのですが、もうそこには「アイドルだから」というひいき目はそれほど無いように感じました。純粋にダメージの大きな一発に対して喝采を送っている感じがしますね。

一言ええかな イロモノ ネタキャラ
どっちがいいかは 一目瞭然だな
– ドイケン

続いてドイケン2バース目。そんな愚直な乗り方を続けるMIRIに対してこのアンサー。

ここは動画やDVDで観てもらいたいのですが、ライミングもハードで乗り方も気持ち良く、とてもスムーズになってます。短い一節ではありますが、最後の「一目瞭然だな」の「だな」の部分にエッジが立っていて、ここ最高です。

今回のドイケン、ライミングもキープしつつ、なおトラップっぽい気持ち良さも当然ありつつ、それでいながら大阪らしさ、梅田らしさなども適度にあって、とにかく気持ちよく聞ける技巧的なrapになっている感じです。個人的には過去最高のドイケンではないかと思うぐらいです。

頭と舌 ちゃんと回さないと私はイカせられないよ
– MIRI

対して後攻のMIRI。ドイケンにはキャリアや場数で劣る彼女でしたが、スタイルの面で見せつけられても、こちらも一歩も引かないどころかむしろ余裕すら感じられる反撃ぶりです。素晴らしい。

MIRIがアイドルながらバトルシーンですぐにプロップスを集めることができたのも、このバトルMC然としたメンタリティに負うところが大きいのかとは思います。とにかくナチュラルに強いです。

トラップlikeなスタイルに流れないrapスタイルではありますが、決してビートを外しているわけではなく、むしろ声の通る手法が功を奏している面も大きいと言えそうです。

そのrapにはHipHop的なマチズモへの憧れもありつつ、程よい口の悪さもありつつ、アイドルの目線から見たマウンティングや皮肉もありつつ、また時にはフィメールらしい仕草やデリバリーもありつつで、一人のMCのスタイルの中にいろいろなギャップを内包しているところがMIRIのMCとしての魅力かもしれませんね。

どこか応援したくなるキャラクターというのは非常に強力なアドバンテージだと思います。この試合でもそんな彼女のキャラクターがこれでもかと前面に出ていて、それがまたこのバトルをさらに面白いものにしていたように感じます。

そして戦いの結果ですが、なんとそんなMIRIが見事に勝利を収めます。

観る限りrapの技巧的な側面で言えばドイケンが優位かと思っていましたが、やはりdisのインパクトやパーソナリティ込みの面白みみたいなところでMIRIの活躍も無視できず、概ね納得の判定ではないかと思います。

この試合ももちろんそうなのですが、MIRIもドイケンももっとプロップスがあってMCのように思いました。どちらもキャラクターもあっていいMCですね。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA