[戦極第13章] 黄猿 v.s. 晋平太

LINEで送る
Pocket

黄猿 v.s. 晋平太

戦極MC BATTLE 第13章 BEST64 黄猿 v.s. 晋平太

戦極MC第13章_黄猿_vs_晋平太

今回は戦極からこちらのバトルを紹介します。

一回戦からこのカードということで、戦極は本当に出場MCが豪華過ぎます。

[黄猿]

Hey yo 晋平太

司会やってる場合じゃない

現役で出ろなマジ

俺たちは現役でバリバリだ

マジマジな 物足りないな

わからん どこまでバカな

今日は有馬記念 物足りないね

そんなことないね どこまで

俺がオッズ100のヤツぶっ潰す


[晋平太]

競馬に興味があるヤツ put your hands up

大していねぇな

喧嘩売る相手間違えんな

現役バリバリ?

ゴメンオナニー野郎

ティッシュでパリパリ

つーか俺本気でやんの1年ぶり

オマエマジで惨め過ぎ


[黄猿]

オナニーとか言ってんじゃねぇよマジで

Suck my dick now

しゃぶってくれよ

適当にやる 描くだけだクレヨン

それじゃ日が暮れるぞ

俺の黒さに酔いしれろ

有馬記念 人生はギャンブル

そうやってやる 勝ち負け掴むチャンス


[晋平太]

すべてが嘘さ

コイツの黒さ? どこか?

俺もイエローさ  見ればわかるだろ

だけど マイク持てば俺はプロさ

わかってねぇな 客見てろよ

Uh 上がってねぇな

乗り方もわかんねぇんだったら

オマエこの場所で黙って寝てな

概要

8小節2本
ビート: AKLO / RGTO feat.SALU, 鋼田テフロン & Kダブシャイン
勝者: 晋平太

解説

戦極MC BATTLE 第13章 BEST64 黄猿 v.s. 晋平太

戦極MC第13章_黄猿_vs_晋平太_2

今回は戦極からこちらの一戦を取り上げたいと思います。

これまた好カード。晋平太と黄猿のマッチアップになります。

黄猿、個人的には非常に好きなMCなのですが、大きな大会ではここのところあまりいい戦績を残せていない印象でしょうか。

先攻は黄猿。このバトルでも以前からあるようなスムーズなフローではなく、語気を強めて言葉を叩きつけるようにスピットしていく、より攻撃的なスタイルのrapになっています。

内容面でみていくと1バース目、同日に開催された競馬の有馬記念を話題に持ち出していった黄猿でしたが、「競馬に興味があるヤツ」「(会場に)大していねぇな」と晋平太にあっさりと返されてしまいます。逆に晋平太の方は攻撃的な黄猿と比べてやや抑え気味のrapです。

戦極MC第13章_黄猿_vs_晋平太_3

このバトルの晋平太はライミングの中にもdisなども交えていますが、どちらかというと相手の内容に冷静に対処してすくい取ろうと構えていくような試合運びをしています。

そしてそういうことをやらせたら全国でも指折りの実力を持つ晋平太。2バース目の半ばにはもう試合の空気を掴んでいたように感じます。

黄猿も負けじとスピットしていましたが、内容、メッセージと言った要素が晋平太に一歩及ばずといったところでしょうか。

特に2バース目「Suck my dick now」の辺りなどは黄猿らしい非常にスムーズなフローでしたが、話題の推移や文脈といったバトル全体の流れには今ひとつ乗れておらず、ビートアプローチとバイブスだけが先行してしまったように感じます。

微妙な差ではありましたが、そういった面でも頭一つのところで晋平太が優位を保っていたように感じました。

戦極MC第13章_黄猿_vs_晋平太_4

その流れのままバトルは終了。晋平太の勝利という結果となりました。

現在のシーンの中で比較しても今なお圧倒的なスキルを持つ晋平太ですが、それでもこの試合は決して「危なげなく」といった感じではなく、途中ブランクを感じさせるような場面もあり、ノリ方やオーディエンス次第では黄猿にも十分勝機があったように感じます。

※ 司会やってる場合じゃない

最後に出場した2012年を最後にUMBへは出場せず、2013以来晋平太は司会として出演している。

※ 本気でやんの1年ぶり

前年10月に開催された戦極MC BATTLE 第10章以来。

なお晋平太はこの際優勝している。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA