[戦極第15章] ミステリオ v.s. 黒さき海斗

LINEで送る
Pocket

ミステリオ v.s. 黒さき海斗

戦極MC BATTLE 第15章 二回戦 ミステリオ v.s. 黒さき海斗

今回は戦極の15章からこちらの一戦を紹介します。

[ミステリオ]

オマエ キモい 死ね みたいな感じ

かけない英語

microphone 栄養

キモい 死ね みたいな感じ

こういうのが俺と思ってる

バリHipHopやからな俺

マジで最高級

味わえ関西だし醤油


[黒崎かいと]

おいしいだし醤油

キノコにかけたらさらにおいしいだろうなぁ

いい感じ なんかそういうこと言われたら俺悲しい

そういう話 超える轍 勝つの私

関西のノリ え? ここって

え?え? 漫才するところ?

ピン芸人じゃないっすよねコイツ?


[ミステリオ]

ちゃう ちゃう ちゃう ちゃう ピン芸人

今年ハタチ迎えました新成人 よろしく

歩く暗い夜道

コイツ プライドの意味

フライドチキン ei yo

コイツがきっとこうだよ

ピコ太郎みたいな感じ

さっき 先輩のPen Apple Pen

変態のちゃんちゃんこ ハハッ


[黒崎かいと]

そんなこと言ってるけどコイツも奇人変人

P.P.A.P

ピコ太郎 ピコ太郎

オマエはPinappleとAppleの狭間にいるヤツ

アタマぶっ刺す

まぁわかった ゴメンな

そうやって盛り上げようとしてるのはわかってるけどさ

でも選手権の時の俺の方が変だったぜ

概要

8小節2本
勝者: なし(延長へ)

解説

戦極MC BATTLE 第15章 二回戦 ミステリオ v.s. 黒さき海斗

今回は戦極第15章からこちらの一戦を紹介します。

なるべく偏らないように色々なMC、バトルを紹介したいと思って日々記事を書いてるつもりですが、今回はどちらも初めて取り上げるMCですね。

バトルの内容はかなり異質なもので、まず先攻のミステリオが「オマエキモい!死ね!みたいな感じ〜」と、やや茶化すようなテンションで悪口を投げつけるシーンからスタートします。これがけっこうインパクトあるんですよね。

その後も語尾を奇妙な感じで伸ばすフローが続いたかと思えば、「バリHipHopやからな俺」と急にトーンダウンしたり、また最後には「最高級」「だし醤油」と関西らしいライミングで唐突に締めています。

全体通してみると内容・スタイルともにかなり荒唐無稽に近い展開です。「このバトル大丈夫なのかな」と思わずにはいられません(笑)

対する後攻の黒さき海斗。こちらはまた違った意味で独特で、「おいしいだし醤油 キノコにかけたらさらにおいしいだろうなぁ」と、普通に会話するような調子です。

どちらかと言うとポエトリーリーディングの雰囲気に近いかもしれません。ちなみに「キノコ」というのは彼のこの髪型にかけてのことですかね。

ただその後は「悲しい」「話」「轍」など、ライミングを交えた内容で意味の通ったアンサーを返していて、ようやく「バトルっぽさ」を少しずつ感じることができました。さらに「漫才するところ?」「ピン芸人じゃないっすよねコイツ?」など、飛ばすdisにも独特ないやらしさがあって中々いいです。

続いて2本目。ミステリオは「ピン芸人」「新成人」という押韻を挟み込んだ当意即妙な対応。「プライドの意味」「フライドチキン」の部分などはまさに関西らしい言葉のチョイスです。さらに言うとKBD辺りに近しい雰囲気かもしれません。

また、「ピコ太郎」のくだりは「ピン芸人」から話題を展示させていて、後に続く流れも起伏をもったいい内容だと思います。rapの形式の面ではかなり奔放な印象がありますが、それでも「言葉での殴り合い」はしっかり行っていて、中々面白い展開になってます。

そして黒さき海斗のラスト。私がこの試合でもっとも感心したのがこの、「奇人変人」から「P.P.A.P」へのライミングで、先のミステリオが「ピコ太郎」と切り出したことを受けてのアンサーになりますが、素晴らしい瞬発力です。また「P.P.A.P」の方を2小節目に持ってくるのもいいですね。

その後は「PinappleとAppleの狭間にいるヤツ」、「でも選手権の時の俺の方が変だったぜ」など、やや迂遠な表現を使いながら陰湿なdisが続きますが、やはりどこかポエトリーリーディングやスポークンワーズのようなジャンルに近い雰囲気があるように感じます。そしてバトルの中ではそれが程よく彼のキャラクターになっているようですね。

最初こそ不安もありましたが、フタを開けてみれば両者のキャラクターがぶつかり合う中々面白いバトルで、ライミングがあり辛辣なdisがあり、笑いを誘うユーモラスなラインがありで、内容の詰まった8小節2本になっていたのではないかと思います。

そんなスタイルウォーズでしたが、結果の方は判定が割れて延長へ持ち越しとなりました。

戦極は個性・アクの強いMCが大勢参戦していますが、そんな中でも本試合は他にない独特な雰囲気で、かなりインパクトのある一戦ではないかと思います。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA