[THE 罵倒 2015] KissShot v.s. スナフキン

LINEで送る
Pocket

KissShot v.s. スナフキン

THE 罵倒 2015 一回戦 KissShot v.s. スナフキン

今回は罵倒の2015からこちらの一戦。スナフキンかっこいいです。

[KissShot]

みんな呼ぶのがスナフキン 無茶振り

俺が変えてやるぜこのクラブシーン

Yo わかってるだろ?

叩かせないぜオマエに無駄口

Yo 勝手に命賭けてんだ

俺はビートに言葉をハメて勝つ

Yo 完全に圧勝だから

さっき出てきたのはワレメちゃん

出てこない


[スナフキン]

KOOPAくんがカルマでLAYGUNがPABLOW

俺の相手がマジクソ

薬草ないぜ マジで言葉

KissShot か知らねぇけど

ミスショット ちゃんと狙えよ心臓部

なけなしのカネ rapで韻を踏む

考えてきたネタ 興味ねぇ

洋服をまずはコーディネート yeah


[KissShot]

Yo じゃあ狙うぜ心臓部

クソわき出た虫にかけるキンチョール

Yo 相手じゃねぇってこと

俺も本気で来てんだバカ野郎

ただ一位になりたくて

勝利の女神に会いたくて

開いた口も塞がらなくなるぜ

スナフキンのこと帰りには忘れてるって


[スナフキン]

勝利の女神のキスマーク

キスすんのは俺はリズラっす

分かるよね?

分かるヤツには分かる

軽はずみなちゃちなdis

なんすかこれは?

Kill kill illでいる秘訣いる

口火を切る唇でdeal

オマエの耳元まで核心突く

俺のrapだ how you feel? わかる?


[KissShot]

Ok ok chill chill

Ill ill 俺がみんなが見る わかってるだろ

Illでいる秘訣知っている みんな見る

オマエにdisかましている

わかってるだろ このバース 言葉

オマエはいつも「じきに耳に響きだす」とか言ってるけど

俺もいい言葉出す わかってるだろ?

パンチラインここで吐く


[スナフキン]

練習してきた? マジでご名答

マジでオメーと5005年度 連動

君の耳の右にじきに響き 粋な言葉出すぜ

これ本当のフロー オマエのはモノマネ

口開けるけど核心モロバレ

白と黒 載せるぜオセロ

みたいなもんだぜどけよ


[KissShot]

みんな分かっただろ?

今言っただろ UMB

つまりはこれはネタ

上がってる場合じゃねぇんだよ

バカタレ 本当によ

やっぱり本当にrapは止められねぇ

MC漢 勝つまで止められねぇ

俺は負けられねぇ

オマエになんか勝利はあげられねぇ


[スナフキン]

Yo あげるつもりもねぇし

唸ってねぇし G.Oも上がってないだろ

握るmicrophone 最後の方

探してた 迷子の子

見えてない オマエ赤か黒か黄色か緑染めて

漢に言われて残しちゃった

苦労に貯めた 意地 誇り

いろどりの生き残り

だからかまさなきゃ いけないんすよ

概要

8小節4本
勝者: スナフキン

解説

THE 罵倒 2015 一回戦 KissShot v.s. スナフキン

今回はTHE 罵倒 GRAND CHAMPIONSHIP 2015からこちらの一戦になります。

一回戦のバトルで、スナフキン対KissShotというマッチアップとなります。KissShotと言えば同年にフリースタイルダンジョンでMC漢と戦ったバトルを覚えている人も多いのではないかと思います。

ちなみにこのバトルは公式でも動画が上がっていますので、まだ見ていないという方はそちらもチェックしてもらえれば嬉しいです。

このバトルは双方ともに、ストックや自身の持つボキャブラリーを駆使していかに自然に相手と対話しながら圧倒できるかという、スキルを前提に置いたdisり合いになっていて、両者のスタイルがそのままぶつかっています。

立ち上がり、先攻のKissShotはストックを駆使しながらキレイにまとまったバースを見せていて、キャリアも短いながらかなり完成度の高いバースを見せています。

後半には徐々に熱がこもり、形式よりも内容・メッセージに力点を置くようになっていくのですが、その辺りの推移も注目してみてください。

一方、広範なボキャブラリーを誇る後攻のスナフキンもそこに正面から対抗していきます。

ただストックを組み合わせて形にするのが巧いだけでなく、後攻である利点も活かしつつ、アンサーのメッセージングに器用に押韻を織り混ぜて非常に高度なrapをしているような印象です。本当上手いです。

特に2バース目などは典型的で、「キスマーク」で受けた後にすかさず「リズラっす」と自身の語彙に転換して、そこから勢いを得てフロー・グルーヴを伴った音楽的に気持ちのいいrapになっていく部分はさすがだな、と感じます。

ちなみにこのバースラストの「核心突く」「how you feel?」のライミングは個人的にかなり好きです。

また、KissShotの方も見せ場をつくっていて、例えば3バース目の人間発電所の引用はスナフキン2バース目の「illでいる秘訣いる」というサンプルをキレイに矯正したような形となっていて、こちらの方がよりクリアにサンプリングとわかるラインになっています。

その後に続くrapもスムーズで、「オマエはいつも”じきに耳に響きだす”とか言ってるけど」というdisもけっこう鋭いです。こういう「スムーズに毒を吐く」ようなところが彼の良さだったりしますね。

また、見せ場までいきませんが、2バース目最後の「スナフキンのこと帰りには忘れてるって」というラインはUMB2014、スナフキン対呂布カルマ戦からの引用になっています。これはもう少し強調した使い方になっていれば化けたかもしれません。後から見返してサンプリングと気づいた人も少なくないのではないでしょうか。

[UMB2014] 呂布カルマ v.s. スナフキン 延長

そしてこのバトル最大の見せ場が続くスナフキン3バース目で、いつも同じことしか言わない、とのdisに対してスナフキンは「君の耳の右にじきに響き 粋な言葉出すぜ」と挙げられた事例をそのまま踏襲してrapを返す、という今までにない切り口でアンサーをします。

そしてここ、本試合で最も会場が盛り上がった箇所なのですが、アンサーの手法が評価されたというよりも、完璧なビートキープと完璧なフローで見せつけられた「本家」であるスナフキンのrapの図抜けたクオリティに対して歓声が上がった、という感じだと思います。

動画を見てもられば分かると思いますが、KissShotの引用と比較すると明白にその差がわかります。

そのことは続く「これ本当のフロー オマエのはモノマネ」というスナフキンのラインからも分かりますね。この辺りも追い打ちになって、会場の空気が一気にスナフキンに傾いたような感じでしょうか。

最後KissShotは「これはネタ」だから「上がってる場合じゃねぇんだよ」と反論するも、流れを覆すまでには至らず、結果としてここ決め手となってスナフキンの勝利となりました。

Rapスタイルに関する本質的なdisをしたつもりが、思わぬ形で手痛いカウンターを食らってしまった格好となりましたが、このバトルは対話の流れがユニークで、それぞれのrapのスムーズさ、上手さも手伝って面白いバトルになっているのではないかと思います。

罵倒と言えばタッチありのルールでバチバチなバトルが多いイメージですが、こういうスタイリッシュな撃ち合いもまた罵倒らしいと言えばらしいですね。

※ KOOPAくんがカルマでLAYGUNがPABLOW

同大会一回戦。それぞれKOOPA対呂布カルマ、LAYGUN対T-PABLOWのバトルを指す。

※ 薬草

ドラゴンクエストシリーズをはじめ、RPGのゲームジャンルにおいて体力を回復する定番アイテム。

※ キンチョール

金鳥から発売されている家庭用殺虫剤。家庭用殺虫剤の代名詞的存在にもなっている。

※ スナフキンのこと帰りには忘れてるって

UMB2014 呂布カルマ v.s. スナフキンの延長戦、呂布カルマの「俺はたぶん今日の帰り道にオマエのことを忘れてる」というラインのサンプリング。

※ KOOPAくんがカルマでLAYGUNがPABLOW

同大会一回戦。それぞれKOOPA対呂布カルマ、LAYGUN対T-PABLOWのバトルを指す。

※ illでいる秘訣いる

BUDDHA BRAND / 人間発電所より、DEV LARGEのバースからの引用。

※ MC漢

MC漢 a.k.a GAMI。バトルイベント「KING OF KINGS」を主催する鎖グループの代表であり、TV番組「フリースタイルダンジョン」にてKissShotが敗戦を喫したMC。

※ G.O

MCであり、同大会主催のCASTLE RECORDS代表。大会の司会・レフェリーも努めている。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA