[戦極MC BATTLE 第8章] MC松島 v.s. KBD

LINEで送る
Pocket

MC松島 v.s. KBD

戦極MC BATTLE 第8章 MC松島 v.s. KBD

戦極MC第8章_MC松島_vs_KBD

今回は戦極8章からこちらの一戦。組み合わせの妙で非常に面白いバトルになってます。

そしてビートは「Do the handsome」。これはアガります。それではバトルの模様をご覧ください。

[MC松島]

Ei yo KBD 戦極MC BATTLE 第8章
MC松島 v.s. KBDのバトルです。?

Ei yo KBD かなりブサイクな男子

Ei yo KBD これくらいの爆弾

Ei yo KBD 君・・・


[KBD]

MC松島 これくらいの爆弾

残念ながらそれは不発弾

Yeah 言われる 「ゴリラ似すぎ」

だけどライミングなら折り紙つき

わかるか? 俺の言葉

だけで一瞬でオマエは slow down

オマエみたいな揚げ足取り

しか出来ないザコに負けたりしないわ


[MC松島]

Ei yo KBD の件にまったく触れない

オマエ マジでネタ臭ぇ

ゴリラの話一回もしてませんわ

Ah 揚げ足取りばっか?

先攻からやってんですけどねー

そんなことばっかり

またデータとか無ぇな

ばっかりな奴じゃデマ


[KBD]

よう聞け よう聞け

コイツが「俺の見た目がダサい」って言ったやろ?

俺はちゃんと聞いてる 見た目重視

話のおもんなさは三宅裕司

わかるか? 俺のライム

バッチリ落としていくぜかかと落とし

俺のデカさは山の如し

ほら泣いて帰れよママのもとに


[MC松島]

Yeah ありがと ありがと

オマエはマジで韻踏むの超うまい

でも俺は韻踏むの踏まえた上で

その次の世界に招待 するラッパー

わかるだろ? もうネタばっか

マジ関西の方々は皆様がそうだ

R-指定の代わりになんない奴ばっかだな


[KBD]

その通り オマエが裏で

UMB解説してくれてる間に

俺は あのブラジル人にボコボコにされた

だからこそこの場所で熱意を示すんだ

わかるか? シュラスコ みたいにされても

あれがラスト じゃないぜ

まぁとっく制圧示すジンギスカン

コイツの腹黒さCTスキャン

概要

8小節3本
ビート: キエるマキュウ / Do the handsome feat. KASHI DA HANDSOME
勝者: KBD

解説

戦極MC BATTLE 第8章 MC松島 v.s. KBD

戦極MC第8章_MC松島_vs_KBD_4

今回は戦極8章からこちらの一戦を取り上げます。

北海道から参戦のMC松島、大阪から参戦のKBD、戦極は今や全国から実力あるMCが集結するUMBクラスのイベントになっていますね。

両者のタイプはまったく異なり、揚げ足取りと変則フローで会場の空気をかっさらっていくスタイルの松島に対して、KBDは大阪特有のライミングとユーモアで勝負するタイプのMC。二人のスタイルは真逆と言っていいかと思います。

ちなみにビートは「Do the Handsome」、急逝したMAKI the MAGICへのR.I.Pが込められたチョイスになってます。

戦極MC第8章_MC松島_vs_KBD_3

さて、試合を見ていくと、先攻のMC松島1バース目、「けっこう(K)バカ(B)だろ(D)?」「かなり(K)ブサイク(B)な男子(D)」と、あいうえお作文のような滑り出しでKBDdisが始まります。

対するKBDはやはり自分のスタイル、つまりビートに合わせたライミングの連打を展開していく中、松島の放った「これくらいの爆弾」に対し、「残念ながらそれは不発弾」と内容をしっかりかぶせてアンサーしていきます。

そしてそこから先、「ゴリラ似すぎ」「折り紙つき」と自分の引き出しを開けつつこのバースは着地です。この辺りのスキルは本当にさすがです。そしてKBDは意外と(と言うとアレですが)本当にビートを外さないんですよね。

戦極MC第8章_MC松島_vs_KBD_2

一方の松島2バース目、「ゴリラの話一回もしてませんわ」としっかり揚げ足取りを狙いにいきます。

フローこそかなり変速的であるものの、このバースは内容で言うと取り立てて語れることはありません。これこそMC松島、さすがです。

KBD2バース目はこちらも本領発揮とうか、もうライミング尽くしです。しかもビートにバッチリ乗った上での攻勢なので、非常にイイ感じに攻めているようにみえます。

それを受けての松島は「韻踏むの超うまい」と認めながらも、「ネタばっか」というdisの切り口から「関西のラッパーは皆様がそうだ」と戦極6章でのGOMESSのラインを引用して会場を沸かせます。

こういう戦い方させたらホントにこの人はうまいですね。

戦極MC第8章_MC松島_vs_KBD_3

KBDラスト、UMB2013本戦のことを持ち出し、ACEに一回戦負けを喫したことを話題に挙げます。

「シュラスコみたいにされても」とブラジル料理を織り交ぜながら展開し、「ジンギスカン」「CTスキャン」と最後まで踏み通して全バースを終了。さすが押韻職人といった感じです。

勝敗は自分のスタイルを通して最後まで勢いの衰えなかったKBDの勝利。

相手やビートとの相性なのか、UMB本戦ではACEに歯が立たなかった感じでしたがこの試合では「KBD強い!」と改めて感じさせられました。

※ 三宅裕司

日本のタレント。

※ 関西の方々は皆様がそうだ

戦極第6章 ふぁんく v.s. GOMESS戦、GOMESSの「関西のラッパーは皆様がそうだ」というラインの引用。

※ R-指定

KBDと同じく梅田サイファー所属のMC。UMB2013グランドチャンピオン。

※ UMB解説してくれてる間に

MC松島は、UMB2013本戦、試合の模様を現地からtwitter上でレポートしていた

※ あのブラジル人

UMB2013本戦 REVENGE代表 ACE。1回戦でKBDと対戦して勝利。

※ シュラスコ

鉄串に様々な肉を刺して焼いたブラジルの肉料理。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
サイト

CAPTCHA