[ADRENALINE2016] KOPERU v.s. MEGA-G

LINEで送る
Pocket

KOPERU v.s. MEGA-G

ADRENALINE MC BATTLE2016 一回戦 KOPERU v.s. MEGA-G

今回はADRENALINE2016からこちらの一戦を取り上げたいと思います。どうでしょうかこのマッチアップ、もう組み合わせだけで垂涎モノです。

[KOPERU]

Yeah 呼び起こした俺がアラジン ジーニー

まるでマジ関係ない 「マジ?」なんて言わせる呪いで

マジックかけるような感じ yeah

夜中の2時ではないが

フリースタイルやったら毎晩やってるサイファー

のような感覚で見せる

平成の意地と誇り 生き残り yeah


[MEGA-G]

意地と誇り どこに あるかは…

なんてねぇけど ちょっと噛むくらいが

そう 大人かもしんねぇけど

ちょっと待った ねぇんだよここは

Hey 俺はPOLO着てるけど

ボロは出さずに まるで吾郎

稲垣じゃねぇけど未だにこんないばら道通ってるぜ ahhh


[KOPERU]

Yeah 田舎に関係ないが

頂きもいただきに来た

俺の名前ならばKOPERU

PSもないから俺はBESよりかもっと出る

出てるようにフリースタイルかます

ますます出るような看板

俺もかますためにやって来たってこと

ちゃんとやり終える 俺ももっともっと


[MEGA-G]

ピョンピョン 跳ね過ぎシャブ

やってんじゃねぇけど 大丈夫かって?

いつも通りにかっけー言葉出してくぜ

俺ならヒザには脚気は無ぇが

ヤバいライムで変化してくぜ

オマエはどこの誰だ?

Hey Dream Boy?

いいけど俺はそう ヤバいライムしてくB-boy


[KOPERU]

Yeah 俺もDream boy

俺も誇り持ってるそのレーベル

俺はもうpumpなんて言わせねぇ

もっとハツラツするためrap rap

ラブライブなんてねぇが

もっとやれるようにやってきてる

どこにあってもリアル追求 しながらやってく

Present for you KOPERU


[MEGA-G]

KOPERU 乗せる

俺ならそう 速攻ビッチとホテル

行っちまうかもしんねぇがな

いつも通りヤバいrapしてる

まだ のぼせじゃねぇが己れ

ヤバいライム届ける そしてここで

止め刺すかもしんねぇ

いつもヤバいライム 俺は真剣


[KOPERU]

知ってる真剣白刃取り するような感じ

俺はまるでドリームミュージックとは違うから

頭ホリック まるで海外枠 ワーカホリック

みたいな感じまたまたやる

このマイクだけで散歩みたいな感覚

のぼせあがることないから

俺もマイクだけで意思表明したいぜ


[MEGA-G]

意思表明 一応手出しとくかもしれねぇけど

一応目 見てろ

恋愛かもしれないけど

展開 俺は絶対負けない 曲げない

いつも通りヤバいライムだけを常に賭けたい

俺はbetする 結局

いつもヤバいライム常に全力

概要

8小節4本
勝者: MEGA-G

解説

ADRENALINE MC BATTLE2016 一回戦 KOPERU v.s. MEGA-G

今回はADRENALINE2016からこちらの一戦を取り上げたいと思います。

このADRENALINE2016はJUSWANNAからMEGA-Gが参戦。これが本大会で個人的にもっともよかったです。

もともとJUSWANNAがとても好きで、特にMCの両名はバトルでも音源と変わらずクオリティでrapする印象を持ってました。

そんなわけで一番組み合わせに期待を抱いたのがこの対戦だったのですが、実際にセッションと呼べるほどバッチリ噛み合った高度な試合を見せてくれました。

それでは内容を見ていきましょう。

「マジ?」なんて言わせる呪いで マジックかけるような感じ yeah
– KOPERU

先攻はKOPERU。抜群のビートアプローチもさることながら、「アラジン」「ジーニー」の流れからこの綺麗な展開です。

内容もすごいもちろん凄いのですが、それを冒頭からビートにピッタリ合わせてくる点はさすがとしか言いようがないですね。聞いていて本当に気持ちのいいフローになってますね。

対して後攻のMEGA-G。こちらも非常に安定したビートキープで、その中で短い韻をとことん敷き詰めていくというお馴染みのスタイル。気持ちのいいrapをしています。

オマエはどこの誰だ? Hey Dream Boy?
いいけど俺はそう ヤバいライムしてくB-boy
– MEGA-G

こちらは2バース目のライン。MEGA-Gで特徴的なのがライミングの流れから発生する気持ちのいいフローで、単発のライミングはそれぞれシンプルながら、それらを続けざまに連打していくことでうねるようなグルーヴをつくっていき、全体として気持ちいい感じにバースに構成されていきます。

MEGA-Gはバトルでも音源さながらで、味のあるrapでありながらクオリティが一切落ちてない点は圧巻です。

KOPERUの方は拍の取り方だったり、メロディをつけた節回しだったりと、意図的に「外す」ことでフローに緩急と起伏を生んでいくのですが、MEGA-Gの方はフローが一定ながら、ライミングを挟むリズムが非常によく、等間隔にバースを積み上げていく気持ち良さがあり、KOPERUとは違うアプローチながらアガれるrapになっていると感じます。

また、それに加えてキャラクター・世界観のブレないデリバリーや独特なファットな声が加わり、rapとして非常にかっこよくなっている感じです。

MEGA-Gの場合、言葉に詰まったり噛むことはあっても、全体的なrapのスマートさ・かっこよさの面で「外したな」と思う場面をほとんど見かけません。

そんなわけでこのMEGA-G、バトルであれショーケースであれ音源であれ、どんな形のrapをしても評判を落とさない稀有なタイプのMCではないかと思います。

この試合、どちらも非常に調子がよさそうで、それぞれに最高出力に近い形の素晴らしいパフォーマンスをしていたように感じます。

そしてこの対戦はもう最初から最後まで予想通りのフロー対決になっていて、アンサーの内容やdisでは全然勝負してないのが見て取れました(笑)

この気持ち良さは実際に見てもらうのが一番ではありますが、この試合はスタイルの違う両者のrapが不思議と噛み合い、バトルをしながらもスムーズなrapが途切れず32小節継続していて、めちゃくちゃ楽しめる戦いになっています。

そんな感じの勝負でしたが、展開的にもかなり拮抗した試合の末、判定の結果僅差でMEGA-Gの勝利。

個人的にこの試合は延長入ってもよかったかなと思っていますが、ビートと一体化したKOPERUのフローに見事に追随してそれを上回ったMEGA-Gの実力を改めて再認識した結果となりました。

この試合の楽しさは文章で説明しづらい部分も多々あり、ぜひDVDで見ることをオススメします。

あとはMEGA-Gを擁するジャスワナの楽曲音源はどれも個人的クラシックなので、こちらもご存知ないという方には是非聞いてもらいたいです。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA