[ 戦極第11章] GOLBY v.s. 掌幻

LINEで送る
Pocket

GOLBY v.s. 掌幻

戦極MC BATTLE 第11章 GOLBY v.s. 掌幻

戦極MC第11章_掌幻_vs_GOLBY

今回は戦極12章からこちらの一戦を紹介したいと思います。

[GOLBY]

Yeah ビートがクラシック

ならお互い自分らしく声出そうな

Yeah 俺らはとこだぜ東京都

だけどオマエの脳ミソ スローモーション

Yeah 東京のヤバさを大阪に

Yeah 見せるがオマエのハコに

立てちまうぜこの試合運び

オマエの勝ちもなるぜ過去に


[掌幻]

Yeah そうだ俺は東京 下町からの代表者

Yo マイク握って研ぎ澄ましてる第六感

アンタとやれて最高だ

だけど桁が違ぇんだこの才能は

Yo アンタ何だかんだ言ってやっぱ

毎度ワンパターンなrapしかできねぇんだな

面白くない なにがクラシック?

それじゃrapして できない暮らし


[GOLBY]

Yeah そうrapで出来ない暮らし

っていうのはオマエも同じ

自分のペースに引き込む作戦?

それこそ即興か? 嘘くさくねぇ?

俺の倒し方調べて来たの?

ベタな内容でシラケてきたよ

想像以上に俺は強ぇぞ

クラシックなら人間発電所


[掌幻]

人間発電所 でもその発言も

またジャンケンポン

もう全部勝っちゃう俺 儲かっちゃう俺

そうだ賞金だって全部ごっそり総取り

Yeah こうやって東京からどんどんとやってきて

その脳ミソ 俺がスローモーション?

嘘 マイク握ってプロモーション?

ここで見せるぜ東京のクソ根性

概要

8小節2本
ビート: Nas / Nas is like
勝者: GOLBY

解説

戦極MC BATTLE 第11章 GOLBY v.s. 掌幻

戦極MC第11章_掌幻_vs_GOLBY_3

今回は戦極12章からこちらの一戦を紹介したいと思います。

どちらもライミングを詰めていくスタイルのMCで、罵倒などの大会でも好戦績を残している実力者同士。

開始前からいいバトルになる予感のする組み合わせです。そしてビートはNas Is Like、定番ですね。

試合の内容で言うと、やはり予想通り、双方とも小節最後にライミング落としていくオーソドックスなスタイルで攻めていきます。

ただしその中でも掌幻は要所要所で倍速になったり、小節内で同一のライミングを連打したりなど緩急をつけながら展開していくのに対し、GOLBYは「ベタな内容でシラケてきたよ」など、文脈に即したdisを選びとるようにアンサーしていきます。

スタイルは似ていながらアプローチは真逆になっているのが面白いですね。

戦極MC第11章_掌幻_vs_GOLBY_4

また、見ていて明白だった点として、掌幻は勢い止まらず絶好調だったのに対し、GOLBYは滑舌が怪しかったのに加えて相手の掌幻に比べてほんの少し言葉に力がこもってなかったように感じました。

ライミングにかかるワードセンスは抜群ではあるものの、印象としてそういった点が目についてしまいました。対戦相手との相性もおそらくあるかと思いますが、それくらい掌幻が良かったということなのかもしれません。

戦極MC第11章_掌幻_vs_GOLBY_2

調子の良かった掌幻ですが、バトルの結果は判定でGOLBYの勝利となります。

このパフォーマンス、後攻でこの結果というあたり、知名度で勝るGOLBYのプロップス勝ちという面もあったかなと思います。

これが関東であれば延長になっていたんじゃないかな。それくらい伯仲したバトルであったことは間違いないと思います。是非DVDでご覧になってみてください。

戦極11章、関西のMCが大勢登場しますが、この二人の他、KEN THE 390やACE、NAIKA MCといった関東のMCももちろん多数登場してます。面白いバトルも多数あります。

※ 人間発電所

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA