[ADRENALINE2014] ワタル v.s. 黄猿

LINEで送る
Pocket

ワタル v.s. 黄猿

ADRENALINE MC BATTLE 2014 ワタル v.s. 黄猿

adrenaline2014_%e3%83%af%e3%82%bf%e3%83%ab_vs_%e9%bb%84%e7%8c%bf

今回はADRENALINE2014からこちらの一戦を取り上げたいと思います。

adrenaline2014_%e3%83%8b%e3%82%ac%e3%83%aa_vs_vanilla

[ワタル]

Yeah 相手は黄猿 マジいい感じ

渋谷ブエノスアイレス

俺がオマエに伝える愛です

ちゃんと全部受け止めてくれるか黄猿さん

毎回 同じフロー

ワンパターンじゃもう

飽き飽きしちゃうから

今日はちょっと面白いrapで

沸かしてくれるか会場


[黄猿]

マジ飽き飽き サッパリだマジ

どうしようもない スタイルつくってからさ

マジ やるだけ そのイマジン

スタイル無いヤツが大口叩くな

俺よりrapうまくなってから

マシなrap してからさ言ってくれよ

オマエはクレヨン 描くような感じ

ガキの戯言は聞きたかない


[ワタル]

みたいな感じ みたいな感じ

それしか言ってないし

実際んとこスタイル

「俺の方に勝ってから」

どうのこうの言ってるが

うざってぇなコイツ

先輩ヅラ しやがって

そういう若ぇのがいるから

上がんねぇんだろうが

ふざけんじゃねぇ

もっとちゃんとやってくれなきゃ

俺だってもう上がんねぇ


[黄猿]

スタイルが無ぇ モノホンプレイヤーに

コイツで一生経ってもさなれねぇ

わかるか? BUDDHA BRAND

みたく俺は祈りを捧げるよ

イメージを捨て

どこまでやるなウブなMC

要らねぇんだよ beaf

肉は肉 切る

それだけに生きる

とりあえずADRENALINEの中で

俺はただill

概要

8小節2本
ビート: BUDDHA BRAND / 人間発電所
勝者: 黄猿

解説

ADRENALINE MC BATTLE 2014 ワタル v.s. 黄猿

adrenaline2014_%e3%83%af%e3%82%bf%e3%83%ab_vs_%e9%bb%84%e7%8c%bf_2

今回はADRENALINE2014からこちらの一戦を取り上げたいと思います。

個人的に好きな黄猿のバトルでビートが人間発電所となればこれはもう取り上げない訳にはいきませんね。

一方の対戦相手のワタルは見るのが初めてです。詳細わかりませんが、青森で活動するMCのようですね。

まずは1バース目。先攻はワタルです。少し高めの声でrapをするMCで、ビートへのアプローチもまずまずです。

また、「毎回同じフロー」「ワンパターン」など、先攻ということで黄猿を相手にとった際の頻出ワードで攻め立てていきます。「愛です」と言いながらすぐさまdisっていくそのメンタリティがいいですね(笑)

あとは初見のお客さんも多かったと思うのでもう少し自分語りがあってもよかったかもしれません。

続いて後攻の黄猿。「マジ飽き飽き サッパリだマジ」から入っておなじみの畳み掛けるようなフローが続きます。

また、「スタイル無いヤツが大口叩くな」や「ガキの戯言は聞きたかない」など、一定のリズムに則ったラインの合間に要所要所で強烈なdisが入ってきます。

そして差し挟まれるこうした罵倒はフローの変わり目でもあるので余計に強調されていて、バース全体の中でもアクセントになっていて非常に印象に残ります。

adrenaline2014_%e3%83%af%e3%82%bf%e3%83%ab_vs_%e9%bb%84%e7%8c%bf_3

そして2バース目、先攻のワタル。

同じことしか言ってない、とdisを入れた上で「どうのこうの言ってるが うざってぇなコイツ」と怨嗟をそのまま口にしたようなラインで応戦しますが、ワタルの声質やフローに妙にハマっていて割といい感じです。その後も「先輩ヅラしやがって」や「ふざけんじゃねぇ」など恨みつらみの言葉が続きます。

決してスキルで見せていくというrapではありませんが、例えば真面目な少年がキレて手がつけられなくなったような雰囲気とでも言いましょうか、キャラクターが前面に出ている面白いrapをしています。

そしてラストの黄猿。「スタイルが無ぇ モノホンプレイヤーに」と人間発電所のサンプリングで入るのですが、せっかくのビートなのでやはりサンプルは嬉しいですね。

その後も「祈りを捧げるよ」や「肉は肉」など、随所にBUDDHA要素を盛り込んだ内容で書き起こす身としては変化に富んだ内容でやっていて楽しいバースです。この辺りは本試合中でも最大のハイライトと言って差し支えないでしょう。

adrenaline2014_%e3%83%af%e3%82%bf%e3%83%ab_vs_%e9%bb%84%e7%8c%bf_4

戦い終わって勝者はやはり黄猿。ビートのサンプリングが象徴していますが、余裕たっぷりに自分のスタイルを出していた感じです。

一方敗れたワタルの方ですが、対話の中で爆発するタイプだと思うので8小節4本など、もう少し長いバトルで見たかったですね。

それとなんといってもビートがイイです! 他のバトルには見られない独特な雰囲気を醸していて、人間発電所のおかげでこのバトルが3割増しくらいで素晴らしいものになってるんではないかと思います。

※ 渋谷ブエノスアイレス

渋谷VUENOS。本大会の会場。

※ スタイルが無ぇ モノホンプレイヤーに

「気持ちがレイムじゃモノホンプレイヤーになれねえ」

ビートの原曲からリリックのサンプリング。

※ BUDDHA BRAND

日本のHipHopクルー。MCにDevLarge、CQ、NIPPSを擁して活動していた。

[ADRENALINE2014] ワタル v.s. 黄猿” への2件のフィードバック

  1. いつも見てます!
    ヒダさんとDOTAMAさんの試合でつくってほしいです。

    • > MC king さん

      コメント頂きありがとうございます!
      戦極9章のあのバトルですね、
      承知しました、近日アップしたいと思います!

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA