[戦極第15章] TK da 黒ぶち v.s. じょう

LINEで送る
Pocket

TK da 黒ぶち v.s. じょう

戦極MC BATTLE 第15章 一回戦 TK da 黒ぶち v.s. じょう

今回は戦極15章からこちらの一戦です。この組み合わせは相当面白いもので、一回戦から豪華なマッチアップになってます。

[TK da 黒ぶち]

知ってっか? このビート

俺のマイメン崇勲の

わかってねぇな わかってねぇな

オマエのことだよマジ

確かにオマエは武道館で

ヤバい結果残した

Rapも悪くねぇと思うけど

それ以上になんにも感じない

ってのが俺の本音だって

オマエみたいなMCを削除

ここで返り血を浴びる

HipHop そこをレペゼンして

マイクをちゃんと握れよ?


[じょう]

HipHopはいつでもこの逆境

理想や予想覆すことができんだよ

だから俺はこれを愛してんだよ

わかるか? だから武道館で

予想覆してチャンピオンだ

予想を覆す 足元だったら掬われる

だがTKの銀メッキすぐ剥げる

己で己を奮い立たせる


[TK da 黒ぶち]

俺は本当の熱気を持ってるから

それはメッキじゃないってことを

ここで証明するぜ

予想外? ふざけんな

予想なんてしてねぇ

この瞬間に生きるのがフリースタイルだぜ

それを分かってないヤツはここで削除

自分と格闘してるぜ

マイク握る覚悟

オマエはどれぐらいあるか

あるか無いかわからないぜ

遥か彼方先へ

オマエはいないんだよ バーカ


[じょう]

しょうもない話ばかり

遥か彼方 あるがまま 丸裸

何があるかなんてバカだからな

Yo TK da バイバイ

ハクナ・マタタ

Hey, TKさん 風力最大で

ウンコ臭くない?

オマエのrapはバティマン臭い

ハイハイ みんなで boom bye bye

概要

8小節2本
ビート: 崇勲 / わかってねえな
勝者: TK da 黒ぶち

解説

戦極MC BATTLE 第15章 一回戦 TK da 黒ぶち v.s. じょう

今回は戦極15章からこちらの一戦です。

TK対じょう。一回戦から豪華な対戦カードで、さすが戦極という感じがしますね。

先攻はTK。凝ったビートアプローチをしつつも最初から大声でがなり立てるようなrapで、ビートの話題に触れつつ「オマエのことだよマジ」とビックリマークが3個つくくらいの調子でスピットしていきます。

また、ボキャブラリーや技巧的なrapで評価されるじょうに対して「rapも悪くねぇと思うけど それ以上になんにも感じない」という、非常にTKらしい切り口で攻め立てていて、1本目からかなりアツいです。

対して後攻のじょう。ちゃんとHipHopをレップしろというTKに対して「HipHopはいつでもこの逆境 理想や予想覆すことができんだよ」と応戦します。

これは高校生選手権などで元いじめられっ子というじょうのバックボーンを知った人にとっては裏にあるドラマを共有出来るラインではないかと思います。

Rapの内容でいくとおふざけ要素はほぼ皆無で、TKの熱の込もったバースに呼応するように内省的な多く、こちらもバイブスを詰め込んだrapを展開しています。

TKと比較すると一目瞭然ですが、ビートに対して等速でオーソドックスに言葉を落とすフローで、言葉数もかなり少なくなっています。

そして試合後半。「銀メッキすぐ剥げる」に対するアンサーからTK2本目が始まります。「この瞬間に生きるのがフリースタイルだぜ」という部分など、フリーキーなフローの中でもしっかりパンチラインとして聞かせるところは際立たせていて、お客さんもしっかりとそれに反応しています。

じょうも熱いラインをスピットすることではTK同様ですが、オーディエンスが反応していたのはTKの方で、この辺りに彼の巧さがよく出ているんではないかと思います。

TKの持ち味であるビート上を跳ねるような軽快フローと、バイブスのこもったメッセージが両立していて、非常にキャラの出たrapになってますね。

一方のじょうは2バース目に入りようやくボキャブラリーに幅も出てきて、フローにも緩急らしい緩急がついていきます。

ただしエンジンがかかりきる前に終了してしまった感は否めず、パンチラインというパンチラインも出ず、ユーモアらしいユーモアも特にないまま山場を作れなかった印象です。

最初にバイブスの面でTKに引っ張られてしまったことが大きいと思いますが、8小節2本という短い勝負でこれは大きいです。

結果判定はTKの勝利。最後までTKのペースで試合が流れた印象で、オーディエンスに反応させるポイントもTKの方がしっかりと作れていたように思います。これがじょうにとって遊びやすいビートだったり、8小節3本以上のバトルであったりしたら、じょうの逆転もあったかもしれません。

私は高校生rap選手権を見ないのでそこでのじょうのプロップスは知りませんが、UMB2014 REVENGE WEST大会でのふぁんく戦の印象は非常に強く、ハイペースなrapでライミングも交えた超高速ラリーを、あのふぁんくと互角に打ち合う姿がかなり強烈でした。

高校生時代のR-指定も同様ですが、自分のペースで制約のかからない状況であればもっと実力を出せるMCではないかな、と思ってます。

[UMB 2014 REVENGE WEST] ふぁんく v.s. じょう

※ 武道館でヤバい結果残した

同年に開催された第10回 高校生rap選手権。

※ ハクナ・マタタ

ディズニー映画「ライオンキング」の劇中歌。スワヒリ語で「どうにかなるさ」という意味がある。

※ バティマン

batty man。スラングでホモセクシュアルを中傷する言葉。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
サイト

CAPTCHA