[戦極第15章] 掌幻 v.s. 龍道

LINEで送る
Pocket

掌幻 v.s. 龍道

戦極MC BATTLE 第15章 一回戦 掌幻 v.s. 龍道

今回は戦極の15章からこちらの一戦を取り上げたいと思います。

[掌幻]

やっとやれたな龍道

俺ならしない躊躇

バッチリとブースト かかってるぜ

つまり俺ならエンジン始動

今日勝ち上がって立ててやる前人未到 hey

ただダラダラ並べるだけなら

オマエ簡単だから止めとけよ

最高の組み合わせ 好きなだけぶちかませる

I’m a 掌幻 レペゼンは隅田だぜ


[龍道]

Yeah あんたが隅田 ならば俺は平塚

このフローはならばまるで稲妻

まるでライムはいたずら

だがお客さんを満たすバースかます

ラッパーは抹殺 させるだけの俺のフロー

見せつけてやるぜまるで

あんたの渋谷ハザード

Yeah ここで殺すササっと

Yeah まるでHipHopゾンビ

これは実力行使

Yeah 見せつけてやるhomie

だけどここで勝利 掴むのは俺の方

それをわからせるだけの俺のフロー


[掌幻]

ハァ? 俺のバースまたがんな

Ei-yo motherfucker

簡単な言葉並べやがってこの野郎

オマエが平塚? なんかキナ臭っ

地下臭いところからしっかり上がってやる起爆剤

今日はハザードじゃねぇO-EAST

俺のLIVEは四輪駆動

Hey オマエと馬力が全然違ぇ

Hey yo オマエ今日は敗北を経験して


[龍道]

Yeah 敗北は経験しねぇ

さっき言った言葉使ってやるよ 前傾姿勢

俺はいつでもそう

あんたのマイク電源切れ

そんな感じだぜ 俺はそう

全然あんたには否定してく

そう プロップスあるかもしんねぇ

あんたは掌幻さん

先輩だけどここで見せつける限界

俺は天才 努力の変態

分からせるだけここの展開

見せつけてやるぜ限界 展開

天下一武道会みたいなもん yeah

概要

8小節2本
勝者: 掌幻

解説

戦極MC BATTLE 第15章 一回戦 掌幻 v.s. 龍道

今回は戦極の15章からこちらの一戦を取り上げたいと思います。

この二人、どちらもライミングと内容を両立させつつ、安定感のあるrapをするタイプなのですが、それだにどちらがアンサーで流れを引き寄せるかという感じの展開になっていきます。

まず1バース目。オーソドックスに押韻でつなげていく先攻掌幻ですが、「バッチリとブースト」の辺りなど、規則的なラインが続き中で跳ねるようなフローがあったりして、単調にならずに巧く緩急をつけていきます。

続く「ただダラダラ並べるだけなら」という部分も、二文字ずつ短く切ってトラックのベース音に合わせたりして、多彩なバリエーションを見せている感じです。

対して後攻の龍道。こちらは掌幻以上に規則的・機械的に言葉を落としていくスタイルで、両者の文字量を比べると明白ですが、語の量も龍道の方が一回りくらい多く詰め込んでいます。

掌幻に比べて語彙こそひねりの無い無骨なものになっていますが、ビートがシンプルな分、この龍道のタタタタッという狭く敷き詰めたフローも小気味よく聞こえます。

そして2バース目、「俺のバースまたがんな」、「簡単な言葉並べやがって」とその場の状況に合わせてガシガシ攻撃していく掌幻に対して、龍道は相手の言葉やその場の状況を活かしてライミングこそ繋がるものの、攻撃らしい攻撃は繰り出せず、後攻のアドバンテージを活かし切れずにバースが終わってしまったような印象です。

そんなわけでこの試合勝利したのは掌幻。キャリア・経験の差というべきか、地力の差と言うべきか、やはり掌幻の方が試合の流れを見て相手の手をさばく余裕を持っていたように感じました。そのわずかな差が結果に現れた感じがしますね。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA