[KOK2017] ふぁんく v.s. SIMON JAP

LINEで送る
Pocket

ふぁんく v.s. SIMON JAP

KING OF KINGS2017 2回戦 ふぁんく v.s. SIMON JAP

今回はKOK2017よりこちらバトルを紹介します。

[ふぁんく]

第2ラウンドはLIBROステージ

優勝賞金でリブロースステーキ

頂きたいが賞金のためにさえ

いつも通り 水のように 

紹介しとく フリースタイル曲芸師

だけどお笑いだけじゃない rapすごくうめーし

俺が笑とった後に心臓即停止

笑いキノコのようなdisを今から送るぜ


[SIMON JAP]

LIBROステージでリブロースステーキ?

SIMON JAPはいつも素敵

Yeah 俺のステージじゃ

俺のペースだ 俺はブレーキは無し

Rapもバチッと決めてく街

で生きてる東京rappin’

Silly このまま 俺は尻上り

行くぜ粋なrappin’


[ふぁんく]

Yo 素敵とステーキ

そんな韻踏んでなにが尻上り?

俺から言わせりゃ尻下がり

Yo 俺はお前のrap聞く気はない

Yo yo, お前のアイデンティティーはいったい何?

聞かしてもらう 俺は大阪から持ってきた

知性とユーモアとスキルをここに持ち込む

Yo お前のアイデンティティーを一つでも聞かせてくれよ


[SIMON JAP]

Yeah 教えてやるぜアイデンティティー

Yo もう敗戦気味の君の耳

俺のリリック わかる?

お前のrapはただのギミック, yeah

俺がやらかす 俺が輝く 俺が羽ばたく

お前は抗う お前を殺める

さっき じゃなくて今謝る


[ふぁんく]

盛り上がる俺のリリック

俺のリリック聞きゃ揉める嫁の乳

お前はちっこいかなチンチン? とか言っとく

俺は子ども三人の父

Ei-yo yo big daddy, motherfucker

三行半なら突きつけてやるか

いつになくリズミカルに君の首狩りとるぜ, aight?


[SIMON JAP]

そうかい お前が三児の父

そりゃ大したもんだな

俺はトニー・モンタナ

アホンダラ 病院まで運んだら

お前が乳自慢?

はぁ? お前の乳揉みたいくらいデカいね

鳩胸 お前を倒すぜ

ていうか遊ぶぜ


[ふぁんく]

Yo 俺はパパだな 大したもんだな

キワモンでないけどおっぱいしか揉んじゃない

Hey yo こんなもんじゃないってとこ見せつけるぜ

ふぁんく on the mic

あんたのフローはオーソドックス

まるで女子高 ルーズソックス

昔 古めかしい フリースタイル

よりも俺はこうやってスムーズにフローする


[SIMON JAP]

おいおい 俺がオーソドックスって

お前も相当オーソドックスだけど大丈夫?

俺ヤバい即興する

Ei-yo お前もおんなじ

いや俺の方が1枚2枚上手

マジでお前を上手投げ

でもしちまうか 比べられん

Yo お前は行っとけなんちゃらサイファー

だからなんかダサいわ

概要

8小節4本
ビート: オリジナル
勝者: SIMON JAP

解説

KING OF KINGS2017 2回戦 ふぁんく v.s. SIMON JAP

今回はKOK2017よりこちらの一戦を紹介したいと思います。

この組み合わせは異常に新鮮ですね。ありそうで無かったマッチアップじゃないかと思います。

そしてバトルDJはLIBROです。ちなみにKOKはビートゲットシステムというルールを採用しており、ビートは全てDJのオリジナルで実施され、試合ごとの勝者は使用ビートをそっくり獲得できるということになっています。

そしてここでLIBROが用意したビートはかなりLIBRO色が強いもので、陽気な雰囲気かつシリアス成分が薄く、少しだけSIMONよりはふぁんくに寄っていたように感じました。

ところが試合が始まってみるとそれは杞憂であったことが判ります。

試合は先攻のふぁんくからで、「LIBROステージ」「リブロースステーキ」と冒頭からライミングで攻勢をかけていきます。この辺りの言葉選びからすでに大阪らしく、またふぁんくらしいデリバリーですね。

先攻ということでまずは両者とも小手調べ的にスキルの披瀝から入っていきましたが、そこから徐々に流れが変わっていく動き出します。

Yo 「素敵」と「ステーキ」 そんな韻踏んでなにが尻上り?
– ふぁんく

2バース目のこのふぁんくのラインを皮切りにアンサーの応酬が始まるのですが、特に以下のアンデンティティーに関するやり取りは本試合でも一つのハイライトになっています。

お前のアイデンティティーはいったい何?
聞かしてもらう 俺は大阪から持ってきた
知性とユーモアとスキルをここに持ち込む
– ふぁんく

教えてやるぜアイデンティティー
Yo もう敗戦気味の君の耳 俺のリリック わかる?
お前のrapはただのギミック
– SIMON JAP

教えると言っておきながら質問に答えていないSIMON JAPではあるんですが(笑)このアンサーは細かいライミングもあってか、非常にスムーズに聞こえます。

オールドスクルールな日本語rapのスタイルによる押韻で非常に素朴でベーシックなrapにも関わらず、このアンサーのrapはかなり気に入ってます。90年代後半とかの音源って雰囲気こんな感じでしたよね?

こうしてバトルの流れ、その掛け合いの輪郭が徐々にはっきりしていくのですが、対するふぁんくもさらにスタイルが先鋭化していきます。

俺のリリック聞きゃ揉める嫁の乳
– ふぁんく

まずはこのアンサー。もう内容的には意味がわらかないですね(笑)

そこから先も意味的にはかなりめちゃくちゃで、デリバリーも「ちんちん」「父」とダジャレスレスレのところを攻めていってます。ただしそれでも平板でない動きのあるフローと、多彩なビートアプローチのお陰で「ふぁんく上手い」という印象が揺らがないから不思議です。あとrapがそもそも抜群に面白い。

これはMCとしてのrapの総合力のようなものだと思います。あとふぁんくの場合はプロップスも大きく作用していることでしょう。

そうかい お前が三児の父 そりゃ大したもんだな
俺はトニー・モンタナ
アホンダラ 病院まで運んだら
– SIMON JAP

ライミングがシンプルと言えばSIMON JAPも相当なものですが、拍やビートアプローチを意識したrapのふぁんくと比較して、どちらかと言えば小節を最小単位としてrapへ落とし込むSIMON JAPという違いがあり、その差異が結果的としてそれぞれで異なるライミングの効用をもたらしている感じではないかと思います。

つまり、SIMON JAPの方では文意やコンテクストがライミングによって強調され、他方のふぁんくでは音やフローとしてのライン間の関係性が強調されているようなイメージです。

さらに言えば両者比較した場合、個人的にはrapとしてより技巧的に聞こえるのはふぁんくの方なのですが、SIMON JAPの方が明らかにトップオブザヘッド、つまり完全即興でやっていることを強く感じさせるようになっていて、そこはスキルやキャリアではなく、価値観やスタイルの違いに還元される部分だろうと思っています。

そしてそうしたスタイルや価値観が、同じ表現方式を通じて正面からぶつかり合うからバトルは面白いのですよね。今回の戦いはまさにそんな印象のバトルでした。あとはもうジャッジやオーディエンスがどちらを支持するか、という話ですね。

あんたのフローはオーソドックス
まるで女子高 ルーズソックス
– ふぁんく

おいおい 俺がオーソドックスって
お前も相当オーソドックスだけど大丈夫?
– SIMON JAP

そんなわけで終盤のこの応酬が相当に面白く観れるわけです。ふぁんくのおチャラけたdisも面白いですが、それに対してやり返したSIMON JAPも素晴らしい。最終バースでバチッと大きなアンサーが決まった感じです。着地の「なんちゃらサイファー」のくだりもインパクト強いですね。

という感じで勝負が進んでいきましたが、このスタイルウォーズを制したのはSIMON JAP。やはり4バース目の部分がポイントに大きく作用した感じですね。

個人的にはふぁんくを応援していたんですが、それにしても大会屈指の好カードで内容的にも非常に面白い一戦でした。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA