[戦極MC BATTLE 第11章] P-PONG v.s. 成

LINEで送る
Pocket

P-PONG v.s. 成

戦極MC BATTLE 第11章 P-PONG v.s. 成

戦極MC第11章_成_v_P-PONG

今回は戦極11章からこちらの一戦を紹介します。

[P-PONG]

相手はかなりの男前

必要なんだよ心やゲン

顔面凶器 残念そうに見ないでくれ

ゴメン こんなんでsorry

装備した武器 ナイフが口達者

止まらない 言葉をfuck up

爆弾 オシャレ 言葉で止まれる

導火線に火が着いたトーナメント


[成]

Yo yo どうしたの?

アンタはいつもの 「顔面凶器 残念そうに」

何回その韻 言えばいいの?

マジ進化が足りねぇなぁP-PONG

とか言っとくぜ

アンタはそうだな今日のrapは 韻が保つ?

そんなんでいいんすか? NINJA MOB

とか言っとくぜ わかる? オマエの番


[P-PONG]

NINJA MOB これNINJA MOB

俺のrapを聞いたら みんなノる

進化論がけるぜ TRIANGLE

コイツの暗号 ドリームジャンボ

P-PONG NO.1でアンダーグラウンド

Stussy CHANEL, CHANEL GUCCI

しゃべる口 止まらないから獲る

コイツは雇われたいんだよ ゴール


[成]

Eiyo B-boyわかる?

CHANEL GUCCI なんか買えねぇよな

俺もカネは無ぇ

だからさ こうやって地方のバトルに来て

魂を売りに来たって話だ

P-PONG いつから CHANEL GUCCI

しゃべる口 そんなもん要らねぇよ

俺は魂 ソウルだけ

ただそれを伝えに来た話だぜ

概要

8小節2本
勝者: P-PONG

解説

戦極MC BATTLE 第11章 P-PONG v.s. 成

戦極MC第11章_成_v_P-PONG_2

今回は戦極11章からこちらの一戦を紹介したいと思います。

神戸のP-PONG対長崎の成、どちらもUMBファイナリストでプロップスもある実力者同士です。

まずこの試合はビートがめちゃくちゃ好みでした。そしてどちらもビート負けせず自分のスキルを発揮していて、結果的にとても面白いバトルになっていたと思います。

先攻のP-PONG、いつもの通り「顔面凶器 残念そうに」や「導火線に火が着いたトーナメント」など、ビートに合わせつつ引き出しを駆使したライミングでスムーズに8小節をこなしていきます。

それに対して成は「何回その韻 言えばいいの?」と韻の使い回し指摘。P-PONGとは異なるアプローチで返していきます。

また、その直後には「今日のrapは 韻がもつ?」「そんなんでいいんすか? NINJA MOB」と連続で畳み掛けていきます。

完全なトップオブザヘッドではないにしろ、個人的にはこれが本試合一番のパンチラインでした。

戦極MC第11章_成_v_P-PONG_3

これを受けてのP-PONG2バース目、自身の所属クルーが話題に出て上がったからのか、上ずったフローでrapにより一層スムーズさが増していきます(笑)

相変わらず選ぶ言葉に脈絡がなかったりしますが、それでも滑るように言葉を吐いていき、彼の言葉通り聞いているとなんだかノってきます。

2小節目、最後の成はP-PONGの言った「CHANEL, GUCCI」というワードに「B-Boyはそんなもん買えねぇよな」と返すなど、文脈を意識したアンサーに徹していきました。

ライミング巧者というイメージの強い両者ですが、今回はそのアプローチの違いがハッキリしていたため、いざ対戦していみるとrapの中身もそれぞれのカラーが際立っていたように感じます。

戦極MC第11章_成_v_P-PONG_4

結果の方は僅差だと思いますがP-PONGが勝利します。やはりテンション、バイブスに途中からエンジンがかかり、より「ハイ」なバースをこなしていたことが勝因ではないかと思います。

また、大阪での開催ということもあり、オーディエンスの好みもあったことと思います。惜しくも敗れた成も相当に巧く、今回は随所に西日本の層の厚さを実感しました。

※ NINJA MOB

P-PONGの所属クルー。

※ TRIANGLE

同大会の会場となった大阪アメ村のCLUB。

※ Stussy

アメリカのアパレルブランド。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA